気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

その他環境問題

最後の警告

  ●最後の警告
====================================
 
  今回のタイトル「最後の警告」は、
  国土交通省の社会資本整備審議会道路分科会が作成した、
  「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」の
  目次一項目目に書かれている言葉です。

  最後の警告とは穏やかではありませんが、
  戦後復興期から高度成長期にかけて一斉に各地で建設された
  道路や橋、そしてトンネルの寿命が迫っています。

  全国に橋は約70万橋、トンネルは約1万本あり、
  10年後には耐久年数の50年を経過するものが4割を超える見込みのため、
  最後の警告は大袈裟ではありません。
   
  NEXCO西、中、東日本の3社は「高速道路リニューアルプロジェクト」を
  昨年度から15年・1兆円の規模で始めています。

  きっかけは、平成24年12月に中央自動車道笹子トンネルで
  老朽化した天井が崩落し、9名の尊い命が犠牲になった事故でした。

  私たち国民の関心も高まり、それまで10年間で2割減少していた
  公共事業予算も多少改善されました。

  しかし、現行の交付金制度では不十分な状態です。

  平成26年からは、橋梁やトンネルについて5年に1度の目視点検を義務化し、
  緊急輸送道路上などの重要度や施設の健全度等から、
  優先順位を決めて点検されています。
 
  老朽化が進んでいるのは新幹線も同じです。

  JR西日本は平成40年2月から新大阪‐博多間の全線で
  10年間の大規模改修を実施予定です。

  山陽新幹線は他の新幹線に比べて深刻な状態です。

  建設されたのは高度成長期で、建設需要の大幅な伸びと
  オイルショックによる資材不足、工期の制約など
  厳しい施工条件が重なったことから、トンネルの壁を薄くし、
  それまで許可されていなかったコンクリートの骨材に海砂も使われました。

  コンクリートの表面の塩分は洗い流されますが、
  内部の塩分は濃縮されて鉄筋を腐食するため、問題が多発しています。

  又、発注者の施工管理が不十分で
  一部に適切でない施工があったとも言われており、
  安全面が後回しになっていたようです。
 
  現在、国土交通省では橋の建設や維持管理の方法を見直すと共に、
  腐食や劣化に強い素材を用いることなどで、
  耐久年数をこれまでの50年から100年は安全に使えるように
  精度を向上させています。

  また、点検の時に目視とハンマーで叩いて確認する以外に、
  赤外線を当てて表面の温度差から剥離や傷を把握する、
  低コストの点検技術も進んでいます。

  洪水や火災のたびに再建されていた木製の橋から、
  鉄とコンクリートで造られた橋に替わった頃、
  その耐久性から「永久橋」と呼ばれていたそうです。

  橋も道路もトンネルも永久耐用ではありませんが、
  点検と修繕を重ねながら、永久に安全をつなぐ
  交通インフラを目指して欲しいものです。

  (アルフィックス日報)

水に変わっちゃう?

  ●水に変わっちゃう?
====================================

  いよいよ本格的な花粉シーズンの到来です。

  今年の花粉の飛散量ですが、多い地域では昨年の4倍になるという
  悲惨な数字が発表されています。

  昨年猛暑だった西日本は、雄花の成長が活発になって多く育ったため、
  特に京阪神などでは4年ぶりの大量飛散になる恐れがあるとされています。

  最近では、花粉症の発症時期の低年齢化が進み、
  大人だけでなく子供の間でも広がっています。

  1度発症するとなかなか治らず、放置すると悪化していきます。

  防御策として、マスクや眼鏡をかけるのが一般的な方法ではありますが、
  今までと全く違った発想のマスクが新発売されたのはご存知でしょうか。

  その名も、「花粉を水に変えるマスク」です。

  感染症やアレルギー疾患治療薬開発を専門とする創薬会社、DR.C医薬が、
  花粉・細菌・ウィルス・ダニ抗原といったタンパク質を分解し
  水と二酸化炭素に変える「ハイドロ銀チタン」という新技術を開発しました。

  この技術を利用したのが「花粉を水に変えるマスク」です。

  水に変える?どういうこと?と思われた方も多いのではないでしょうか。

  このマスクは4層構造になっていて、不織布・高密度フィルター・ハイドロ銀
  チタンフィルター・不織布の順番に重なっています。

  マスクに付着した花粉を2、3時間かけて水に分解し、
  吸い込む花粉の量を減らすという仕組みです。

  付け心地は市販の他のマスクと変わりなく、呼吸もしやすいそうです。

  3月1日より全国の小売店等で販売開始されたところで、5枚入り648円です。

  また、このハイドロ銀チタンを使用したタオルも先行して販売されています。

  価格は通常のタオルの2倍近くしますが、
  外に干して花粉が付いても水に分解されるので花粉が残らなく、
  帰宅時に服についた花粉を拭き取ることや、
  枕に巻けば花粉やダニの死骸を水に変えてくれます。

  同社の実験結果で洗濯を50回以上しても効果は持続すると証明されています。

  さらに、スポーツ用品のミズノや紳士服のはるやま等の企業も
  このハイドロ銀チタンに注目しています。

  花粉以外に、人間の汗や皮脂等のタンパク質も分解するため、消臭効果もあります。

  この技術を様々なところに応用することで、身の回りの清潔を保つ事ができますし、
  アレルギーの発症を遅らせる事や、病気を未然に防ぐこともできるかもしれません。

  筆者は花粉症で、このマスクを購入するためドラッグストアを3店舗周りましたが
  見つけられませんでした。直接DR.C医薬に問い合わせてみると、
  マスクは全国のタオル美術館の店舗か、
  オンライン通販で販売しているとのことでした。

  近々、タオル美術館に足を運んでみようと思います。

  (アルフィックス日報)

これからの世界遺産

  ●これからの世界遺産
====================================

  新たな世界文化遺産に登録されると大きな話題となった
  国立西洋美術館ですが、7月15、16日の二日間に渡って、
  いよいよ世界遺産登録に向けた審議が始まります。
 
  しかし、現在の世界遺産登録に関しては多くの課題を抱えています。

  その中でもとりわけ大きな課題となっていることは
  「運営費用が少ない」ということです。

  これは登録審査を行なっている機関である
  「イコモス(国際記念物遺跡会議)」の内情です。

  この運営費用は会員一人当たり年間に約1万円を徴収し、
  その約半分を本部のあるフランスに送り、保全維持や登録審査、
  そして6年に一度行なわれるモニタリング
  (既存の登録された世界遺産に対して審査を行い、
  今後の維持が困難だと認定されれば危機遺産リストに登録する)
  といった活動に当てられています。

  会員は現在約1万人ですので、年間予算は5000万円ということになりますが、
  全世界という規模において将来的に登録数、保全数が増えることを考慮すると、
  あまりに心細い資金状況だということがわかります。

  実際、審査に派遣されている方によると
  ボランティアに近い形での視察を行なっているという話もあり、
  登録は年々困難となっています。

  年間で調査可能なのは50件前後と言われていますが、
  その申請数は150件にのぼります。

  そのため、世界遺産申請は
  有形文化遺産(屋久島や富士山)と無形文化遺産(歌舞伎や人形浄瑠璃)を
  2年間で一件ずつしか出来なくなりました。

  また、登録数の多い国に対しては、
  登録申請そのものの辞退が迫られるようになっています。

  世界で191カ国が加盟していますが、日本の登録順位は世界で11位、
  アジア圏内で3位という立場であることを考慮すると
  今後の登録は、ますます困難になると言えます。

  そんな中、先月、英国EU離脱が起こりましたが、
  登録に関わる役員にはヨーロッパ圏出身の人も多いため、
  今後会員に影響が無いとは限りません。

  そうなると人手不足となるだけでなく、
  今以上の資金不足に陥る可能も考えられます。

  世界遺産登録によって観光客が増加するという
  ビジネス的側面を持つようになった現在、
  学術的な議論だけでは済まなくなり、
  政治的側面も関与するようになりました。

  今後も歴史的に価値のある世界遺産を残すためにも、
  世界経済の安定が一層求められるようになると思われます。

  (アルフィックス日報)

パリ協定

 ●パリ協定
====================================

   1928年の第一次世界大戦後やベトナム戦争終結の際など、
  歴史上パリ協定はいくつもありましたが12月13日に新たなパリ協定が生まれました。

  このパリ協定は地球温暖化対策の国際枠組みで、パリで開催されていた
  国連機構変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)にて採択され、
  最も注目なのが196の全ての国が参加したことです。

  環境に関する枠組みは18年前の京都議定書以来の事で、
  温室効果ガスの削減などに取り組んでいきます。

  このパリ協定により各国の政府は世界の平均気温の上昇を
  産業革命前から2度未満に抑える「2度目標」と共に、
  さらに島国が求めていた「1.5度」を目指して努力することを掲げました。

  海抜が低い島国の場合、この1.5度という気温上昇が海面の上昇により
  国土も生活も危機にさらされるポイントになり島国にとっては譲れない基準でした。

  しかし世界の平均気温は既に1度以上上昇しており、
  また現在各国が検討している排出量の削減計画を実施しても
  今世紀末にはおよそ3度上昇すると専門家は見ています。

  ですが温室効果ガスの削減目標は国連に提出し
  国内対策を行うことは義務付けられ、また2023年から5年ごとに
  削減目標や進捗率などを見直し目標を高くしていく制度も
  設けられる予定ですので今後の動きに注目です。

  専門家によると、実際に1.5度の上昇幅に抑えるためには
  石炭・石油・ガスなどの化石燃料による二酸化炭素の排出量を
  2050年までにゼロにしなければならず、パリ協定の義務はこれよりも軽い為、
  削減の動きだけではなく代替エネルギーなど技術革新にも期待が寄せられます。

  2週間を超える会議の中で最大の焦点となったのが途上国の資金支援ですが、
  支援を受ける途上国と支援をする発展国で激しく対立し、結果として、
  協定とは切り離す形で法的拘束力は無く現在は2025年までに
  最低年間1000億ドルの拠出額の目標が設定されています。

  こちらは2015年までに上積みされた具体額が決められるようですが、
  今回はっきりと決まらなかった事を見るにこれからも難航するかもしれません。

  全ての国家が参加したパリ協定はスタートを切ったばかりで
  前途多難ではありますが、決まった時の国家・人種を超えて喜び合っていた
  映像を見ると環境のみならず、平和への一歩を感じさせてくれました。

  テロなど不安なニュースの多かった近年ですが、国家・人種・分野を超えた協力が
  世界平和を実現してくれるのかもしれません。

  (アルフィックス日報)

圏外を買う

 ●圏外を買う
====================================

  ITの進化やスマホの普及でSNS、Twitter等、デジタル空間でいつでも、
  どこでも繋がれるようになり、日々便利な生活を送っています。

  しかし、そういった環境に疲れを感じ「デジタル・デトックス」を目的に
  圏外の土地や離島へ旅行に行く人々が増えてきています。

   「デジタル・デトックス」とは、デジタル機器に全く触れない生活を
  数日間過ごすことで依存度を低めようとする試みです。

  スマホ、ネット依存に陥り、日常生活や心身に支障をきたす人が
  増えており、日本も例外ではありません。
  
  ある調査では、1日7時間以上もネットを利用しているという人もおり、
  スマホ利用者の約8割の人は自身がスマホ依存であることを自覚しています。

  最近では会話中や食事中にもネットを見ている人も少なくありません。

  今年の冬にはスマホからのネット利用がPCを上回ると言われており、
  ネット利用時間や依存度も増えていく可能性は高いです。

  そこで、この依存傾向を改善するため、あえてデジタル環境から
  距離をおく「デジタル・デトックス」に注目が集まっているのです。

   今ではどこに行っても大体の場所で携帯電話の電波は繋がります。

  そのため最近では、あえて電波の届かない田舎や離島といった
  圏外へ旅行に行くことが増えているようです。

  世界的に見ても意識的に繋がらない状況を人々が求める傾向に
  なってきているようで、海外ではデジタル機器の使用を禁止した
  3泊4日のツアーが企画され、約300人の人々が参加しました。

  また、PCやスマホをフロントに預け、代わりにヨガやボードゲーム等の
  娯楽を楽しむ「デジタルデトックスプラン(1泊2万3000円~)」を提供する
  ホテルやリゾートも登場しています。

  これまで電波の届かない場所を嫌っていましたが、
  今では「圏外」を求め、お金やコストをかけるようになりました。

  今や「圏外を買う」時代になってきているのです。

  ネット環境への過度の依存は中毒と変わりありません。

  放っておくと精神的なストレスを抱え、
  悪化させるとうつ状態になることもあるので、
  「デジタル・デトックス」は必要なものとなっていきます。

  つい先日には、「オフライン・チェア」という
  電波を遮断する椅子が製作されました。

  現在は非売品ですが、こういった商品としての
  「デジタル・デトックス」が今後増えていくことでしょう。

  「デジタル・デトックス」が1つのビジネスの形を取る日も近いのかもしれません。

  (アルフィックス日報)

ギャラリー
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 成田から横浜
  • 成田から横浜
  • 成田から横浜
  • 成田から横浜
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック