7月28日  長府木材市 最終処分特価市

イメージ 1

自分が参加している
山口、長府、直方の3つの木材市の中で
7月最後の市、長府の木材市に
行ってきました。

イメージ 2

前回の市で売れ残った
梅雨時期の木材を
「最終処分特価市」と銘打って
さらに安く処分する市ということで
長く置かれた木材が、
破格値で競られていきました。

イメージ 3

長府の後半の市としては、
10名程度の業者が集まり、
まずまずの人数でした。

イメージ 4

恒例の盤木も
いつもほど多くありませんでしたが
杉をメインに
このように並べられていました。

イメージ 5

楓(カエデ)の盤木。

イメージ 6

ただ、特に珍しいわけでもなく、
売れ行きは
もう一つのようでした。

イメージ 7

前回の市では、
思った以上に安くなったため
桧の半柱と貫を1山づつ購入しましたが、
今回はそれ以上の安値はつかなかったため、
このバラの桧材だけしか買いませんでした。

積極的に購入する業者もあまりなく、
全体的には低調だったようです。