気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

ごみ問題

空き缶回収(2回目)

8月28日 空き缶回収(2回目)
 
環境衛生連合会常盤支部の
   常盤校区内主要道路の
夏休み2回目の空き缶回収が
   8時半から行われ、
   則貞C自治会の衛生部長として
   今回も参加してきました。
 
  前回同様、国道190号線で、
   恩田方面から常盤ふれあいセンターに向かって
   国道沿いに捨ててある空き缶やゴミを
   回収して行きました。
 
7月の1回目に比べると
だいぶ少なくなってはいましたが、
それでも新たなゴミが結構ありました。
 
一番多かったのは、
やはり、たばこの吸い殻でした。
 
イメージ 1
 
常盤ふれあいセンターには、
各場所で参加した人たちが
拾ったゴミを持って到着。
 
空き缶、ペットボトル、
燃やせるゴミ、燃やせないゴミなど
分別して集められていきました。
 
暑い中での作業でしたが、
国体を前に、この校区も
また一つ準備ができました。
 

ゴミ当番

7月26日 ゴミ当番
 
イメージ 1
 
大分慣れた、月に一度の
燃えないゴミの当番の日。
 
朝一番から、
いつもより多くのゴミが
搬入されました。
 
イメージ 2
 
2時間の間に
山のようにゴミが溜まりました。
 
ゴミの判別のため
忙しく汗だくで
動き回っていました。
 
 

空き缶回収

7月24日 空き缶回収
 
   環境衛生連合会常盤支部の
   常盤校区内主要道路の空き缶回収が
   8時半から行われ、
   則貞C自治会の衛生部長として
   今年も参加してきました。
 
   この自治会の担当は、国道190号線で、
   恩田方面から常盤ふれあいセンターに向かって
   国道沿いに捨ててある空き缶やゴミを
   回収して行きました。
 
イメージ 1
 
日ごろから、ゴミを定期的に
拾っている人がいて
歩道は結構綺麗でしたが
中央分離帯には
沢山のタバコの吸殻や
空き缶、ペットボトルが
落ちていました。
 
30分ほどの作業で
袋に結構たまりました。
 
暑い日でしたので
すっかり汗だくになっての
作業でした。
 
 

常盤海岸清掃

7月3日  常盤海岸清掃
 
  常盤校区の年間行事である
  常盤海岸清掃が今年も8時半から
  行なわれ、参加してきました。
 
イメージ 1
 
南北二手に分かれ、
海岸に漂着した流木やゴミを
集めていきました。
 
自分が行った南側は、
多くの漂着物で一杯で
始まった時は、きれいになるのだろうかと
疑問に感じるほどでした。
 
イメージ 2
 
多くの参加者によって
流木、可燃ごみ、不燃ごみ
空缶など分別して集められていきました。
 
イメージ 3
 
どう手をつけてよいか
分からなかった海岸も
次第にきれいになっていきました。
 
イメージ 4
 
海岸にまとめられていたゴミは
全員で海岸の上まで
運ばれていきました。
 
イメージ 5
 
1時間半の作業で
小さな木切れなどの漂流物は
全て取り除けませんでしたが
流木やゴミはすっかりなくなり
見違えるほどの海岸になりました。
 
イメージ 6
 
清掃に参加した記念品をもらい
10時半に解散しました。
 
結構、重労働で疲れましたが
良い汗を掻くことが出来ました。
 
イメージ 7
 
ちなみに、これが記念品です。
 
10月から始まる山口国体会場で
エコグッズがもらえる引換券でした。
 
 
 
 

環境衛生に関する研修会

6月16日 環境衛生に関する研修会
 
  常盤校区環境衛生連合会の
  環境衛生に関する研修会が
  常盤ふれあいセンターで行われ
  東則貞C衛生部長として出席してきました。
 
  市民環境部資源循環推進室から
  職員の方が講師として来られました。
 
  衛生部長として、1年が経ちましたが
  分別について、まだまだ理解できていないことが多く
  大変有意義な研修会でした。
 
  宇部市の「プラスチック製容器包装」は、
  (財)日本容器包装リサイクル協会を通じて
  プラスチック原料などにリサイクルしていますが、
  その費用のほとんどは、事業者が負担し、
  市町村の費用負担割合は、わずか数%というしくみになっていること。
 
  平成20年2月の品質調査で、宇部市の「プラスチック製容器包装」は、
  「汚れの付着(食品残渣等)」や「異物の混入」などにより、
  最低ランクのD判定となり、
  指定法人に「引取り拒否」をされる可能性があったため、
  約2億円もの処理経費を全額負担となる恐れがあり、
  そのような事態を防ぐため、出し方の見直しを行い、
  油などで汚れた物は、全て燃やせるゴミで処置することになって
  現在は、毎年最高ランク(A判定)になっていることなど
  興味深い内容の話しをいろいろと聞くことが出来ました。
   
ギャラリー
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
  • 福岡県 原鶴温泉 ビューホテル平成
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック