●人の住まいからモノの住まいへ
====================================

  最近、トランクルームを目にする機会が増えましたので、
  ちょっと気になり調べてみたところ、店舗数、利用者数共に年々増加しており、
  毎年10%の成長を遂げていました。

  そしてその市場規模は、10年後に現在の約2倍の
  1000億円に上ると予想されています。

  この成長の背景にあるのは需要が増加したことはもちろんですが、
  「駐車場以上住宅未満」のトランクルームに、
  不動産投資としてのメリットが供給側にあることも、
  増加の要因となっています。

  トランクルームはサービスの内容や形態によって分類されます。

  1つは倉庫会社が倉庫業法に基づき運営するもので、
  こちらは本格的に事業として行うものになります。

  そして2つ目はレンタル収納スペースです。

  建物内の倉庫やオフィスビル、マンションの一室などを仕切って
  収納スペースとするものです。

  3つ目はコンテナです。

  駐車場や空き地などの屋外に、輸送用コンテナなどを積み上げたりして
  収納スペースとするものです。

  レンタル収納スペースやコンテナは、住宅として貸し出す場合と比べ、
  立地条件や土地の広さを気にせず、一定の需要が期待できます。

  また賃貸借契約となり、規制が少なく自由なサービスを展開出来るので、
  ビルやマンションの空室対策や、
  余っているや土地を有効活用する手段となります。

  トランクルームとして貸し出す際の大きなメリットは、
  非常に安定した稼働率、収益性にあります。

  借主の引越しなどで空きがでやすい住宅に比べ、
  一度貸し出すと契約が長期になる事が多い事や、
  築年数の経過による価値の減少や設備、内装等の
  メンテナンスが非常に安く抑えられます。

  また、一般的に8%程の利回りと言われる不動産投資に比べ、
  平均で20%程の利回りが期待できます。

  一方、デメリットとしては賃料の滞納が起きやすい事、
  また、消費者保護の観点から、荷物が置き去りにされた際に
  処分が難しい事などが挙げられます。

  このトランクルーム投資、初期費用は300万円程度からと
  比較的少額で始められますし、節税手段としても期待が出来ます。

  また、小口化されたファンドもあり実際に物件を所有せずとも、
  更に少額の投資で手軽に始める事も可能です。

  少子化による人口減少に歯止めがかからない状況が続き、
  人が住む家は減少が予想されますが、
  技術の進歩により便利な「モノ」は増えるばかりです。

  利用者として断捨離できないモノを一時的に預ける場所にする、
  または、供給側となってご自身の資産運用に加える、
  トランクルームの需要はやはり増えそうです。

  (アルフィックス日報)