気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

がん・腫瘍

ノーベル賞・本庶佑氏と小野薬品「がん薬物治療革命」までの苦闘15年②

●ノーベル賞・本庶佑氏と小野薬品「がん薬物治療革命」までの苦闘15年②

  (*ノーベル賞受賞数年前のインタビューです。)

【PD‐1発見者】
本庶 佑・京都大学特別教授インタビュー
画期的な免疫薬の成功はがんに対する無知が幸い


 ──PD‐1分子の発見と機能解明は
 ノーベル賞級ともいわれています。
 画期的ながん免疫治療薬を生み出せた鍵は何でしょうか。

私は免疫の専門家であり、がんの専門家ではありません。
 免疫の専門とがんの専門の間に「がん免疫」がある。
 がんの専門家は、がん免疫の世界の人たちが、
 効く効くと何十年も言い続けて研究費を得てきたのに、
 科学的に説得力のあるデータを出せてこなかったことに
 不信感を抱き、免疫に手を出さなかった。
 私は免疫の専門家として研究を続け、
 マウスでこれだけ効けば原理的に
 人にも効くはずだと考えました。
 一方で、がん免疫の研究者たちは、
 免疫のアクセルを踏むことを一生懸命やってきました。
 私たちはこの世界にも染まっていなかったから、
 免疫にかかったブレーキを外すという
 新しいアプローチを取れた。

 パーキングブレーキをかけたままで
 アクセルを踏んでも駄目だったんです。
あまり物事を知り過ぎるとジャンプができない、
 ということなんでしょうね。

時間も金もない
アカデミアは今かなりの瀬戸際


 ──アカデミアのシーズが産業として実を結んだ好例です。
 日本の基礎研究はこれからも期待できますか。
 かなりの瀬戸際にあります。
 私たちの世代と、次の世代までは
 何とかやってこられましたが、
 今の40代以下は大変つらい状態。
 研究を続ける時間と金がもらえなくなっています。

 PD‐1は国から時間も金ももらえた時代の産物です。
ライフサイエンスの分野は不発も多いが、当たればでかい。
 ギャンブルのようなものなので、
 最初からどの種が大木になるかなんて分からない。
 だから種はたくさんまいておかなければなりません。
 国は基礎研究に種はまいてくれます。
 でも5年単位のプロジェクトが多くなり、
 肥やしが不十分になった。
 10年くらいもらえれば、苗くらいにはなるかもしれないのに、
 その時間はもらいにくい。

 ──成果が出せる環境にないと?
 国はアベノミクスで医療イノベーションをうたい、
 アカデミアのシーズをなるべく早く企業につないで、
 日本発で新しい薬や医療機器を開発して
 GDP(国内総生産)を上げようとしています。

 そのことには反対しませんが、
 アカデミアがシーズを生まない限り、
 この戦略は成立しません。
 そのアカデミアの研究に対して、
 文部科学省的ではなく
 経済産業省的になっているのが残念。
 近視眼的過ぎます。
 成果は出るまでに時間がかかるもの。
 PD‐1だって花開くまでに20年以上かかりました。
 日本の企業もスリム化して絞るばかりで、
 企業内の研究の力がものすごく落ちている印象を受けます。
 今後、アカデミアに頼らざるを得ないでしょう。
 ただ、アカデミアから出たシーズで利益を得たときは、
 その一部をアカデミアにリターンしてほしい。
 ウィン・ウィンの関係を築けるサイクルができれば、
 アカデミアから次の新しいシーズも生まれてきます。
 そのモデルとなるように、
 PD‐1で得た利益で基金をつくりたい。
 若い研究者が研究に没頭できるように、
 雇用と研究費の提供という
 金銭的なサポートができないかと考えています。

 (週刊ダイヤモンド編集部)
·        

ノーベル賞・本庶佑氏と小野薬品「がん薬物治療革命」までの苦闘15年①

  
 知人からオプジーボは使っているかと聞かれ
 まだまだそんな段階ではないと答えました。
 こんな記事を読みました。
 (自分の病気は濾胞性リンパ腫で下記の表の中で
 海外でまだ臨床試験中だということが分かると思います。)
 

●ノーベル賞・本庶佑氏と小野薬品「がん薬物治療革命」までの苦闘15年①

 訪ねて回ること国内外11社。手応えはゼロ。全滅だった。
 2002年、大阪に本社を置く中堅製薬会社の小野薬品工業は
 同業に抗がん剤を共同開発してくれるよう
 提携を申し入れたがけんもほろろ、「全社から断られた」
 と粟田浩副社長は苦々しい表情で当時を振り返る。
 小野が開発を進めようとしていたのは、
 京都大学の本庶佑教授(当時)のグループが発見した
 PD‐1という分子を標的とした薬。

