気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

その他祝日、記念日、年中行事

建国記念の日

 ●建国記念の日
====================================

  2月11日は「建国記念の日」です。

  本来は「建国をしのび、国を愛する心を養う」という日本国民にとって、
  とても大切な日にあたります。

  現在は単なる休日の1つとしてしか認識されていませんが、
  「建国記念の日」の元になった紀元節が制定されていた戦前の頃は
  全国各地の神社でお祭りやお祝いが行われていたそうです。

  しかし、戦後のGHQの意向により廃止され、
  同時に建国を祝う文化も無くなりました。

  その後、1951年頃から復活を望む声があり、
  当時のアンケートでは国民の過半数を占める80%もの人が
  「建国を記念する日」を求めたことで制定に至りました。

  ただ1つ、建国を祝う文化までは一緒に復活することはありませんでした。

   そもそも紀元節は神武天皇が紀元前7世紀に即位した日であり、
  その根拠も8世紀ごろの書物の古事記や日本書紀を由来とし、
  歴史学上では神話の出来事で実在しないとされています。

  ゆえに、紀元節を建国記念日として復活させるとなった時、
  曖昧なものを根拠に建国記念日を定められないなど多くの議論がなされ
  15年もの時間を要し、その結果、建国された日ではなく、
  建国された事を記念する「建国記念の日」となりました。

  その議論や時間の流れの中で建国を祝う文化が失われました。

  海外の建国記念日に目を向けてみますと、
  同様のものは一般的にナショナルデー=国民の日として認識され、
  日本とは反対に盛大に祝う事が多いようです。

  例えばお隣の中国では毛沢東が建国宣言をした10月1日を
  国慶節として定めていますが、1週間の大型連休をとっています。

  また、アメリカでは独立記念日に
  各地でパレードや特売セールなどが盛大に開かれ、
  打ち上げ花火で締めくくるという何とも楽しそうなイベントが行われ、
  なんと独立した翌年の1777年から200年以上も続いています。

  日本では「建国記念の日」よりもクリスマスなどの海外文化のほうが
  盛り上がっていますが、日本は昔から土着の神道と外来の仏教を混ぜたり、
  ラーメンを訪日中国人が食べに来るほど美味しくしたりと、
  新しいものを吸収し日本独自のものに昇華してきました。

  その一方で日本従来のものを尊重するという空気が薄れているように思えます。

  今日は「建国記念の日」。

  今一度日本の文化や歴史という日本従来のものに触れることで国を愛する心を養う、
  そのきっかけになって欲しいですね。

  (アルフィックス日報)

七種の日 

 ●七種の日 
====================================

  本日1月7日は「七草の日」です。人日の節句の朝に、
  7種類の野菜が入ったお粥を食べる風習のことで、
  元々「七草」と書いた場合は「秋の七草」を指し、
  正月のものを「七種」と書くそうです。

  一年の無病息災を願って食べられていますが、実際には、
  お正月の暴飲暴食で弱った胃腸を回復させたり、
  野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補ったりする
  意味合いが強いそうです。

  おせち料理などは、比較的日持ちの良い食品が使われていますが、
  2~3日経つとやはり食材は傷んでくるので、
  その解毒作用として七種粥を食べる風習があります。

  また、一般的には1月7日に食べられますが、
  1月15日、16日、2月7日に食べる地域もあるそうです。

  そんな七草ですが、発祥は古来中国にあります。

  正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、
  4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、
  それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。

  そして7日目を人の日(人日)とし、
  犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていたそうです。

  この日に7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、
  これが日本に伝わって七種粥となったそうです。

  現在の七草にはそれぞれの意図があります。
  ①芹(せり:水辺の山菜で香りがよく、食欲を増進)
  ②薺(なずな:江戸時代に人気のあった食材)
  ③御形(ごぎょう:風邪予防や解熱に効果がある)
  ④繁縷(はこべら:ビタミンAが豊富)
  ⑤仏の座(ほとけのざ:食物繊維が豊富)
  ⑥菘(すずな:ビタミンが豊富)
  ⑦蘿蔔(すずしろ:消化を助け、風邪の予防にもなる)とあり、
  この7種類の野菜を刻んでお粥入れたものが「七種粥」と呼ばれています。

  ちなみに、白米だけのお粥に七草を入れるだけでなく、
  餡子やお餅を入れる地方もあります。

  気候風土の関係で七草が揃わない場所では、ゴボウやにんじん、
  ありあわせの青菜を入れて代用する場合もあります。

  お粥だけでなく、雑炊や、和え物、おひたし、汁物といった
  調理法で食べる地域も多く、単純に七種粥と言っても
  多種多様な楽しみ方があります。

  しかし、そんな七種粥は種類が多くとも、
  意図するところは同じではないでしょうか。

  疲れた胃腸を整えて、健康に、そして幸福に。

  今年一年が、素晴らしい年になればと思います。

  (アルフィックス日報)

国民の連休   

 ●国民の連休            
====================================
  5連休は如何お過ごしでしたでしょうか。

  土、日、敬老の日、国民の休日、秋分の日と続き
  シルバーウィークと呼ばれましたが、国民の休日とは一体何の日なのか、
  ご存じない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

  実はこの9月の国民の休日は、2009年以来6年ぶりの登場なのです。

  国民の休日とは、元々は5月上旬における飛び石連休の
  解消・改善を望む当時の世論に応える形で
  1985年12月27日に祝日法が改正され、
  祝日に挟まれた平日を休日として定められたものです。

  しかし、2007年に祝日法の改正が施行され、
  4月29日は昭和の日に、5月4日はみどりの日にそれぞれ改められ
  正式に祝日に昇格したことにより、
  国民の休日が誕生する経緯となった5月4日が国民の休日になったのは、
  2006年が最後となりました。

  その間、2003年以降のハッピーマンデー制度により、
  敬老の日が9月15日から9月第三月曜日に変更され、
  9月に第二の国民の休日が登場するようになりました。

  連休の飛び石と言えば、
  フランスでは祝日が火・木曜日など週末前後にあたる場合は、
  週末と祝日に挟まれた平日を休みにして連休をとる
  「Pont ポン=休日と休日に橋を掛ける」という習慣があり、
  家族揃って旅行に出かけたり、
  レストランや企業も休業となったりすることもあるようです。

  また、オーストラリアでは州によって祝日の日数が違います。

  2015年度で見ますと、サウスオーストラリア州では10日、
  オーストラリア首都特別地域では13日と3日間の差があります。

  このように海外では祝日に対する考え方が
  日本とは違って柔軟なように思われます。

  大型連休は楽しみではありますが、
  日本のように一斉に横並びで休みを取るのは、
  観光地などの混雑の影響によるサービスの低下や、
  そこでしか休みが取れない為予定を詰め込み過ぎることにより
  かえって疲れてしまうなどの弊害があります。

  次のシルバーウィークが見込まれるのは2026年とされています。

  それまでに休日に対する考え方が見直され、
  休みの取り方を個人個人が自由に決めることが出来、
  仕事とプライベートを上手く両立出来るような社会を目指し、
  国民の休日という休みが、本当の意味での休日となっていって欲しいものです。

  (アルフィックス日報)

常盤小学校卒業式

3月20日  常盤小学校卒業式

イメージ 1

平成26年度第37回
常盤小学校卒業証書授与式に
今年も招待され出席してきました。

イメージ 2

今年の卒業生は、
男子40名、女子35名、計75名で
子供たちのころと比べると
随分少なくなりました。

PTA会長の祝辞の中で、
「自分も常盤小学校を卒業しました。」
という言葉が印象的でした。

また卒後式に招待された校区の役員の中に
かってPTAで働いた
お母さん方が何人か入っていたり、
校長先生がかつて少年野球で
一緒だった父親であったりと
時代の流れを感じました。

そしてこの常盤小学校に
今年孫が入学します。


宇部フロンティア大学付属中学校 同窓会

11月22日  宇部フロンティア大学付属中学校 同窓会
 
イメージ 1
 
宇部フロンティア大学付属中学校の同窓会が
国際ホテル宇部で行われ、
出席してきました。
 
イメージ 2
 
一昨年まで、毎年行われていた
中学校の同窓会でしたが、
今回は2年ぶりの開催となりました。
 
イメージ 3
 
前回は、学校創立50周年も兼ねていたため、
盛大に行われ、
自分たち7期生が担当で、
多くの同級生たちが集まりましたが、
 
イメージ 4
 
今回は、数名しか
出席がありませんでした。
 
イメージ 5
 
同窓会は、余興や、
 
イメージ 6
 
恒例の抽選会などで、
結構盛り上がっていました。
 
イメージ 7
 
7回目にして、
初めて抽選に当たりました。
 
イメージ 8
 
中身は、おかきでしたが
少し嬉しい同窓会となりました。
 
イメージ 9
 
最後に、お決まりの
校歌斉唱をして、
楽しかった同窓会が終了しました。
 
イメージ 10
 
今年の担当の8期生と、
来賓の旧教員との記念写真。
 
次回は、また2年後の予定です。
 
 
 
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック