ウッドショック

IMG_8978 (2)

長府木材市の案内。

木材の不足と値上げが
深刻になっています。

今回の「ウッドショック」について
次のような記事がありました。

ウッドショックとは。その背景・原因

短期間で急激に木材が不足し価格の高騰が起きるウッドショック
2021年4月時点で、世界的な木材の価格は前年を大幅に上回っていると言われています。

過去にも1990年、2008年とウッドショックと呼ばれる状況がありましたが、
その時もそして今回も、この問題の発祥は米国です。
今回のウッドショックは、新型コロナウィルスの影響が色濃くあります。
感染当初こそ住宅市場は冷え込んだものの、
在宅ワーク、リモートワークなどの普及によって
アメリカ国内の住宅需要は右肩上がりに急増。
需給のバランスが崩れ、価格の高騰に歯止めがかからない状態になっています。

アメリカでの木材需要の高まりが日本にまで波及するのは、
日本の住宅で使用している木材の大半が輸入に頼っている現状があるからです。
林野庁の発表によると日本の木材自給率は37.8%(令和元年)です。

世界の木材はアメリカに集まる傾向があり、
その市場動向は日本にも多大な影響を与えることで知られています。
また、今回のウッドショックは中国の住宅市場の需要増も原因していると言われ、
そのうねりはこれまで以上になるのでないかと、業界関係者の間で懸念されています。


日本産の木材は使える?日本の木材供給量

輸入木材に頼れないなら国産にシフトすればいいのでは、
とは誰もが考えることです。
実際、日本の国土の7割は森林と言われています。
しかし前述のとおり、
日本の木材自給率は37.8%と決して高い数値ではありません。

ここにはふたつの問題があると考えられています。
ひとつは急激な需要増に対してすぐには供給を増やせない現状の体制。
そしてもうひとつが過去の森林政策の誤りです。

簡単に供給を増やせない理由は、
商用の木材を市場に出すまでには一定の時間がかかるためです。
伐採を決め、山から木を出すだけでも要員の手配などで
数カ月はかかると言われています。
さらに切り出した木材は乾燥させなければ使い物になりませんが、
この作業は時間ががかる上、
乾燥機のキャパシティにも限りがあります。

ウッドショックは一種のバブルです。
バブルのために設備投資を新たにしたり、
日頃から十分なストックを確保するだけの余力を持つ会社が
多くないことは想像に難くありません。

そもそも論として、
「日本は国土の7割が森林なのになぜ輸入に頼るのか」
「自国の木を使うべきなのではないか」という声が聞こえてきそうです。
なぜ、そうできないのか。
理由を探っていくと、戦後の日本の森林政策に行きつきます。

昭和20年代、戦争によって日本の森林は荒廃していました。
しかし、木材そのものは復興期における資材として、
また家庭でのエネルギー源として重宝されていました。
高い木材需要にこたえるべく、
日本は国策として人工林を拡大していく方針を取りました。
昭和30年代には日本の木材の自給率は9割を超えています。

時代は高度経済成長へと向かっています。
木材需要はますます拡大していきます。
しかし、その需要を満たしたのは人工林に植えられた国産材ではなく、
自由化された輸入材でした。
昭和40年以降、国産材の供給はむしろ減少していきます。
拡大路線の後に残ったのは、
成長した人工林と保育の必要な森林でした。
このころ山林はすでに過疎化、高齢化が進んでいました。
森は拡大するけれども、木材として供給が増えるわけでもなく、
十分なメンテナンスを行うだけの人もいない。

この悪循環は日本の林業を衰退させ、
手入れの行き届かない荒廃した森林を後に残すこととなりました。
ウッドショックのようなことがあっても
簡単に国産材へと舵を切れない理由は、
こうした過去の森林政策の影響から
未だ抜けきれない現状があるためなのです。