 がんに対する免疫細胞の攻撃スイッチを
 オフからオンに戻すというアプローチだ。
 通常の化学合成でできる低分子の薬ではなく、
 高分子の抗体で作る必要があった。
 同社には抗体医薬を作るノウハウも設備もない。
 長年付き合いのある本庶教授が発見した分子が
 がんの治療に効きそうだと分かって
 研究開発に乗り出したものの、小野はがん領域の素人同然。
 パートナーなしでの開発は難しかった。
 各社が断る理由は明確だった。

 PD‐1に対する抗体であるこの薬が、
 がん免疫療法と呼ばれるものだったからだ。

提携どころか「会社つぶれるぞ」と冷ややかな視線
 
 がん専門医にとって、がん免疫は100年の歴史があるが、
 科学的に有効性が証明されない治療法が多く、
 にもかかわらず免疫を高めて治すとうたって
 患者から高額な治療費を巻き上げるクリニックや業者が跋扈。
 がん医療の正統派の間では、「詐欺まがい」という
 嫌悪感がまん延していた。

 小野は他の医療用医薬品と同様に、
 有効性と安全性を確かめる臨床試験を実施して、
 まともな薬として開発するつもりだった。

 しかし、提携の申し入れに行った先で、
 「そんなものをやっていると会社がつぶれますよ」
 「信頼を失いますよ」と逆に説教される始末。
 パートナー探しで頓挫した小野が白旗状態となり、
 業を煮やした本庶教授が自ら米国ベンチャーとの提携交渉に
 乗り出した直後、悲願の協力者が現れた。

 抗体医薬開発で実績のある米バイオベンチャーの
 メダレックスが小野のパートナーに名乗りを上げたのである。
 メダレックスはCTLA-4という別の分子を標的にした
 同じアプローチ薬を開発中だった。
 だから彼らはPD‐1に可能性を見いだせたのである。
 両社は05年に共同開発の契約を締結し、06年に米国、
 08年に日本でヒトに投与する臨床試験を開始した。
 国内で臨床試験を実施してもらうよう医師を説得するのも、
 やはり困難を極めた。がん免疫療法に懐疑的な医師も
 必死の説得で引き受けてはくれたが、
 他の新薬候補の試験が優先され、後回し状態だった。

 が、その後に状況は変わっていった。
 懐疑的だった医師たちは、試験に参加した余命数カ月の患者が
 生き続ける著効例を目の当たりにしたのである。
 11年にはメダレックスを買収した
 米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が
 CTLA-4を標的にした「ヤーボイ」を米国で発売した。
 12年にはBMSが米国の学会でPD‐1抗体の臨床試験の成績を公表、
 有望なデータは世界的に大きな注目を集めた。
 冷ややかだった視線は期待のまなざしへと変わった。
 そして14年、PD‐1を標的とした抗がん剤は日本で承認され、
 9月に「オプジーボ」という名称で発売された。
 米国でも9月に承認され、同国では153月に
 肺の扁平上皮がんでの承認も取得した。
 目下、さまざまながん種での臨床試験が進む中、
 血液がんの一種であるホジキンリンパ腫は米国で9割近い奏効率
 (がんが縮小して一時的な効果があった患者の割合)
 を見せている。
 国内臨床試験に参加するがん研有明病院の
 畠清彦血液腫瘍科部長は
 「治療できるがん種の広がりとともに、治癒の可能性」
 に期待を込める。
 そんな希望を抱くのは、
 先に開発されたヤーボイの臨床試験に参加したある患者は、
 4回投与した後に10年間、治癒に近い状態を保っているからだ。
 海外データによると3年生存率は22%。
 生存率は3年目以降、ほぼ一定で、長期生存を示した。

 発売されたばかりのオプジーボは
 まだ長期的なデータがそろっていないが、
 投与に最適なタイミングを追求すれば、
 ホジキンリンパ腫に限らず、
 まだまだ効果が高まる可能性があるとみている。

躍進する小野薬品 オプジーボ御殿も

地味でさえなかった中堅製薬会社の株式時価総額は今や、
 国内大手の武田薬品工業、アステラス製薬、
 エーザイ、中外製薬、大塚HDに次ぐ業界6位。

 酒井文義・クレディ・スイス証券株式調査部
 シニアアナリストは、オプジーボのピーク時予想売上高を
 日本で年間1200億円(悪性黒色腫、非小細胞肺がん)、
 世界では15000億円規模になるとはじく。

