低温乾燥室

イメージ 1

作業場にある手造りの低温乾燥室。

木材の乾燥には、一般的に
人工乾燥と自然乾燥があります。

人工乾燥(KilnDry)のKilnは釜または炉という意味で
ボイラーで加熱して木材を強制的に乾燥させます。
その結果木材の水分は蒸発しますが
細胞まで破壊してしまうため、
粘り気のない木材になってしまいます。

そのために自然乾燥(AirDry)が、望ましいのですが
時間がかかるのと保管のための場所が必要になります。

イメージ 2

そこで作業場に低温乾燥室を作りました。

室内の温度を45℃程度に保つと
木材から自然に水分が蒸発します。

人間で言えばサウナで汗をかいている状態です。

イメージ 3

湿度の高くなった空気を循環させ、
除湿器で排出させて、
木材を乾燥させています。

規模が小さいので、
少しずつしか出来ませんが、
自然乾燥と併用して
使用するようにしています。