別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ
 
イメージ 1
 
「べっぷクリスマスHanabiファンタジア」で、
宿泊したのは、花火会場から約1.5km離れた
「別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ」です。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
入口 
 
イメージ 4
 
建物へのアプローチ
 
イメージ 5
 
玄関
 
イメージ 6
 
フロント
 
イメージ 7
 
到着するとまず、
休憩スペースに案内されました。
 
イメージ 8
 
壁は、竹で編まれていました。
 
イメージ 9
 
内庭の前で1枚。
 
イメージ 30
 
部屋への通路は
全て畳敷きになっていて、
素足で移動します。
 
イメージ 31
 
この日泊まったのは、
千鳥という部屋でした。
 
イメージ 10
 
部屋の中にも、
竹がふんだんに使われています。
 
イメージ 11
 
ウエルカムドリンクは、
手作りのゆずジュースと
ざぼん漬けのお菓子でした。
 
イメージ 12
 
お風呂の横のスペースには、
シイタケ茶や饅頭などが用意されていて、
 
イメージ 13
 
自由に戴けるようになっています。
 
イメージ 14
 
この日の夕食のお品書き。
 
地元の野菜や魚、肉で
調理されていました。
 
イメージ 15
 
咲きつけ。
 
イメージ 16
 
郷造り。
 
イメージ 17
 
焼皿。
 
イメージ 18
 
蓋皿。
 
イメージ 19
 
替皿。
 
イメージ 20
 
凌皿。
 
イメージ 21
 
揚皿と食事。
 
イメージ 22
 
甘味。
 
量は決して多くありませんでしたが、
一品一品、丁寧に調理されていて、
大変おいしく戴きました。
 
 
イメージ 23
 
翌日、朝食のお品書き。
 
イメージ 24
 
イメージ 32
 
海苔は、
温められた石が入った箱の中に
入れてありました。
 
イメージ 33
 
2種類の玉子かけしょうゆ。
 
イメージ 25
 
ジュースやサラダ、漬物は
バイキングになっています。
 
イメージ 26
 
男女別浴場入口。
 
イメージ 27
 
浴場への通路。 
 
イメージ 28
 
まだ、手のギブスがとれない
妻のために家族風呂を借りました。
 
脱衣場。
 
イメージ 29
 
石造りの湯舟。
 
源泉がかけ流しで
常に湯舟に注がれています。
 
花火の前後、翌朝と
ゆったりとした時間を
過ごすことができました。