気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

アレルギー

香害

  ●香害
====================================

  2008年頃、アメリカの「ダウニー」という柔軟剤が
  大ヒットしてから香りブームは続き、
  香水や制汗剤・ヘアケア剤・ボディクリームなど
  良い香りのする商品が沢山販売されています。

  特に近年は様々な種類の柔軟剤が開発され、
  生地を柔らかくするという本来の目的よりも
  香りを長持ちさせることを強調した商品も多くあります。

  しかしこのような良い香りは誰にとっても良い香りというわけではなく、
  人工的な香りによって頭痛やめまい、吐き気など
  体調不良を訴える人もでてきました。

  こういった被害は「香害」と言い、
  人工的な香料に含まれる化学物質が鼻や喉を通って大量に、
  もしくは長期的に体内に入り、解毒作用が追いつかなくなる
  化学物質過敏症という化学物質へのアレルギー反応となって
  様々な身体的不調を引き起こしてしまいます。

  ひどい人では微量の化学物質でも反応し、
  外出や外食さえできなくなる人もいるくらいで、
  男女別の発症割合は男性22%、女性78%と、女性の方が発症しやすく、
  小学1年生の6.4%、中学3年生になると17.9%と
   子どもの発症率も高くなっています。

  ひどい症状がなくても、洗濯物の部屋干しをすると咳が出る、
  柔軟剤の香りで気分が悪くなるといった一時的な体調の変化もあり、
  ただの体調不良と捉え自分で気が付かない場合も多くあります。

  また、お隣の洗濯物の香りが強くて窓を開けられない、
  香りが気になり電車に乗るのが辛いといった
  隣人トラブルの原因にもなっており、
  日本消費者連盟が「香害110番」を設置するほど
  悩みの声は大きくなっています。

  誰がいつ発症してもおかしくない化学物質過敏症の防ぎ方として、
  柔軟剤は使用目安量より多く使わない、
  香水はワンプッシュ以上つけない、
  ヘアケア剤も必要以上につけない、天然香料のものを使う、
  などといった事があげられます。

  また、化学物質は呼吸、食事、皮膚から体内に入りますが、
  そのうちの80%以上は呼吸から体内に入るので、
  強い香りを避ける事が効率的に化学物質を避ける方法となります。

  沢山の種類の香りが世の中に溢れ、
  香り好きな方たちにとっては商品選びも、
   より楽しいものになりましたが、
  その反面強い香りに悩まされている人たちも増えました。

  自分や周囲の人への身体のためにも、好きな香りのものでも、
  ほのかに香る程度が良い香りの条件として覚えておきたいものです。

  (アルフィックス日報)

なかなかとれない『6/8』

 ●なかなかとれない『6/8』
  病気を患って初めて、健康の有難さを痛感するとはよく言われることですが、
  そもそも、病気の原因はどこにあるのでしょうか。
 
  最近の研究により、「細胞同士がつながっていない、
  連絡し合っていないこと」が病気の原因となる根本だということが
  明らかにされているようです。
 
  そこで注目されているのが「糖鎖」です。
 
  人体は約60兆個の細胞でできておりますが、その全ての細胞の表面に
  鎖状のヒゲのようなものが数多く存在します。
 
  これが糖鎖と呼ばれるものです。

  この糖鎖は体内でアンテナのような働きをしています。
 
  例えば、細菌やウイルス、毒素などの異物が現れた際、
  糖鎖がこの情報を取り入れ、その異物に対抗できる物質を割り出し、
  その物質の要請も糖鎖を通じて行われます。
 
  このように、細胞同士の伝達においても、糖鎖は重要な役目を果たします。
 
  よって、病気に対する抵抗力をあげるためには、
  糖鎖の充実が必要不可欠であるのです。
 
  また、たとえどんなに素晴らしい健康食品から得られる栄養素であっても、
  それが細胞に届き、有効に活用されるかどうかは、
  糖鎖次第であるとも言えます。
 
  そのため、この糖鎖の働きが活性化すると、体内のシステムが
  滞りなく働くようになり、免疫力の上昇、腸内環境の改善、不妊症の改善、
  脳神経、シミ・皺、怪我の回復などのあらゆる効果が期待できるのです。

  この糖鎖は、8種類の糖質栄養素(単糖類)の
  複雑な組み合わせによってできています。
 
  しかし残念ながら、現代の食生活では、この糖鎖栄養素のうち
  2種類しか摂取できていないと言われております。
 
  その他の6種類については、肝臓内で生成されますが、
  現代人の肝臓はストレスや飲酒、喫煙、添加物を含む食品や、薬など
  化学物質の解毒作用に大忙しであるため、ただでさえ疲れている状態。
 
  また、老化によっても肝機能自体も低下するため、サプリメント等を活用し、
  糖鎖を補給する必要があるのです。

  そのようななか、効果的なサプリメントとして注目されているのが、
  「カタライザー」というサプリメントです。
 
  このカタライザーには、上述の糖鎖栄養素8種類全てが
  天然の状態で含まれており、国立・私立大学を始め、
  あらゆる機関によって研究が進められているのです。
 
  カタライザーを摂取し、長年悩まされていたアトピーが改善したという声や、
  末期癌が完治した声などもあります。
 
  その他にも“糖鎖”にフォーカスした商品は様々出ているようです。
 
  現在何かの疾患に悩まれている方は勿論、そうでない方も、
  日頃の健康維持のために、一度ご注目されてみてはいかがでしょうか。
 
  (アルフィックス日報)

クミタス

  ●クミタス
  昨年の12月16日に食物アレルギーに関する最新の調査結果を、
  文部科学省が公表しました。
 
  それによると、食物アレルギーを持つ公立の小中学校の児童は
  全国で約45万4千人と、2004年に行われた前回調査に比べて
  約12万4千人増加しています。
 
  また、食物アレルギー症状の中で最も重症とされる
  アナフィラキシーを起こした経験がある児童は、
  約3万2千人も増加しています。
 
  一昨年には、東京都の小学校で、児童が学校給食終了後に
  亡くなるという痛ましい事故も起き、見過ごせない状況となっています。

  この事故を受けて文部科学省は、食物アレルギーを持つ児童への
  対応において、教育委員会と各学校へ、指導体制の整備を要請しました。
 
  また、保護者や主治医との連携も図られることになり、
  個々の児童の状況に応じた様々な対応が取られることになりそうです。
 
  このように、学校現場での食物アレルギーに対する認識が
  高まってきたことはとても良いことです。
 
  ただ、裏を返せば、それだけ食物アレルギーを持つ児童が増加し、
  保護者の食品選びにも苦労があることが伺えます。
 
  そういった中で、「クミタス」というサイトに注目が集まっているのを
  ご存知でしょうか。

  クミタスとは、卵を含まない食品、乳を含まない食品など、
  食べられない食品をチェックすることで、4万点以上の商品から
  食べられるものを検索できるインターネットサイトです。
 
  商品はamazon、yahoo!などのネットショップを横断して検索ができ、
  一番安く買えるお店を見つける事もできます。
 
  また反対に、○○を含むという食品も検索できるので、
  食事制限中の方にも使い勝手が良いようです。
  会員登録すると、毎回設定せずに検索が行える他、
  ショップ別にこれまで購入した商品が、現在でも取り扱われているかがわかり、
  非常に使い勝手が良いと評判です。

  このクミタスを考案した石川麻由さんも食物アレルギーを持っていて、
  食品探しに苦労していたそうです。
 
  食物アレルギーが増加している原因は、
  残念ながらはっきりとは解明されていません。
 
  また、一度アレルギー症状が出てしまうと、
  改善することが難しいとされています。
 
  しかし、その時は悲観的になることなく、自分の個性だと思って
  “食べる”ことを楽しんで欲しいという願いも込められたサイトのようです。
 
  さらに、このサイトを通じて、選択肢を広げることが出来れば、
  新たな食との出会いも生まれるかもしれません。
 
  食物アレルギーを持たない人も、食物アレルギーを持つ人の理解を深める
  という点でも非常に良いのではないででしょうか。
 
  食べることで満たされるという欲求は、
  万人に与えられた権利なのですから・・・。
  (アルフィックス日報)

3つの対策

 ●3つの対策
  日本で初めて花粉症が報告されてから約40年。
 
  患者数は、年々増加傾向にあり、日本の国民病と呼ばれるようになりました。
 
  5人に1人は花粉症と言われ、日本の花粉症総人口は
  2000万人以上となっています。
 
  今、「あるる」をご覧頂いている方の中にも、
  花粉症で困っている方は多いのではないでしょうか。
 
  そこで、本日は花粉症対策についてまとめてみました。

  まず、花粉症かもしれないと感じたら、
  最寄りの病院などでアレルギー検査を受け、
  自身が花粉症かどうかを知ることが大切です。
 
  症状が似ているだけで、実は花粉症ではなく、
  ホコリやダニによるアレルギーという可能性もあります。
 
  その結果、花粉症と判断された場合ですが、
  「医師や薬の力を借りる」、「花粉を取り込まない」、
  「花粉に負けない体を作る」など大きく3つの対策があります。

  医師に相談された場合には、内服薬・点鼻・点眼による予防や
  症状の抑制が一般的ですが、アレルギー体質の改善を目指す
  「免疫療法」、「減感作療法」などもあります。
 
  長ければ10年以上治療が続くこともあるそうですが、
  やはり効果は認められています。
 
  また最近では、鼻の粘膜をレーザーで焼いたり、
  スギのエキスを注射するという治療法もあるようです。
 
  次に、花粉を取り込まないために、「マスクやメガネをつける」、
  「花粉が多い日や時間帯の外出を控える」、
  「目や鼻、手をこまめに洗う」など、基本的な心掛けが重要です。

  そして、最後に花粉に負けない体作りです。
 
  様々な研究結果から、生活習慣や食事によって
  症状が改善したという例はあります。
 
  特に、今月に新たな研究結果が発表された乳酸菌の一種
  「フェカリス菌」は、症状緩和にかなりの効果が認められています。
 
  2ヵ月間の飲用実験でも、4大症状と呼ばれる、
  くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが実験前に比べて
  大きく改善したそうです。
 
  そのフェカリス菌は、味噌やヨーグルト、キムチに多く含まれています。
 
  以上から、3つの対策を併用して頂くことで、
  皆様の花粉シーズンが少しでも過ごし易いものに
  なってくれることを祈っています。
 
  (あるる)

快適な住まいについて 2.症状を特定し辛い「シックハウス症候群」

快適な住まいについて 2.症状を特定し辛い「シックハウス症候群」
 
イメージ 1
イメージ 2
 
アクセスはこちらから
 
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック