気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

その他自然科学

研究者の悲鳴

  ●研究者の悲鳴
====================================

  10月上旬に今年のノーベル賞受賞者が発表されました。

  日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏受賞が話題となりましたが、
  ここ数年必ず日本人が受賞していた自然科学部門では
  今回日本人の名前はありませんでした。

  この結果をたまたまだと言ってしまえばそれまでですが、
  携わる研究者達の経済的背景にまで視野を拡げると
  「今後日本からノーベル受賞者は出ない」という可能性すら見えてきます。

  「ご支援のお願い」・・・。京大iPS細胞研究所所長で
  ノーベル賞受賞者でもある山中伸弥氏が研究所HP上で
  そう訴えていたことが先日メディアでも取り上げられました。

  山中氏によると「iPS細胞実用化までの長い道のりを走る弊所の
  教職員は9割以上が非正規雇用です。

  これは、研究所の財源のほとんどが期限付きであることによるものです。」
  とのことで、昨今の企業でも顕著な「短期的業績の重視、非正規雇用の増加」
  がノーベル賞レベルの基礎研究においても傾向となっているのです。

  もちろん寄付により研究が支えられるのは美談ではありますが、
  変動する寄付金よりも長期安定財源の提供のほうが
  研究にも没頭できるというものです。

  では、その安定資金に関して現状はどうなっているのでしょうか。

  通常ノーベル賞を受賞するような研究は多くの場合、
  大学や研究所に身を置いた基礎研究であり、
  研究費は大学の研究資金や政府の補助金に頼ることになります。

  21世紀になってからの自然科学部門での日本人ノーベル賞受賞者は16人、
  その受賞時の平均年齢は68歳ですので、
  研究にもっとも没頭できる年代を30代から50代と考えると、
  大まかに1970年代から2000年代初頭あたりの研究が実った、
  というのが実情でしょう。

  当時はバブルをはさんだ時期で、大学に余裕があったと考えられますし、
  現在ほど短期的成果への偏重もなく、比較的研究資金が
  長期にわたって安定的に供給されていたと思われます。

  政府の取組としては、文科省が発表する資料である
  「科学技術関係予算等に関する資料」によれば、
  政府負担研究費割合は1980年から右肩下がりでしかも先進国最低水準、
  基礎研究費割合は低い水準で横ばい、となっています。

  これらを総合すると、今までのノーベル賞受賞者の研究最盛期に整っていた
  環境が、バブル崩壊と共に壊れ始め、それにもかかわらず政府の補助金は
  「財政問題」のせいで増えず、かてて加えてグローバリズムの跋扈により
  本来長期に根ざした環境が必要な基礎研究においても短期的成果が追及され、
  結果山中氏のような事態が発生している、ということではないでしょうか。

  資源が無い中で高い技術で発展してきた日本。

  その礎が崩壊する時が本当の危機なのかもしれません。

  (アルフィックス日報)

近い将来への警告

  ●近い将来への警告
 
  先日、死者が1300人を超え、今年2月から瞬く間に
  感染を拡大させてきているエボラ出血熱ですが、
  今のところ収まる気配は見られません。
 
  1976年にアフリカのスーダンで初めて発見され、
  その近くを流れるエボラ川の名を取って命名された感染症です。
 
  非常に感染力が強く、約1~3週間の潜伏期間を経て発症し、
  致死率は50~90%、治療法は対症療法しかないという現状です。

  エボラ出血熱のような致死率の高い感染症といえば、
  エイズを思い出す方も多いのではないでしょうか。
 
  エイズは、発症後の致死率が80%以上にもなりますが、
  根治はできないものの、現在では発症を抑える薬の開発によって、
  感染しても一生の内に発症しない例も増えています。
 
  これは、1981年に初めてエイズ患者が発見されてから、
  約30年の間で新薬の開発が進み、
  今では20種類以上の抗ウイルス剤が販売されているためです。
 
  ではなぜ、エイズ以前の1976年に発見されて
  (ウイルスが特定されて)いながら、
  エボラ出血熱の治療法や治療薬の開発が進んでいないのでしょうか。

   この理由を一言で言うなら、「コストに合わないため」です。
 
  近年の新薬開発には、数百億円もの資金が必要となることは常識で、
  そのコストのほとんどを製薬会社が負担します。
 
  稀に途中で開発中止になることもありますが、その際は巨額の資金が
  無駄になってしまうというリスクも内包しているのです。
 
  こうしたリスクがある中で、
  製薬会社が新薬の開発に着手するに当たって、
  最も重要視しているのが薬を使用する患者数です。
 
  エイズは、現在でも世界中で3500万人もの感染者・患者がいます。
 
  ところが、エボラ出血熱の患者数は1976年から現在まででも
  3000人に満たないのです。
 
  これでは、製薬会社各社が二の足を踏むのも頷けます。
 
  ところが、2013年度に世界中で使われた医療関連の
  研究開発費は23兆円で、
  そのほとんどが先進諸国向けとなっているのです。
 
  結局のところ、エボラ出血熱などの途上国で発生する感染症には
  予算が付かないのが現状なのです。

   今回のエボラ出血熱の大流行から、
  現代医療の実態と限界を少し垣間見ることができました。
 
  そして、エボラ出血熱のような感染症の今後を警告しているようにも感じました。
 
  今後、世界中の人の往来が今よりも容易に、
  そして増加することは想像に難くありません。
 
  そうした事を考えた時、いくら僻地で起きている伝染病や感染症でも、
  治療法や治療薬に積極的な資金援助を行なう必要性がありそうです。
 
  コストに合わないリスクよりも、コストに合うほどの患者数になることの
  リスクを考える時に来ているのかもしれません。
 
  (アルフィックス日報)

温暖化から寒冷化へ

 ●温暖化から寒冷化へ
  今冬の北半球は大寒波に見舞われています。
 
  その原因は、温暖化による北極海氷の縮小が
  その上空の低気圧の進路や配置を変化させるためと言われています。
  ところが昨年、減り続けている北極海氷の体積が
  前年より1.5倍になっていると欧州宇宙機関(ESA)の
  極域観測衛星「クライオサット」が観測しました。
 
  北極海氷は1980年代の2万立方キロの体積から
  2012年9月に体積6000立方キロという
  観測史上最小面積にまで縮小していました。
 
  それが昨年10月に9000立方キロまで回復していることが
  確認されたのです。
 
  宇宙航空研究開発機構(JAXA)の観測衛星「しずく」も
  同時期に北極海氷面積が拡大していることを観測しています。
 
  温暖化が警鐘される地球に今何が起こっているのでしょうか。

  海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究員によりますと、
  グリーンランド海の表面水温が昨年11月、
  平年値に比べて一気に2度以上も下がったと言います。
 
  これは1989年以来、最大の低下であり、
  今年の1月も続いているとのことです。
 
  北大西洋には、海面水温が約70年周期で35年ごとに
  上昇・下落を繰り返す「大西洋数十年規模振動」という現象が
  存在すると言われています。
 
  現在の温暖化は1980年ごろから、急速に進みましたが、
  1979年2月から3月にかけてグリーンランド海の表面水温が
  突然2度高くなる出来事がありました。
 
  この変化で周辺の大気の流れに影響が及び、
  温暖化への道が始まったのです。
 
  当時から数えて約35年、今秋も北極海氷が増えるようであれば、
  寒冷化に向けて私たちも意識を変えなければならないかもしれません。

  実は太陽にも変化が現れています。
 
  太陽は約11年周期で活動が活発な「極大期」と低調な「極小期」を繰り返し、
  そのたびに北と南の両極の磁場が入れ替わるという現象が起きます。
 
  しかし、国立天文台と理化学研究所などの観測によりますと、
  昨年春に起きるはずの“磁場の逆転”がみられず、
  太陽活動の低い状態が続いているとのことです。
 
  過去を振り返りますとこのような太陽の異変は
  数百年に1度ほど起こっており、同時期に平均気温が下がり、
  夏が来なくなるという現象が起こっていたという記録があります。
 
  地球の寒冷化との関連性はまだはっきりとは示されておりませんが、
  研究者の間では太陽の磁場活動の低下と
  気温低下との関連性が大きく注目されています。

  温暖化から寒冷化へ向かうからと言って、環境を破壊させる
  大規模な経済活動を続けても良いわけではありません。
 
  地球が大きく変化しようとしている中で
  私たちの生命維持活動のあり方もまた
  共に変化させてゆかなければならないかもしれません。
 
  (アルフィックス日報)

土に埋もれたビジネス

 ●土に埋もれたビジネス

  欧米を中心に広がってきたオーガニックは、
  環境や体のために化学肥料や農薬を使わず、
  より自然に近い形で農産物を育てる方法(=有機栽培)として
  人気を集めてきました。
 
  米国ではオーガニックブームをきっかけに、
  オーガニック食品を多く取り扱うスーパーマーケットが業績を伸ばし、
  日本でもオーガニックを謳った商品や専門店などが
  数多く見られるようになってきました。
 
  1、2世紀前までは当たり前に行われてきた栽培方法が
  現代になって見直され、再び世界的に定着しようとしています。

  そんなブームを背景に、近年、米国で注目を浴びているのが
  ミミズを使ったビジネスです。
 
  一口にミミズと言っても、種類によってはグラム当たりの値段が
  高級牛肉を上回るものもあり、
  ミミズの投資信託が作られる程に注目されています。
 
  その理由は、オーガニックで使用する堆肥に
  ミミズが欠かせないからです。
 
  「ミミズコンポスト」と呼ばれるミミズが入った特別な容器に
  生ゴミや家畜の糞などを入れておくと、
  これをミミズが食べて分解し良好な堆肥を作ってくれます。
 
  堆肥は化学肥料に比べて無害であるのはもちろんのこと、
  生ゴミの量を減らすこともでき、臭いも気にならないというから驚きです。

  ミミズコンポストで作った堆肥には、植物の成長を促進させる
  フミン酸類(ミミズの排泄物に含まれる)が豊富に含まれています。
 
  また、植物の病気を抑制する効果もあり、
  フザリウム菌、ピシウム菌、ハイカビといった
  植物病原菌の活動を抑える働きが分かっています。
 
  このような効果から、
  ミミズはオーガニックには欠かせない存在になっており、
  米国ではミミズ養殖業者の他、一般家庭でも飼育を手掛け、
  それをサイドビジネスとしている人も多いようです。

  この他にも、ミミズから血栓を溶かす酵素が発見され、
  健康食品やがん治療の研究に用いられています。
 
  ただ、日本ではオーガニックへの取り組みが世界に比べて遅れており、
  ミミズ市場もまだまだ小さなものとなっています。
 
  ミミズは遥か昔から地球上に生息し、
  地球の表層を耕すことで土壌を形成して、
  そのお陰で今の生態系があると言われています。
 
  著書『種の起源』で有名な自然科学者ダーウィンも
  ミミズを研究し続けていました。
 
  いつもは土の中で目立たない存在ですが、
  新たなビジネスのひとつとして、
  今後は日本でも注目される日がやってくるかもしれません。
  
  (あるる)

世界の救世主ユーグレナ

 ●世界の救世主ユーグレナ

  今を遡ること350年前、顕微鏡の発明者であるレーウェンフークが、
  ユーグレナを発見しました。
 
  この「美しい(eu)眼(glena)」の意を込められた生物は、
  日本ではミドリムシと呼ばれています。
 
  ユーグレナは、葉緑体を持っており光合成を行いますが植物ではなく、
  細胞を変形させて自ら動き回ることができる単細胞生物です。
 
  地球上で現在発見されている唯一の、動物と植物の中間的な微生物なのです。
 
  栄養の面でも動物と植物の両方の栄養素を、実に59種類もバランス良く
  兼ね備えているため未来の食材として注目されています。
 
  実際に、粉末状のユーグレナを混ぜて作った
  クッキーや、サプリメントが販売されています。

  ユーグレナは、体内に摂取した炭水化物やたんぱく質、糖質などの
  エネルギー変換を助けてくれる栄養素であるビタミンB群を多く含みます。
 
  皮膚や粘膜の健康維持を助けたり、細胞の生成に必要な亜鉛、
  魚の眼に含まれる不飽和脂肪酸(DHAやEPA)も備えています。
 
  体外から摂取しなければならない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸と言いますが、
  ユーグレナはこの必須アミノ酸もバランス良く含んでいます。
 
  更に、乳酸菌との相性が良いことでも評価されており、
  乳酸菌の活性化を促す効果があるという研究結果が報告されています。
 
  ユーグレナは、水、二酸化炭素、光だけで人間に必要な栄養素のほぼ全てを
  作り出すと言っても過言ではない、とても優れた生物なのです。

  また、注目すべき点は、ユーグレナは植物が持っている細胞壁を持たず、
  細胞が細胞膜で構成されているという点です。
 
  と言うのも、人間は細胞壁を分解するセルラーゼという成分を持っていないため、
  野菜などの植物を摂取しても栄養素の吸収効率が良くありません。
 
  しかし、細胞壁を持たないユーグレナであれば、
  本来吸収効率の悪い植物性の栄養素を、動物性の栄養素と同じように
  確実に体内で取り込むことができるのです。
  (あるる)
ギャラリー
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック