10月6日  西武は大崎、渡辺、上本、木村ら7人と契約せず

  「西武は6日、渡辺直人内野手(36)、上本達之捕手(36)、
  木村昇吾内野手(37)、鬼崎裕司内野手(34)、
  大崎雄太朗外野手(32)、岩尾利弘投手(30)、佐藤勇投手(23)の7選手と、
  来季の契約を結ばないことを通告した。」

  日刊スポーツにこんな簡単な記事が載っていました。

  ドラフト会議を前に
  各球団とも来季の戦力外通告が
  行われていますが、
  他の球団より遅かったものの
  ようやく西武ライオンズも発表がありました。

  その中の一人、上本達也捕手。

  宇部商であの有名な甲子園延長15回
  サヨナラボークの時のキャッチャーです。

  また長男が常盤小学校の少年野球
  常盤クラブのC級で一緒のチームにいた
  1年先輩でもあります。

  昨年は67試合に出場し、3割7厘の成績を残していたので
  今年も期待していたのですが、
  今年は殆ど1軍での出場が無く心配していました。  

イメージ 1

  彼の通算成績、
  上本達之捕手 2002年ドラフト6位
  466試合745打数168安打、
  13本塁打、78打点、3盗塁、打率.226

  トライアウトに挑戦かもしれませんが、
  宇部商玉國監督の教え子の
  最後のプロ野球選手だった上本君に、
  これまでご苦労様でした。