●あの時、この人 イチロー
====================================
  今月7日、マーリンズのイチロー選手が敵地ロッキーズ戦で
  メジャー史上30人目の3000安打を達成。

  100年を越えるメジャーの歴史の中で30人しかいない
  「最高のクラブ」の仲間入りを果たしました。
 
  一夜明けた8日のニューヨーク・タイムズでは、
  スポーツ別刷りの1面の上に「3000」という数字とともに
  見出しが躍り、2面にはほとんど全部を使って
  「その瞬間」の大きな写真と長文の賛辞が掲載されました。

  またこの日は、現役選手では唯一イチロー選手より安打数が多い
  ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手が引退を発表、
  12日の試合以降登録を外れ球団のアドバイザーに
  就任することが決まったため
  「現役最多安打の記録保持者」という存在になりました。

  2000年11月にマリナーズと3年契約で合意し、
  野手として日本人初のメジャーリーガーとなったイチロー選手。

  体の線が細く、メジャーでは通用しないという声が圧倒的に多い中、
  1年目からシーズン242安打を放ち、
  新人最多安打記録を更新するとともにメジャー史上初となる
  アメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王・
  シルバースラッガー賞・ゴールデングラブ賞の同時受賞を達成し、
  世間の声を実力で吹き飛ばします。
 

  そして、2004年には262安打のシーズン最多安打記録を更新。

  2007年にはオールスターにてランニングホームランを含む
  3打数3安打2打点の活躍でMVPを獲得し、
  全米の野球少年にとってイチロー選手は憧れの的となり、
  子供たちが「背番号51」を奪い合うほどの存在となりました。

  3000安打の全打球位置を記した「スプレーチャート」によると、
  イチロー選手のヒットは本塁打と3塁打を除き、
  レフト、センター、ライトとほぼ均等に打ち分けられています。

  この神業とも言える打撃技術は米CBSスポーツ版でも
  取り上げられており、「国宝的存在であり、
  未来の殿堂入り選手でもあるイチローは、
  卓越したバットコントロールで『誰もいないところに打つ』
  ということを実践してきた」とレポート。

  2002年以降の打球方向の割合は、ライトが31.3%、
  センターが35.3%、レフトが33.4%となっているそうです。

  過去にイチロー選手は「まず手の届く目標を立て、
  ひとつひとつクリアしていけば、
  最初は手が届かないと思っていた目標にも手が届くようになる」
  と語っています。

  小学生から毎日バットを振り続けた野球少年が、日本中、
  そして米国全土から尊敬されるベースボールプレイヤーになったことを
  誇らしく感じるとともに、これからどのような姿を見せてくれるのかも
  楽しみでなりません。

  (アルフィックス日報)