●七種の日 
====================================

  本日1月7日は「七草の日」です。人日の節句の朝に、
  7種類の野菜が入ったお粥を食べる風習のことで、
  元々「七草」と書いた場合は「秋の七草」を指し、
  正月のものを「七種」と書くそうです。

  一年の無病息災を願って食べられていますが、実際には、
  お正月の暴飲暴食で弱った胃腸を回復させたり、
  野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補ったりする
  意味合いが強いそうです。

  おせち料理などは、比較的日持ちの良い食品が使われていますが、
  2~3日経つとやはり食材は傷んでくるので、
  その解毒作用として七種粥を食べる風習があります。

  また、一般的には1月7日に食べられますが、
  1月15日、16日、2月7日に食べる地域もあるそうです。

  そんな七草ですが、発祥は古来中国にあります。

  正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、
  4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、
  それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。

  そして7日目を人の日(人日)とし、
  犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていたそうです。

  この日に7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、
  これが日本に伝わって七種粥となったそうです。

  現在の七草にはそれぞれの意図があります。
  ①芹(せり:水辺の山菜で香りがよく、食欲を増進)
  ②薺(なずな:江戸時代に人気のあった食材)
  ③御形(ごぎょう:風邪予防や解熱に効果がある)
  ④繁縷(はこべら:ビタミンAが豊富)
  ⑤仏の座(ほとけのざ:食物繊維が豊富)
  ⑥菘(すずな:ビタミンが豊富)
  ⑦蘿蔔(すずしろ:消化を助け、風邪の予防にもなる)とあり、
  この7種類の野菜を刻んでお粥入れたものが「七種粥」と呼ばれています。

  ちなみに、白米だけのお粥に七草を入れるだけでなく、
  餡子やお餅を入れる地方もあります。

  気候風土の関係で七草が揃わない場所では、ゴボウやにんじん、
  ありあわせの青菜を入れて代用する場合もあります。

  お粥だけでなく、雑炊や、和え物、おひたし、汁物といった
  調理法で食べる地域も多く、単純に七種粥と言っても
  多種多様な楽しみ方があります。

  しかし、そんな七種粥は種類が多くとも、
  意図するところは同じではないでしょうか。

  疲れた胃腸を整えて、健康に、そして幸福に。

  今年一年が、素晴らしい年になればと思います。

  (アルフィックス日報)