気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

その他映画

宇部の映画館で山田洋次監督、舞台あいさつ 映画「家族はつらいよ」先行上映で

  こんな記事を見つけました。

  宇部の映画館で山田洋次監督、舞台あいさつ 
  映画「家族はつらいよ」先行上映で

イメージ 1

 宇部のシネマコンプレックス「シネマ・スクエア7」
(宇部市明神町・フジグラン宇部内、TEL 0836-37-2525)で
1月24日、映画「家族はつらいよ」の先行上映会が開かれ、
山田洋次監督が舞台あいさつに登壇した。

 同作品は、「男はつらいよ」シリーズ以来約20年ぶりに
山田監督が手掛ける喜劇映画で、
結婚50年を迎えて突然離婚危機に直面する熟年夫婦と、
  それをきっかけに3人の子どもたちからそれぞれの不満が噴出し、
  思わぬ方向へ事態が進むコメディーストーリー。

  山田監督は、15歳から18歳までを宇部・藤山で過ごし、
  宇部にゆかりがあることから今回の先行上映会が実現。

  当日は記録的な寒波に伴って断続的な雪と積雪に見舞われる中、
  約300人が来場した。

  2年ぶりに来宇した山田監督は「うんと楽しくておかしな映画になった。

  どの家庭でも起こり得るかもしれないストーリー。

  熟年の妻が夫に離婚届を突き付ける様は、男性にとってはホラー映画かも(笑)」
  と笑いを誘いながらも、「観客の皆さんが大笑いする映画を作ることは私の夢。

  今日は大雪の中にも関わらず来場いただいて感謝に堪えない」とあいさつした。

  同上映会を主催した地元サークル「うべYY会」の代表・宮本輝男さんは
  「今回は山田監督の作品の3度目の上映会で、昨春から準備を進めてきた。

  (上映できて)今日はうれしい。

  宇部と山田監督の縁をこれからもつないでいきたい」と話す。

  同作品は、3月12日から全国で公開される。

  (山口宇部経済新聞)

生きろ。

 ●生きろ。
 
  日本の映画興行成績歴代1位を誇る
  『千と千尋の神隠し』を始め『魔女の宅急便』、
  『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』などの
  数多くの傑作を生み出してきた「スタジオジブリ」は、
  日本アニメ界の巨匠として世界にその名を轟かせています。

  堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して。
  いざ 生きめもや。

  このセリフは、スタジオジブリの最新作「風立ちぬ」の
  宣伝ポスターに記載されている文章から抜き出したものです。
 
  ゼロ戦の設計者である堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、
  1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた
  青年の姿を描いたこの作品。
 
  作中の美しい映像や音楽もさることながら、
  宮崎駿監督が初めてフィクションではなく
  実在した人物をモデルとして作り上げた映画としても有名です。
 
  さっと表面だけ見ると、
  「不安定な時代を生きた天才技師である男性と、
  その男性を愛した女性の恋愛物語」です。
 
  しかし、ノンフィクションの要素を織り交ぜた今作は、
  夢を実現するために懸命に努力したキャラクターを通じて、
  堀越二郎と堀辰雄だけでなく、
  宮崎監督自身の人生を投影した作品にもなっています。

  宮崎監督が生まれたのは1941年の戦時中でした。
 
  日本中が生活に苦しむ中、
  軍需産業関係の仕事に就く父親のおかげで
  宮崎家は苦しいながらも、
  一般人に比べて比較的恵まれた環境だったそうです。
 
  そんな宮崎監督が4歳の時、
  町が米軍に空襲され人々は逃げ惑いました。
 
  宮崎一家はトラックで避難していたところ、
  助けを求める近所の叔父さんとその娘を
  振り切って避難しました。
 
  4歳の宮崎少年にとっては衝撃的な記憶、
  そして、軍需で生活を養っていた事実は
  罪悪感として宮崎少年を苦しめる事になります。
 
  また終戦後も、病気がちな母親は寝込むことが多く、
  幼いながらも宮崎少年は母親を失う恐怖を
  日々感じさせられます。
 
  この戦争時の体験と母親への想いこそが
  今作の大きな原点となっているのです。

  東日本大震災以降、多くの国内ドラマや邦画が、
  震災を彷彿させるシーンを自粛してきました。
 
  しかし、宮崎監督はあえて今作のような形にしたと
  コメントを残しています。
 
  「あくまでもリアルな設定のなかで、
  夢で想像力を自在に羽ばたかせ、
  人間の軌跡を過不足なく紡ぎたい。」

  「生きろ。」や、「いざ 生きめもや。」というキャッチコピー。
 
  宮崎監督がこれらのキャッチコピーを採用した背景には、
  戦時ではないにも関わらず簡単に人が死んでしまう
  混迷の現代において、生きることの尊さや美しさを
  直接的に説いているように感じられます。
 
  (あるる)

はやぶさ 遥かなる帰還

2月25日  はやぶさ 遥かなる帰還
 
イメージ 1
 
 
「はやぶさ」が宇部に来るのを前に
映画を観ておこうと夫婦で
「はやぶさ 遥かなる帰還」を
観に行ってきました。
 
ウィキペディアには、次のように載っていました。
 
『はやぶさ 遥かなる帰還』は、
2012年2月11日公開。
 
監督は滝本智行。主演は渡辺謙。
 
原作は山根一眞の
『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』(マガジンハウス)。
 
日本の小惑星探査機「はやぶさ」の
プロジェクトとそれに参加した人々を描く。
 
東映60周年記念作品。
 
「はやぶさ」関連の日本映画は
帰還後から相次いで企画され、
2011年から2012年春にかけて公開されている。
 
本作は実写作品としては
『はやぶさ/HAYABUSA』に次ぐ2番目の作品であり、
『おかえり、はやぶさ』と合わせ、
映画大手3社による競作として注目を集めている。
 
全国311スクリーンで公開され、
2012年2月11、12日の初日2日間で
興収1億2,821万9,700円、動員10万8,945人になり
映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で
初登場第4位となった。
 
前作も観に行きたかったのですが、
時間が取れず、行くことができませんでした。
 
ある方のコメントに
『はやぶさ/HAYABUSA』が
知識と宇宙の美しさ、厳しさを教えてくれる編だとしたら、
今回公開の『遥かなる帰還』は
関わった全ての者たちの苦労のドラマ。

 
多くの人たちがどのようにはやぶさを動かしていったのか、
細かな作業の積み重ねを丹念に描いていました。
 
という言葉がありましたが、
20年の歳月をかけたプロジェクトを支えたのが
小さな町工場での日本の技術であり、
そんな小さな町工場の社長に扮した山崎努さんの演技は、
まさにそのような苦労を実感することができました。
 
渡辺謙さんが、
「自分のような職業の人間が関われるプロジェクトは
一生のうち3つが精々で、
そのうちの一つがはやぶさだった。」
という言葉が印象的でした。
 
ちなみに、この映画は
フジグランのシネマスクエア7で
夫婦50割引き 二人で2000円
要身分証 どちらかが50歳以上)
という料金で観ましたが
妻が券を購入する際
「免許証を出します。」という言葉に
「結構です!」と即答されたことが
妻にはショックだったようです。(笑)
 

Dの革命

 ●Dの革命

  世界中で話題をさらっている3D映画「アバター」の興行収入が、
  18億5500万ドル(約1670億円)以上となり、
  1997年公開の「タイタニック」を抜き、史上最高記録を更新しました。

  また、国内における映画観客動員ランキングも8週連続で1位を達成しており、
  「アバター」は3D映画の起爆剤になるのではないかと期待が寄せられています。

  まるでその場にいるかのような臨場感を味わえる3D映画は、
  映画の革命との呼び声も高いようです。

  そもそも、人間の目には左右に差(ズレ)が生じます。

  その差に働きかける特殊なメガネをかけることで、
  立体的な映像を作り出すのが3D映画です。

  実は3D映画の歴史は古く、1920年代から上映されていたのです。

  この頃は「アナグリフ方式」と呼ばれ、映像を赤と青で左右に分割し、
  赤と青のフィルターで作ったメガネをかけて鑑賞するものでした。

  これは右目と左目に違う映像を見せる仕組みでしたが、
  フィルターを通すことで本来の色が正確に伝わらないという欠点がありました。

  現在では偏光を利用し、色の波長をずらすなどして立体映像を映し出し、
  奥行き感や飛び出し感をより鮮明な映像で楽しむことができます。

  しかしながら、1949年頃からテレビの普及で映画館への入場者数は大きく減少し、
  近年ではビデオ・DVDレンタルサービスの普及で映画館離れに拍車がかかっています。

  そのため、映画館でしか味わうことのできない迫力と魅力を合わせ持つ
  3D映画は映画界再興の切り札とも言われています。

  現在、3D対応の映画館は世界で5000ヶ所、米国で3000ヶ所、
  日本では約150ヶ所あるようです。

  また、3D映画に後押しされ、複数の映画館を併せ持つ大型施設
  「シネマコンプレックス」も急速に発展を続けています。

  一方で、マイナーな映画を上映するミニシアターや中小映画館の閉館が目立っており、
  3D映画の登場で新しい時代を予感させる映画界は、
  同時に新たな転機に差し掛かっています。

  映画の質は、迫力や大きさだけでは計れませんが、
  この起爆剤が映画界全ての救世主となればと願わずにはいられません。

  (あるる)
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック