●プラチナバンド
 
  最近、ソフトバンクのコマーシャルで
  よく聞く、プラチナバンド。
 
  こんな記事を見つけました。
 
  ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)が、
  「プラチナバンド」をキーワードにしたテレビCMをしている。
 
  7月25日を境に、ソフトバンクの携帯電話がつながりやすくなったという話もある。
 
  そこで今回は、プラチナバンドとはなんなのか? 
 
  そして、それによって何が変わるのか? について解説しよう。
 
  まず、プラチナバンドというのは、携帯電話の通話に利用する
  電波の周波数帯域の中で、700〜900MHzあたりのことをいう。
 
  この帯域はたくさんの情報を一度に送ることができ、
  障害物をある程度は迂回して通信ができるなど、
  高品質な通話・通信を実現する上で大きなメリットを持っている。
 
  さらに送受信設備も小型化できる。
 
  そうなれば、当然どの通信会社(キャリア)も使いたい。
 
  しかし、誰もがこの使いやすい帯域で通信できるわけではない。
 
  利用内容ごと、会社ごとにすみ分けが決められていたのだ。
 
  そこで今まで割を食ってきたのが、ソフトバンクだった。
 
  割を食っていたソフトバンク
 
  NTTドコモとKDDIは以前から800MHz帯を利用しており、
  サブとして1.7GHz帯や2GHz帯を使ってきた。
 
  つまり、十分使いやすいところでビジネスしてきたことになる。
 
  ところが後期参入組ともいえるソフトバンクは1.5GHz帯、
  イー・アクセスは1.7GHz帯しか持っていなかった。
 
  ソフトバンクは一部機種で2GHz帯も使えるようになっていたが、
  それにしてもプラチナバンドからは遠い。
 
  そのせいで、同じように基地局をつくったとしても、
  「つながりづらい」という結果になってしまっていた。
 
  ところが、後発2社にチャンスが恵ってきた。
 
  電波の効率的な利用を目指した周波数再編だ。
 
  目玉は700MHz帯と900MHz帯。
 
  このうち、900MHz帯を割り当てられたのがソフトバンクモバイルだ。
 
  700MHz帯については、NTTドコモとKDDI、
  イー・アクセスが分け合うかたちになったが、
  これが決定されたのは6月27日だ。
 
  一方、ソフトバンクへの900MHz帯割り当てが決定したのは2月29日。
 
  当時、900MHzを全キャリアが欲しがった。
 
  利用可能になる時期が早い900MHz帯を先に決定するにあたり、
  すでにプラチナバンドを持っているNTTドコモやKDDIよりも、
  持っていないソフトバンクとイー・アクセスが優先された。
 
  2社を秤にかけた上でソフトバンクが選ばれた理由は、
  既存契約者数の量だ。
 
  700MHz帯は残る3社に割り当てられると示唆されていたため、
  イー・アクセスにもプラチナバンド獲得の機会があることは見えていたが、
  利用可能になる時期が15年以降と先だ。
 
  900MHz帯を獲得した時、孫正義氏が「念願がかなった」と
  満面の笑みを浮かべたのも理解できるというものだ。
 
  ソフトバンクは約4カ月早くプラチナバンドを手に入れた上に、
  地デジ化で不要になったNHKの基地局設備を譲り受けるなど、
  効率的な準備を進めたことで、
  2012年7月25日から順次プラチナバンドでのサービスを開始した。
 
  当然つながりやすくなるはずだが、
  すべての端末がつながりやすくなるわけではない。
 
  要注意!すべての端末がプラチナ対応ではない
 
  実際にプラチナバンドサービスの恩恵を受けられるのは、
  2012年夏以降発売端末のほか、
  プラチナバンド獲得を見込んでつくられたものや海外端末など、
  900MHz帯を利用するための機能がついた端末のみが適用になる。
 
  例えば、iPhone 4Sなどは対応端末だが、
  詳しくはキャリアサイトで対応機種一覧を確認してほしい。
 
  900MHz帯の割り当てを受けた3社のうち、
  NTTドコモは15年1月にこの帯域を使った
  LTEサービスを提供開始するとしている。
 
  実は900MHz帯はラジオやマイクなど、
  すでにこの周波数帯を使っているほかの無線が
  移行してからの利用開始となるため、
  少々動きだしまで時間がかかるのだ。
 
  すでに800MHz帯でビジネスをしているKDDIやNTTドコモはともかく、
  イー・アクセスにとっては苦しいタイムラグとなるだろう。
 
  11年度の携帯電話シェアは、
  ソフトバンクが22.6%、KDDIが27.3%、NTTドコモが46.9%となっている。
 
  NTTドコモの1人勝ちにも見えるが、
  実は50%以上あったシェアからの転落だ。
 
  また、前月の契約数に対して増えた契約数を競う「純増数」では、
  ここしばらくソフトバンクがトップを走っている。(2012年7月現在)
 
  つまり、巨人を後発が追い上げつつある状態だ。
 
  これまでソフトバンクといえば、サービス価格は安価だが
  つながりづらいという印象が強かった。
 
  そのため、都市部の若年層が使っている傾向が強いといわれたりもするが、
  プラチナバンドでのサービスが開始されて本当につながりやすくなれば、
  わかりやすい欠点がなくなる可能性もある。
 
  iPhoneを持つというアドバンテージに加え、
  900MHz帯は海外でも使われているため、
  海外メーカー製の端末を販売しやすくなるというメリットもある。
 
  プラチナバンド獲得にあたって、孫氏は
  「やっと平等な戦いができる」「もう言い訳はできない」と語り、
  サービス拡充を宣言している。
 
  「どこでもつながるソフトバンク」というキャッチコピーも出されているが、
  本当に屋内や地下、山間部でもつながるようになった時、
  シェアはどう変化するのだろうか? 
 
  さらに純増数が増えて追い上げが加速する可能性もある。
  (文=エースラッシュ)