●トンネルから見る未来
====================================

  11月8日の午前5時15分、福岡県博多駅前の市道で、
  幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ約15メートルという、
  大規模な陥落が発生しました。

  市営地下鉄の延伸工事が行われていた中、
  トンネル上部の岩盤に亀裂が入り、
  大量の地下水が流入した事でこの事故が発生したのです。

  幸いにも死傷者が出ず、復旧が早かった事で賞賛の声が上がりましたが、
  福岡市の地下鉄工事では、過去に二度陥没事故が起きているだけに、
  再度同じ過ちを繰り返す事になってしまいました。

  この原因の一つかもしれないのが、
  トンネル掘削の工法だと言われています。

  今回採用されていた「ナトム工法」は現在の主な工法の一つですが、
  地質によってはその工法が適さない場所もあります。

  周囲をコンクリートで補強しながら掘り進むナトム工法は、
  通常、柔らかい地盤や地下水の多い場所では適さず、
  むしろ「シールド工法」が適すると言われます。

  ただ、こちらは掘削機で壁を固めながら掘り進めるため、
  費用が倍以上になるそうです。

  もちろん、技術的な問題でナトム工法が採用された可能性もありますが、
  仮に予算の問題でナトム工法を選んでしまっていたら、
  それは由々しき問題です。

  国土交通省が鉄道事業法に基づいて
  福岡市交通局に立ち入り検査に入っていますので、
  いずれ真実はわかります。

  ただ、予算の都合上でその場に適さない掘削方法を選んでいる
  という実態がわかり、もし仮にその他の地域においても
  同じ様な事が行われていれば、
  今回の様な事故が今後も起こるのではないでしょうか。

  ここ十数年わが国では道路陥没事故が多発しており、
  04年度から14年度にかけては年平均で4655件発生しています。

  理由の多くは、高度成長期に整備された下水道管が老朽化のために破裂し、
  そこに土砂がなだれ込むからです。

  それが上部の道路陥没に繋がるのですが、
  高度成長期以降に大量に整備されているところが多く、
  今後もその影響で事故の増加が予想されます。

  そんな時期に、新たな事故の要因を増やしている様では、
  安全な国ではなくなります。

  時を同じくして、海の向こうの米国大統領選挙では
  5000億ドルのインフラ投資をすると公言している
  トランプ氏が次期大統領に指名されました。

  行き過ぎた保護主義には賛否両論ありますが、
  インフラ投資は生活に直結するものであり、
  それが国民の心に響いたのかもしれません。

  日本においても、アメリカと同様に
  インフラ投資をすすめる時期に来ているのかもしれません。

  (アルフィックス日報)