12月7日  山口木材市 30周年特別記念市
 
イメージ 1
 
山口木材市の
30周年特別記念市が開かれ、
普段より多くの業者が
集まりました。
 
イメージ 2
 
いつものように
盤木が沢山並べられていました。
 
イメージ 8
 
ケヤキ。
 
イメージ 3
 
庭木に使われる
貝塚息吹(カイヅカイブキ)。
 
イメージ 9
 
キハダ。
 
イメージ 10
 
エノキ。
 
など、いろいろと種類も豊富でしたが
売れ行きはもう一つのようでした。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
松の巾広の盤木は
廃業する製材所から
出ていました。
 
破格の安さで
これらは完売しました。
 
イメージ 13
 
県産材の桧と松の桁材
(自然乾燥材)。
 
かなり安い値段で
競り落とされました。
 
イメージ 14
 
ケヤキの大きな柱材は
1本1万円を切る値段で
売られました。
 
イメージ 4
 
いつもより時間がかかり、
倉庫の中の競りは、
午後を大分過ぎてから
始まりました。
 
イメージ 5
 
彫刻欄間。
 
さすがに最近は、
あまり使わなくなり
10万円を超える定価が、
随分安くなっても
1セットしか売れませんでした。
 
イメージ 6
 
1m近くある
巾広の杉化粧板。
 
注文すると
1枚4、5万円程度する板が
1万円を切って処分されましたが
買い手はありませんでした。
 
イメージ 7
 
今回、数点競り落としました。
 
これは巾広のスギの盤木。
 
40〜50cmの巾があり
棚板として使えそうです。
 
約5か月前から売れ残っていて
十分乾燥しているようでした。
 
作業場で更に乾かし、
製材して使います。
 
市全体としても
大型市らしく
いつもより多くの木材が
競り落とされていました。