イメージ 1

 十余年前に提携を断ってきた製薬会社と小野は立場が逆転した。
 世界の薬物療法の主役に躍り出たがん免疫薬に
 自社の薬を併用する開発を進めてもらえるよう、
 小野のパートナーであるBMS詣でを始めた。
 オプジーボをてこに事業拡大を進める小野は14年末、
 製薬会社が集まる日本橋に土地を購入、新東京支社の建設を決めた。

 現在の東京支社は、今の小野には手狭になった。
 新社屋はまだ着工すらしていないが、業界では早くも
 「オプジーボ御殿」と呼ばれている。
 
  (週刊ダイヤモンド編集部)

極・医療

  ●極・医療
====================================

  がんは1981年以降35年もの間、日本人の死因第1位を占めています。

  国立がん研究センターの発表によりますと、
  2017年に新たにがんと診断された人は101万4000人、
  がんで死亡する人は37万8000人とのことです。

  それぞれが過去最多で、高齢化を背景に
  今後もがん患者は増加する見通しとなっています。

  そしてその医療費には約4兆円が充てられており、
  この膨大な死亡者数と医療費を削減するには、
  早期発見・早期治療が第一となります。

  ところが日本のがん検診の受診率は全体でも3割程度で、
  この受診率は他の先進国と比較しても低いです。

  低受診率の理由としては「面倒である(医療機関に行く必要がある)」
  「費用が高い」「診断まで時間がかかる」
  「がん種ごとに異なる検査を受ける必要がある」などが挙げられます。
 
  今、こうした状況に変革が起ころうとしています。

  検査するものは尿。使うのは「線虫」という体長1ミリほどの生き物です。

  1滴垂らした尿の匂いに線虫が好んで寄って来れば「がんの疑いあり」、
  嫌って遠ざかって行けば「がんの心配なし」となります。

  端的ではありますが、その精度は95.8%と驚きの高さです。

  装置を使った診断とは違い、線虫を使ったこの方法は
  数百円と安価で検査ができ、ステージ0~4まであるがん進行度のうち、
  ステージ0や1といった早期がんも発見できるというのです。

  今のところどんな部位のがんかは診断できていませんが、
  「がんの有無」を発見してくれ、すい臓がんのように
  発見が困難ながんも見逃さないというのです。

  したがって、「がん有り」となった人だけが
  従来の部位別検診を受ければ良いということです。
 
  2019年末から2020年のはじめには実用化されるとのことで、
  この新たな検診法は、がん診療のあり方を根本的に変え、
  誰もが気軽にがん診断を受けられるようになります。

  そうなれば、がんの早期発見・早期治療につながり、
  治る確率も高くなり、医療費削減にも大きく貢献できそうです。
 
  がんに限らず病気には特有の匂いがあると言われており、
  匂いを検知することで病気を早期に診断する技術開発が進んでいます。

  人間を除く動物のほとんどは嗅覚を鋭敏にすることを
  生存戦略として用いており、線虫以外の動物でも活用の可能性を感じます。

  また他の感覚では、人間より視覚の優れたハトを用いて
  乳がんを識別したとの報告もあります。

  医療の両輪である診断・治療のうち、iPS細胞の発明により
  国産技術として細胞治療の道を切り開いた我が国としては、
  診療分野でも日本発の技術として生物診断を
  世界に広めていけることを期待したいです。

  (アルフィックス日報)

仕事と治療の両立は難しい!?

  ●仕事と治療の両立は難しい!?
====================================
 
  現代病ともされるガン。芸能、スポーツ界などの有名人も
  ガンを告白することが珍しくなく、
  今では2人に1人は罹患すると言われている時代です。

  「ガン対策に関する世論調査」
  (全国18歳以上の男女3,000人を対象に、
  ガンに対する印象、予防・早期発見、などの他、
  ガン患者と社会とのつながりなどについて1,815人が回答)
  では、半数以上が過去2年以内にがん検診を受診。

  胃や胸のレントゲン撮影やマンモグラフィーなどのガン検診を
  「2年以内に受診した」人は半数以上の
  52.6%(うち1年以内受診44.2%)です。

  一方、「2年以上前に受診した」人は13.8%、
  「いままでガン検診を受診したことはない」人は
  33.4%となっています。

  その理由として、「受ける時間がないから」(30.6%)、
  「健康状態に自信があり、必要性を感じないから」(29.2%)
  などが上位となっています。
 
  厚生労働省は、“21世紀における国民健康づくり運動”において
  基本となる方針や理念、具体的な目標などを
  「健康日本21」として掲げています。

  その中で、ガン検診に関しては受診率50%を目標としており、
  検診を通じて最も重要である早期発見・早期治療につなげよう
  というのが狙いですが、現状を見てみるとガン検診受診率は、
  胃ガン・肺ガン・大腸ガンの各検診について、
  男性は4割を超える受診率であるのに対し、
  女性は乳ガンや子宮ガンを含め、
  3割程度の受診率にとどまっており、
  なかなか検診に行かない層に対していかに
  早期発見・早期治療の重要性を浸透させていくかが
  今後の課題といえます。

   一方で世論調査ではガンになってしまった場合を
  想定した設問もありますが、
  ガン治療と仕事の両立に関しては実に64.5%が
  難しいと回答しており、その最大の要因としては、
  「代わりに仕事をする人がいない、
  またはいても頼みにくい」(21.7%)、
  「職場が休むことを許してくれるかどうかわからない」(21.3%)
  などの他、「休むと収入が減ってしまう」(15.9%)
  といった生活に直結する回答もあったようです。

  そして両立に必要な取り組みに関しては、
  「病気の治療や通院のために短時間勤務が活用できること」
  「1時間単位の休暇や長期の休暇が取れる
  など柔軟な休暇制度」など、
  病状にあわせて柔軟な勤務体系をとれることが必要である
  という回答が多くなっています。

  人手不足が深刻化しつつある中、
  長期的観点に立った雇用確保のため、
  今後政府のみならず企業側にも
  積極的な取り組みが求められるところになりそうです。

  (アルフィックス日報)

あの時、この人 前田 浩

   ●あの時、この人 前田 浩
====================================

  常識破りの、「副作用のない抗がん剤」が誕生したと聞きますと、
  皆様驚かれると思います。

  その抗がん剤は「P-THP」。開発者は熊本大学名誉教授の前田浩氏です。

  まさに夢のような、その薬の特性をご紹介いたします。

  P-THPはピラルビシンという抗がん剤を採用しますが、
  これは古い薬で、すでにジェネリック薬品となっております。

  ピラルビシンにポリマー(高分子物質)を付けて、薬自体を大きくします。

  薬の大きさは10ナノメートル以上ですので、
  血管の細胞の隙間(2~6ナノメートル)から漏れ出して、
  薬の毒性が全身に回って副作用を起こすことが無くなります。

  抗がん剤は通常の細胞にも毒なのです。

  一方、悪性腫瘍は大量に栄養を必要とするために、
  血管の壁が粗雑で隙間が数百ナノメートルまで大きくなります。

  P-THPは体中を回りながら、腫瘍の周りの太い血管の
  隙間だけから漏れ、がん細胞に集まります。

  腫瘍に届きますと、リンカーと呼ばれる紐ががん細胞の酸性に
  反応して切れて、ここで薬の毒性ががん細胞に発揮されます。

  したがって、体を弱らす副作用がなく、
  がん細胞だけに効果があがる夢の薬なのです。

  このようなすばらしい薬品なのですが、
  実はP-THPを製造したいという薬品メーカーは1社もありません。

  理由として、ピラルビシンはすでに認可されていますが、
  高分子ポリマーをつける事によってもう一度治験
  (新薬認可のための臨床実験)が必要で、
  そこには数百億円の費用がかかるからです。

  ピラルビシンがジェネリックで安価な薬品ですので、
  薬品メーカーはその経費を回収することができないという理由なのです。

  まだ臨床で使う病院がない中で、唯一引き受けた医師は
  なぜか本名が明らかにされておりません。

  ホスピス病棟(ステージ4の方)にて自由診療でP-THPを投与しており、
  中には完全治癒となった事例もあるそうですが、
  人によってはなぜかまったく効果がない人もいます。

  ただ数千万円にも及ぶほかの高額医療に対して、
  一度あたりの治療費は3~5万円と安く、副作用がほとんどなく、
  体が弱らないので放射線治療と併用できるという画期的な方法です。

  今後、厚生省の認可のハードルを低くする事が急務でしょう。

  高額医療費は税金でまかなわれるシステムになっておりますので、
  「スーパー・ジェネリック」という新しいカテゴリーを作って
  認可のハードルを下げ、治験の経費を大幅にカットできれば
  このような素晴らしい薬が使用されやすくなり、
  国の高額医療費の支払いも大幅に減るようになるのではないでしょうか。

  (アルフィックス日報)

ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック