気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

その他環境問題

秋バテ注意報

 ○秋バテ注意報
 
  10月に入り、すっかり涼しい気候になりました。
 
  例年通りの猛暑が続いた今夏でしたが、夏
  バテになった人も例年通り多かったのではないでしょうか。
 
  ところが、今年は秋バテにも注意が必要のようです。
 
  秋バテとは、簡単に言えば夏バテの状態が長引くことを指しますが、
  夏バテをしなかったという人も秋バテには注意が必要です。

  この秋バテですが、涼しくなりはじめた初秋の頃に症状が表われます。
 
  主な要因は、自律神経の乱れによるものです。
 
  冷えた食物や飲物を摂る夏特有の食生活を続けていると、
  身体の冷えた状態が続き、それが自律神経の乱れを引き起こします。
 
  また、日中から夜にかけて寒暖の差が激しくなることも、
  自律神経の乱れを引き起こします。
 
  しかも今夏は、特に不安定な気候の影響から、高気圧と低気圧の
  移り変わりに身体が対応できていない可能性が高く、
  秋バテになりやすい年とされています。
 
  そもそも、自律神経は気圧の影響を受けやすく、特に近年の
  天候不順に人体が順応できなくなっていると考えられています。
 
  しかも、この自律神経の乱れは、自覚症状がないままに
  進むことが多いので注意が必要です。

  秋バテの具体的な症状としては、
  ①身体のだるさ
  ②疲れやすい
  ③食欲がない
  ④胸やけや胃もたれ
  ⑤肩こりや頭痛
  ⑥無気力
  ⑦なかなか眠れない
  ⑧目まいや立ちくらみがするなどです。
 
  この内で3つ以上当てはまっていれば、秋バテの可能性が高いようです。
 
  秋バテの対策、解消法としては、まず自律神経を
  正常に戻すことが必要になります。
 
  ぬるめのお湯にゆっくり浸かったり、運動をしたりして、
  身体を温めることが大切です。
 
  また、食生活では、秋に旬を迎える根菜類やキノコ、
  果物を食べることで、身体を温める糖質、
  疲労回復に効果があるビタミンBやビタミンCを多く摂取でき、
  秋バテの解消には最適です。
 
  秋バテは放っておくと、自律神経の乱れが免疫や代謝に
  大きな影響を与えるため、感染症や心筋梗塞、脳梗塞などの
  病気につながる可能性もあるので侮ってはいけません。
 
  それでも、秋といえば、食欲の秋やスポーツの秋、行楽の秋、
  芸術の秋など、秋は日本の四季の中で最も楽しめる時期です。
 
  ここでなぞ掛けを1つ、
  「秋とかけましてお酒を飲んだ時の気分と解きます。」
  「その心は、どちらもコウヨウします。」
  秋バテを解消してすばらしい秋を満喫したいですね。
 
  (アルフィックス日報)

地上資源を循環利用が重要/植林するだけでは不十分

地上資源を循環利用が重要/植林するだけでは不十分

  地球環境が危機的な状況となった今、地下資源の利用から、
  地上資源の利用へ移行することが重要です。
 
  地上資源を循環的に使うことできれば、二酸化炭素も循環するだけで、
  大気中の二酸化炭素は増えないからです(カーボン・ニュートラル)。
 
  特に森林資源は、資材だけでなく、バイオマスエネルギー(燃料)として
  利用しても、地球環境を汚さないため「エコマテリアル」と呼ばれています。
 
  最近のエコロジーの風潮で、「生物多様性を保全しましょう」、
  「荒れた森林を回復しましょう」、「里山を守りましょう」などの
  掛け声にが後押して、多くの人たちは、木を植えます。
 
  企業や団体も、環境貢献活動として木を植えます。
 
  環境を守ろうとする人々の一途な姿は素敵だと思います。
 
  環境貢献活動をしている企業に対しても好印象を持ちます。
 
  しかし、今の日本は、かつてないほど緑が豊かな国になりました。
 
  木を植えるだけでは、今どきの環境改善対策としては不十分です。
 
  地上資源を積極的にかつ循環的に利用しない限りは、
  地下資源の使用量は減らないからです。
 
  循環利用できる資源(=持続可能な資源)である木の価値を
  多くの方に知ってもらうこと、
  そして、スギやヒノキなど循環利用しやすい木を植えて、
  積極的に循環利用することが重要なのです。
 
  自然と人間が共生し、かつ環境を保護していくためには、
  木を植えて緑化したり、自然の植生に戻すだけでは、不十分で、
  もう一歩進めなければならない時代になったのです。
 
  (木づかい友の会通信)

かつて日本人は最大限に木を使ってきた

かつて日本人は最大限に木を使ってきた

  私たちの祖先は、縄文・弥生時代から木や土、石などの地上の資源を使って、
  社会生活を営み、文化を築いてきました。
 
  中でも身近に入手できる木材は、軽くて丈夫であり、加工しやすいため、
  住居、道具、日用品、船、神社仏閣、城郭、橋等の建造物、
  そのほか数え切れないほど多くの用途に利用されてきました。
 
http://www.jawic.or.jp/kidukai/tomonokai/mail_magazine/087_140829/img/00.jpg
  江戸時代後期の「木挽」たちの仕事姿
  葛飾北斎『富嶽三十六景』の「遠江山中」1830年頃
  WIKIMEDIA COMMONS
 
  日本では、室町時代の頃からの技術革新とともに産業が発達し、
  森林資源が盛んに使われるようになり、安土桃山時代から、
  江戸時代にかけて、大量に使われました。
 
  当時は、森林の再生能力を超えた伐採が行われ、森林は荒廃。
 
  いわゆる「はげ山」が目立つようになり、
  鬱蒼とした森がほとんど見られなくなったといわれています。
 
  このため、人々は使い過ぎないように、制度や規制(※1)などを設けるとともに、
  スギやヒノキ、クヌギやコナラなど、特に使いやすく、有用な木を
  植えてして資源を補ってきました。
 
  江戸時代には、森林を一度に伐り尽くすのではなく、その再生能力に応じて
  持続的に木材等の生産物を得ていこうとする考え方で
  森林が管理されるようになっていきました(※2)
 
  ※1:入会(いりあい)や留山(とめやま)、留木(とめき)などの制度や規制
  ※2:番山(ばんやま)や順伐山(じゅんぎりやま)
 
  明治時代に入ると、本格的な森林復旧が始まりますが、その後、
  戦時中の乱伐等により、再び森林が荒廃。
 
  さらに、戦後の拡大造林政策等により、今や、
  有史以来最高の森林率を誇る緑豊かな国となりました。
 
  日本人の木づかいの歴史の中で、注目すべき利用方法は、
  燃料としての利用といえるでしょう。
 
  人類が火を使うようになってから、昭和30年代までは、
  木材に匹敵する燃料が他になかったため、
  木材は燃料として大量に使われていました。
 
  特に、製鉄や製塩、陶磁器を製作する窯業などにも木材は
  燃料として欠かすことのできない存在でした。
 
  また、日常の生活でも、炊事や暖房用の燃料は、
  木炭や薪などが主要なエネルギー源でした。
 

地下資源の使用とともに、木を使わなくなった。

  昭和30年代に燃料革命が起こり、日本でも、木質燃料(地上資源)から
  石油、石炭などの化石燃料(地下資源)を使い始めるようになります。
 
  しかし、化石燃料の急速な消費により、大気中の二酸化炭素濃度が高まり、
  地球温暖化をもたらしています。
 
  化石燃料に含まれる二酸化炭素のルーツは、
  地球が誕生してまもなくの原始大気です。
 
  原始の地球の大気中には二酸化炭素が大量にあり、
  地上は生物が生育できる環境ではありませんでした。
 
  46億年もの地球の進化の歴史の中で、
  緑色植物の光合成などの生命活動により、大気中の二酸化炭素が吸収され、
  地下に封じ込められたものが地下資源(石油や石炭)です。
 
