気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

アメリカ情勢

ジョージ・ワシントン

  「ジョージ・ワシントン」   
====================================

  3月27日は「さくらの日」でした。

  今週には見頃を迎えるところも多いかと思いますが、
  桜に関する逸話として最も有名なのが米国初代大統領
  ジョージ・ワシントンの話ではないでしょうか。

  ワシントンが子供のときに、桜の木を切ったことを
  父親に正直に話したらかえって褒められた
  という挿話が残されていますが、
  これは「嘘をついてはいけない」という作り話と言われています。

  また、このワシントンが木を切った(cut)ことにちなみ、
  彼の誕生日には値段をカットする安売りが各地で行われるそうです。

  ワシントンは1732年2月22日、バージニア州北部ウェストモアランドの
  富裕なプランター(大農場主)の家に生まれ、
  英仏植民地戦争にイギリス軍の少佐として参加、
  この戦いで手柄を立て軍人として知られるようになります。

  その後、イギリスの植民地であった米国が本国イギリスに対して
  独立戦争を起こすと指導者の一人となり、
  1775年には独立軍総司令官に選ばれました。

  そして、6年にわたる独立戦争に勝利した革命軍は、
  1783年のパリ条約にて独立が承認され、
  1789年2月4日に最初の大統領選挙を行い、
  初代大統領にワシントンが就任することとなります。

  元々、ワシントン自らが指揮官の職を求めたわけではないようですが、
  軍隊での経験とカリスマ性、そして強い愛国者という評判から
  支持されていったそうです。

  そんなワシントンの人柄を表すエピソードが残されています。

  ある寒い日、本部を出たワシントンは肌を刺すような風から顔を覆うため、
  コートの襟を立て帽子を深くかぶっていたため、
  彼が軍隊の司令官だとは誰も気がつきませんでした。

  ワシントンが道を歩いていると兵士たちが
  要塞の防壁工事をしているところに差し掛かります。

  兵士たちが重い丸太を積み上げるため奮闘している傍ら、
  上官面をした伍長が大声で叱責していますが、
  丸太は重く滑って転がり落ちてしまいます。

  伍長が怒鳴る中、兵士たちはもう一度、懸命に持ち上げようとしましたが、
  またしても丸太は転がり落ちてしまいます。

  そして、三度丸太が転がり落ちそうなとき、
  ワシントンも駆け寄り懸命に丸太を押すと、
  丸太は胸壁の一番上に収まったそうです。

  兵士たちがしきりに礼を言うと、ワシントンは伍長に向かい
  「なぜ君は手伝わないのか!?」と言います。

  「何だと?私は伍長だぞ!」と言い返す伍長に対し、
  ワシントンはコートをパッと開き軍服を見せ、
  「私はただの司令官にすぎない!
  今度、丸太が重くて君の部下達に持ち上げられないようなら
  私を呼んでくれたまえ!!」と言ったそうです。

  政治・経済・金融とあらゆる面において世界一の大国となった米国、
  その建国の父は今でも国民に愛され、
  そして大きな影響力を持ち続けています。

  (アルフィックス日報)

株価上昇に沸く米国の影

 ●株価上昇に沸く米国の影

  米国の株価は金融緩和の継続・縮小など様々な思惑が
  交差しながらも史上最高値を更新しています。
 
  しかし、株価上昇の恩恵を享受する富裕層を尻目に、
  貧困層は最貧困層へ、中流階級も異常な速さで
  貧困層へと転落しているのが米国の実態です。

  アメリカ国勢調査局の貧困の定義は、
  4人家族で世帯年収が2万ドル以下の世帯を指し、
  その家庭の子供を貧困児童としているようです。
 
  この貧困児童には肥満が多く、
  教育レベルの低さと肥満度は比例しています。
 
  家庭が貧しいと、食事が安くて調理器具を必要としない
  ジャンクフードやファストフードが
  食生活の中心となってしまう為です。
 
  カロリーが高く、栄養価は乏しいので、
  肥満児や肥満成人が増えていってしまいます。
 
  貧困層の多くの家庭では、食糧配布切符
  =いわゆる貧困ライン以下の家庭に配られるフードスタンプ
  に頼っているケースがほとんどで、
  例えばニューヨークでも約200万人いる児童の4分の1が貧困児童であり、
  更にその3分の2が学校の無料・割引給食制度に登録しています。
 
  朝食も満足に食べさせることができない貧困層の家庭では
  給食プログラムは命綱であり、いくらジャンクフードといえども
  空腹で授業を受けさせるよりはマシだと親達は考えているのです。
 
  無料・割引給食制度、聞こえは良いですが、
  この制度そのものが米国の格差を象徴する問題だとされています。

  2013年現在、米国の人口3億人に対しフードスタンプ受給者は
  5000万にも及びます。
 
  国民の約16%、6人に1人が国から食糧配給を必要とする
  尋常でない数字です。
 
  しかも、申請の為の書類審査は厳格で、
  手続きには一定の時間がかかることから、
  地域によっては受給資格者の半分程度の人数しか
  受け取っていないとの指摘もあり、
  潜在的な受給者はまだかなりいると推測できます。
 
  2009年3月時点で、フードスタンプ受給者は
  初めて4000万人を突破しましたが、
  その後、僅か4年余りで1000万人も急増、あえて仕事に就かず、
  この制度を悪用して生活するというケースも含まれるようですが、
  それにしても異常です。
 
  毎年200万人以上、1日2万人のペースで
  フードスタンプ受給者が増え続けている中で、
  もし配給を廃止すれば暴動になるのは確実で
  止めるに止められない、これが現在の米国です。

  今年10月、米国政府機関の閉鎖により、
  給料がもらえない政府の役人達が
  フードバンク(困窮者に配る物資集配センター)へ殺到し、
  長い行列を作り食糧配給を待っているニュースが報道されました。
 
  また、職を失ったアメリカ政府の役人達はフードスタンプにも殺到、
  申し込みがあまりにも多いため、フードスタンプのサーバーが
  一時期パンク状態に陥る事態になりました。

  来年2月には、米国は再び債務上限問題に直面します。
 
  借金返済の為に借金を膨らませるということが、
  いつまで可能かは分かりませんが、近い将来、突然、
  米国が借金の踏み倒しを宣言する日も来るかもしれません。
 
  (アルフィックス日報)
ギャラリー
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック