気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

その他の病気

心不全のパンデミック

 ●心不全のパンデミック
====================================

  日本人の死因第1位のがんに次いで第2位の心疾患、
  その数は年間約20万人に及ぶそうです。

  2030年には「心不全のパンデミック」が起こるとも囁かれており、
  高齢者を中心に爆発的に心不全患者が増加するといわれています。

  米国では何年も前から「心不全パンデミック」が発生しており、
  現在死因の第1位が心疾患の23%のようです。

  近年、日本の食生活も欧米化しており
  日本でも同じことが起こる可能性があるそうです。

  心不全とは、心臓のポンプとしての働きが低下し、
  全身の臓器に必要な量の血液を送ることができなくなった状態です。

  心不全の原因が右心系にあるものを右心不全、
  左心系にあるものを左心不全と呼びます。

  右心不全は、全身の静脈血が心臓に戻る流れが滞ることで発生し、
  浮腫や胸水・腹水貯留、頸静脈怒張、肝臓腫大などの症状が起きるそうです。

  左心不全の場合は、全身に血液を送る働きが低下し、
  チアノーゼや血圧低下、頻脈による動悸、意識障害といった症状が現れます。

  さらに、肺に血液が滞るため呼吸困難や咳などの呼吸器症状が起こり、
  右心系にも負担がかかるため右心不全の症状も合併するそうです。

  心不全と聞くと、高齢者のイメージがあるかもしれませんが、
  なんと30~60代の約20%が「隠れ心不全」、
  つまり軽度の心不全かその予備軍とみられていることが調査で分かっています。

  心不全は、高血圧や糖尿病がしっかりと治療されていないと
  発症のリスクが増加してしまいます。

  進行が遅いため、息切れなどが起きるのは年齢のせいと勘違いする場合があり、
  安静時には症状が出ないため治療をせずに放っておくと、
  どんどん重症化していきます。

  このように症状があまり出ない心不全が「隠れ心不全」と呼ばれています。

  隠れ心不全の特徴は、安静時には症状が出にくく、
  階段や坂道をのぼる際に息が切れることが一番多い症状だそうです。

  また、就寝後に排尿のために1回以上起きてしまう夜間頻尿も
  隠れ心不全の可能性があるそうです。

  食生活の欧米化が進むにつれて生活習慣病にかかる人が増えてきています。

  脂質の多い食べ物を食べることで肥満や血液がドロドロになったり、
  野菜の消費量低下による便秘など様々な病気を引き起こす可能性があります。

  今後も食生活の欧米化が進めば、米国で問題となっている
  「心不全のパンデミック」が実際に日本で起きることも、
  あながちありえない話ではなさそうです。

  今一度、食生活のあり方を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

  (アルフィックス日報)

手術難民で溢れかえる日本

●手術難民で溢れかえる日本

  先日、東京都知事に選ばれた舛添要一氏は
  これから医療と介護に力を入れると宣言し当選されました。
 
  それだけ力を入れなければならないのには鬼気迫る理由があります。
 
  東京ではやがて手術を受けられない
  手術難民が急増すると予想されているためです。
 
  首都の高齢化は著しく、65歳以上の高齢者数が約280万人、
  総人口に占める割合は21.9%に及びます。
 
  東京都によれば、都民の年間の推計入院患者数は10万6千人。
 
  このうち、約14.5%が都外の施設に入院しており、
  周辺の県のサポートがなければ立ち行かない状況が続いています。

  東京の高齢化率は2040年に33.5%に達し、
  最も高齢化が進んでいる秋田県の30.7%を上回る見込みです。
 
  その増える患者増に対応できるだけの医療体制が整うのは
  現状難しいと言われています。
 
  東京には13の医学部があり、人口あたりの医師数は全国でも指おりです。
 
  それなのになぜ東京で手術ができなくなるのでしょうか。
 
  それは看護師不足が原因です。
 
  人口10万人当たりの看護師数は833人で、全国47都道府県で第44位。
 
  その東京より下位には関東の県が並びます。

  実は、管理栄養士などの他のコ・メディカル・スタッフ
  (医師の指示で働く医療スタッフ)も看護師と同じような状況で、
  東京を中心に関東圏では人員が不足しています。
 
  当然手術は医師だけではできませんし、
  コ・メディカルの不足は手術できる件数の減少と直結します。
 
  東京と同じような事例で考えてみましょう。
  福島県の南相馬市は震災以降、若年層が流出し
  高齢化率は震災前の26%から34%に急上昇しています。
 
  南相馬市立総合病院の場合、震災の時点で看護師の平均年齢は36歳で、
  40歳未満の方が病棟勤務の中心でした。
 
  ところが、震災後にはその平均年齢も40歳に上がり、
  50歳以上の看護師が2倍に増えました。
 
  この結果、交代勤務ができる若い人材の不足によって入院診療を縮小し、
  在宅医療にウエイトを置かざるを得なくなりました。

  そして、この現状は今後、まずは都市部からやがては
  日本全体に変貌を遂げるだろうと懸念されています。
 
  最近では南海トラフのシミュレーションが繰り返し報道され、
  経済への影響が心配されていますが、本当に恐いのはその状況で
  医師や看護師を派遣できるだけの余裕がどう考えてもないという現状です。
 
  世界最高の医療技術があってそれを求めている人がいても、
  常に需要の方が多いのでは浮かばれません。
 
  平成21年から外国人看護師と介護福祉士の受け入れを実施し
  対策を講じていますが、3年間で約1500人程度とまだまだ少ないようです。
 
  鳥の目で見ても虫の目で見ても改善が急がれるこの問題を、
  都市部だけでなく日本全体の問題として真剣に考えなければいけません。
  (アルフィックス日報)

予防の第一歩

 ●予防の第一歩

  湿気の多い梅雨や気温が高くなるこれからの季節に
  気をつけたいのが「食中毒」です。
 
  また、少し気温が低下し始める9月頃も、
  夏に冷たいものを摂取して胃腸が弱っていると、
  引き続き注意が必要になります。
 
  食中毒に多いのは細菌性で、豚肉などに多いサルモネラ菌、
  魚介類を汚染する腸炎ビブリオ、病原性大腸菌(O-157など)、
  鶏肉に多いカンピロバクター、
  お弁当に多い黄色ブドウ球菌など様々です。

  それでは質問です。
 
  食中毒は「飲食店や施設」と「家庭内」では、
  どちらが起こりやすいと思いますか。
 
  薬用せっけん「ミューズ」を展開する
  レキットベンキーザー・ジャパンが今月に発表した
  意識調査の結果によると、
  プロの料理人の56.3%、主婦の61.7%が
  「飲食店や施設」と回答しており、
  外出先での発生に不安を感じているようです。
 
  しかし、過去10年間のデータを見ると、
  発生件数などは飲食店が圧倒的に多いものの、
  死亡に至った人数では飲食店が6名に対して、
  家庭内は28名と4倍以上になっているのです。
 
  その理由として、家庭ではプロの料理人に比べて、
  食中毒に関しての知識や危機管理が
  不足していることが挙げられるようです。

  調理前の手洗いを見ましても、
  プロの料理人の96.6%が徹底しているのに対し、
  主婦は53.9%にとどまっています。
 
  その他にも「ハンドソープや石鹸をつけずに、
  水で洗い流す程度」が33.5%、
  「とくに手洗いを意識せずに調理を始める」が6.8%を占めており、
  衛生管理に対する意識の違いも窺えます。
 
  また、プロの料理人は、家庭のキッチンや調理場に
  ハンドソープや石鹸を常備している割合も71.4%と、
  主婦の64.1%を上回っています。

  こうした状況の中、政府が運営する「政府広報オンライン」でも
  食中毒に対する注意を呼びかける情報が公開されており、
  家庭で食中毒を発生させない予防三原則を掲げています。
 
  それは、食中毒の原因となるウイルスを
  「付けない」、「増やさない」、「やっつける」こととしており、
  食材を購入する際の品質チェックから持ち帰るまでの
  保全、家庭での保存方法など、
  各段階で予防三原則を心掛けることを重要としています。
 
  政府が呼びかける予防三原則をはじめ、
  様々な予防策はありますが、
  予防の第一歩は、私たち一人一人が食中毒に対して
  強い関心を持つことなのではないでしょうか。
  (あるる)

自然の力

 ●自然の力

  赤ワインや大豆などに多く含まれ、体に良いとされるポリフェノール。
 
  ポリフェノールには癌や動脈硬化の予防効果があり、
  健康のためには欠かせない成分として認識されていると思います。
 
  しかし、ポリフェノールと一口に言ってもその種類はアントシアニンや
  カテキンなど4000以上に及び、それぞれ効果が異なるのです。
 
  本日はポリフェノールの中のひとつで、最近、新たな効果が
  発見されているケルセチンをご紹介したいと思います。

  ケルセチンは、骨密度が低下する骨粗鬆症の予防に効果があるとされています。
 
  一般的に骨を丈夫にするためにはカルシウムが良いとされていますが、
  ケルセチンにも同様の効果があることが最近の実験で明らかになりました。
 
  また、ケルセチンは関節炎にも効果があるという実験結果もあります。
 
  関節炎の原因のひとつとして考えられているのが活性酸素で、
  これは本来、体内の病原菌を除去するものですが、増えすぎると
  正常な細胞まで攻撃し、炎症などを引き起こしてしまいます。
 
  抗酸化作用を持つケルセチンが活性酸素を除去し、
  炎症を抑えることで痛みを和らげます。
 
  どちらも、足腰を健康に保つためにはとても重要な働きをしてくれます。

  また、ケルセチンはアレルギー体質の改善にも役立つとされています。
 
  アレルギー体質は、体内でヒスタミンという物質が大量に作られることによって
  体が反応し、くしゃみやかゆみなどのアレルギー症状がでます。
 
  ケルセチンには高いヒスタミン抑制効果があり、ヨーロッパでは
  アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤として医薬品認定をされる程です。
 
  他にも脂肪吸収を抑制する効果や血圧の上昇を抑える効果もあります。

  ケルセチンはリンゴ、ブロッコリー、蕎麦などに多く含まれており、
  中でも最も効率良く摂取できる食品は玉葱と言われています。
 
  また、ケルセチンは水溶性で、過剰に摂取しても体外に排出されるため、
  摂り過ぎの心配はありませんので、
  サプリメントから摂取するのもひとつの方法です。
 
  ケセルチンなどのポリフェノールは、植物が虫からの攻撃や、
  紫外線により生じる活性酸素から自らを守るために作り出しているものです。
 
  雨にも風にも負けず、たくましく生きる植物から、
  健康の秘訣を分けてもらいましょう。
 
  (あるる)

OPP

 ●OPP
  日々、多くの略語や和製英語が若者世代を中心に発信されていますが、
  「OPP」という言葉をご存知でしょうか。
 
  OPPは腹痛を感じたり、お腹が緩くなったりすることを指し、
  「お腹ピーピー」という言葉の略称として使われています。
 
  冗談めいた言葉ではありますが、実はこの様な新しい言葉が出来てしまう程、
  頻繁にやってくるお腹のトラブルに悩んでいる方が増えているそうです。
 
  体質だから仕方がないとあきらめている方も多くいるようですが、
  これは体質ではなく、「IBS(過敏性腸症候群)」という病気の可能性があります。

  IBSは大腸や小腸に、原因となる異常がないにも関らず、
  頻繁にお腹が痛くなる、下痢や便秘が一ヶ月以上続くなどの症状がある病気です。
 
  大事な会議の前や見知らぬ旅先でお腹が痛くなるという経験があり、
  それが慢性的に続いている場合はIBSの可能性が疑われるそうです。
 
  IBSは自律神経の乱れや腸の過剰な動きによる痙攣、
  わずかな刺激でもそれを痛みと感じてしまう知覚過敏などが
  原因と考えられていますが、これらは精神的不安や過度の緊張、ストレスの他、
  生活の乱れによって引き起こされているようです。
 
  IBSの改善・治療のためには、まず胃腸に優しい食生活が大切です。
 
  1日3食を決まった時間に食べる、
  胃腸に負担を掛けないよう暴飲暴食を避けてゆっくり食べる、
  といった当たり前の食生活を心掛けるようにします。
 
  また、適度な運動で、腸の働きを整え、ストレス解消をしていくことや
  自分なりのリラックス方法を見つけておくことも大事です。
 
  また、薬を用いた治療方法もあり、症状や体質などに合わせて、
  腸の働きや水分量を整える薬が処方されます。

  名前こそあまり知られていないIBSですが、
  ストレス社会と呼ばれる現代においては現代病と言え、
  その患者は5~10人に1人とも推計されています。
 
  症状がひどくなれば、仕事を続けられず、失職してしまう人もいます。
 
  IBSは治療できる病気です。
 
  他の病気が潜んでいる可能性もありますので、
  心当たりがある方は早めの診断・治療をされてみてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック