11月25日  常盤校区地域づくり研修会

イメージ 1

今年度の常盤校区地域づくり研修会が
常盤ふれあいセンターで行われ、
今年の4月から赴任された
宇部市ときわ動物園の初代園長
宮下実さんの講演を聴きに行きました。

演題は、「ときわ動物園が変わった。
その魅力と役割を探る」でした。

宮下園長は、
ときわ動物園がリニューアルして
取り入れた生息環境展示手法を
日本で初めて取り入れた
天王寺動物園の園長を以前しておられ、
この経験を再び活かせる機会にと
公募されていたときわ動物園の園長に
応募したということでした。

イメージ 2

最初は、動物園の役割などについて
一般的な話を伺い、
残り20分がときわ動物園の話でした。

動物園という言葉は
福沢諭吉が1866年に著した
「西洋事情」の中でzoological gardenを
動物園と訳したのが始まりで、
正しくは動物学公園と訳すべきで
この言葉から日本の動物園が
本来の役割を果たしていない
という話が印象的でした。

イメージ 3

ときわ動物園の構成や、
生息環境展示について
詳しく説明されました。

イメージ 4

最後に、常盤校区の中にある
ときわ動物園に是非足を運んでほしい
という言葉で講演を締めくくられました。

講演の後に行われた質問の中で、
殺処分された白鳥の復活について聞かれ、
鳥インフルエンザを始めとする病気は
ストレスから起こることが多く、
常盤湖の大きさでは、
以前飼われていた330羽は多すぎるので、
最初は1つがいから始めて、
最大20羽程度にとどめての復活を
提言された言葉に感銘しました。