  地球の進化は、大気中の二酸化炭素を減らす方向に進んできたのです。
 
  同時に大気中の酸素が増え、オゾン層
  (=地球を有害な紫外線などから守るバリア)が形成され、
  地上に生命が進出できる環境が整えられました。
 
  ※原始の地球の姿は、今の金星のようだったといわれています。
  金星の大気のほとんどは、二酸化炭素です。
  平均気温は500度にも達します。
  ただし、上空の大気は、気圧と温度は地球とほとんど同じで、
  金星の大気のこの層は、太陽系の中では最も地球と
  似ている環境といわれています。
  そのため、この層に植民を行おうという声もあるようです(参考:wikipedia)。
 
  6000年前頃から人類は文明を持つようになり、
  18世紀半ば頃から始まった産業革命以降のわずか数百年の間に
  化石燃料を掘り出し、燃やして、大気中に二酸化炭素を放出するようになりました。
 
  これは、(上記の理由から)地球の進化の方向に逆行しているといわれています。
 
  人類の生産活動による二酸化炭素の排出により、大気の組成バランスが崩れ、
  世界各地に極端な気象現象をもらしています。
 
  今年4月のIPCCの第5次報告書によれば、
  人間が社会活動を営むことができる大気中への炭素の放出量の上限は
  820炭素トンであり、産業革命以降、現在までに515炭素トンを放出しています。
 
  現在ペース(10炭素トン/年)で放出すると、30年の余裕しかありません。
 
  つまり、何も対策を行わなかった場合は、30年後には、炭素を放出することは
  一切、許されなくなり、経済的にも重大な影響を及ぼすといわれています。
 
  その場合、人間の社会、人間の生活も進化と逆方向へ
  向わざるをえなくなる可能性が考えられます。
  
  (木づかい友の会通信)
  

映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」

映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」

 
  今年5月、林業をモチーフとした映画
  「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」が上映されました。
 
  劇場でご覧になられた方もいらっしゃると思います。
 
  当映画で主人公が参加する林業研修プログラムは
  「緑の雇用」がモデルになっています。
 
  コメディ色の強い映画でしたが、林業の仕事の厳しさや
  山村地域の文化などを教えてくれる内容だったと思います。
  日本の林業は、「3K(キツイ・キタナイ・キケン)」で象徴されるように、
  山地の急峻な斜面で行われるため、
  職業別カロリー消費量も断トツ1位の大変な体力仕事(※)です。
 
  また、一般の農作物とは違い、自分の仕事の成果はすぐに出ることはなく、
  今、伐り出していいる木は自分たちの祖先が植えたもの。
 
  つまり、今、植えた木を収穫するのは自分たちの子孫であり、
  今の仕事の結果を評価するのは、まだ見ぬ自分たちの子孫です。
 
  ※CalorieLab.comの調査
  (1位:林業1088kcal/h、2位:消防士748kcal/h…20位:タイピスト34kcal/hなど)
 
  映画「WOOD JOB」では「林業は未来につなげる仕事/未来をつくる仕事」
  であることを表現しています。
 
  そのような意味で、林業に「カッコイイ!」の「K」を加えてもいいかも知れませんね。
 
  林業の若者率が増えた社会的背景には、若者の豊かさの価値観が、
  物質的なものから、精神的なものへ転換してきたことも挙げられています。
 
  「キツイ・帰れない・給料安い」とは、都市のサラリーマンを表現する「3K」です。
 
  そんなサラリーマンが林業へ転身し、家族との時間が増えたことや
  生活リズムが一定してきたこと、やりがいを感じることができたなどで、
  精神的にも解放され、健康的な生活ができるようになった
  というような声もしばしば聞きます。
 
  林業の3Kは、古来より人間が経験しているものであり、
  人間らしい生活を取り戻すためには、むしろ歓迎すべきものなのかも知れません。
 
  奈良県川上村で林業に従事されている杉本充さんは、
  「林業の3K。きつい・汚い・危険。そんなのがまだ7つも8つもあるんですよ。
  しんどいし、息の長い仕事やけど、やりがいのある仕事やで。
  どんなに苦しい事があっても、そこにいい所を見出して目標にしたらええ。」
  といいます。
 
  近年、林業の現場にも女性の活動が見受けられるようになりました。
 
  重機を用いた林道の開設、チェーンソーによる伐採作業、シカ等の狩猟など、
  女性が進出する例が見られます。
 
  また、リースやつる細工等の木工品の制作・販売など、
  女性ならではのアイディアや視線を活かした活動も見られます。
 
  女性たちの中には、癒やしや田舎暮らしのあこがれではなく、
  森の将来性を見出し、就職先に「森」を選ぶ女性たちも少なくないようです。
 
  (木づかい友の会通信)

経営難の中、若年者率が上昇!林業の仕事と林業に潜む力

経営難の中、若年者率が上昇!林業の仕事と林業に潜む力

  林業といえば、すっかり古い産業というイメージを持たれがちですが、
  かっては多くの山村地域の基幹産業でした。
 
  都市にお住まいの方にとっては、「林業」と聞いても今一歩、
  ピンとこないの方もいらっしゃると思います。
 
  しばしば3K(キツイ・キタナイ・キケン)で表現されることがあり、
  何か近寄りがたいイメージをお持ちの方も少なくないと思います。
 
  しかし、最近、テレビのニュースや特集などで「林業」がピックアップされたり、
  映画やドラマなどでも「林業」をモチーフにしたものを見かけるようになりました。
 
  また、女性の活動も見られるようになりました。
 
  林業は、再び脚光を浴びつつあるようです。
 
  日本では、新規に林業に就業する人も少なく、
  おもに先祖代々の家業である人たちが、受け継いで従事してます。
 
  しかし、現状では、林業生産活動の停滞などにより経営は厳しく、
  林業の若者離れが進むとともに、就業者の高齢化が進んでおり、
  担い手不足と若者を中心とした新規就業者の確保と育成が、
  大きな課題となっています。
 
  しかし、ここ10年間で林業の改善の兆しが見えてきました。
 
  林業就業者数の下降傾向に歯止めがかかり、林業の新規就業者数が増大、
  若年者率が上昇傾向に転じたのです。
 
  低迷していた林業もようやく光が見えてきたようです。
 
http://www.jawic.or.jp/kidukai/tomonokai/mail_magazine/086_140716/img/00.png
 
  その大きな役割を果たしているのは、林野庁が行っている「緑の雇用」。
 
  林業の新たな担い手の確保と育成を目的として行われている人材育成事業です。
 
  「緑の雇用」では、林業に興味・意欲を持ち、
  新たに林業で働きたいという人たち(未経験者)を対象に、
  林業に必要な知識や技術の習得の支援が行われています。
 
  「緑の雇用」は、平成15年度から実施しており、
  初年度よりその効果が顕著に現れています。
 
http://www.jawic.or.jp/kidukai/tomonokai/mail_magazine/086_140716/img/01.png
資料:森林・林業白書/平成26年度版
 
  林業の新規就業者数は、平成15年度より顕著に増加し、緑の雇用により、
  現在でも全体の3分の1程度の新規就業者を毎年確保しています。
 
  現在の林業就業者数は約5万人(※)です。
 
  日本の林業を維持するための必要最小限の人数です。
 
  現役の高齢者が引退する中で、今後は今の水準以上に新規就業者を確保しないと、
  日本の林業の維持が難しくなると言われています。
 
  ※昭和40年には約26万人の林業就業者がいました。
 
  (木づかい友の会通信)
ギャラリー
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック