気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

スキンケア

掻いちゃダメ!

 ●掻いちゃダメ!

  これから夏に向けて気温は上がり、汗をかく機会も多くなってきます。
 
  そんな時に、いつの間にかできてしまう「汗疹」。
 
  痒みが多少は気になるものの、ほとんどの方は特に治療もせず、
  放っておいても自然に治るとお考えかもしれません。
 
  ところが、汗疹を掻き壊してしまった際に、
  傷口に黄色ブドウ球菌などが侵入すると化膿したり、
  「とびひ」を引き起こす原因にもなるため、決して侮ってはいけないようです。

  まず、日頃かいている汗は、汗腺から分泌される体液で、
  汗管という汗の通路を通って汗孔という汗の出口から出てきます。
 
  この汗孔が詰まると、汗が皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出し、
  水ぶくれが生じたり、炎症を起こして、汗疹の原因になってしまうのです。
 
  ちなみに、汗疹には3種類あり、
  比較的均一な赤い丘疹が多発して痒みを伴う紅色汗疹と、
  痒みがなく1~3ミリほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができる水晶様汗疹、
  そして、亜熱帯に多く日本ではあまり見られない深在性汗疹があります。

  汗疹を予防するには、汗をかいたあとのスキンケアが大切です。
 
  汗をかいたまま放置すると、皮膚の表面に垢や汚れがたまり、
  汗孔が詰まりやすくなります。
 
  そのため、汗をかいたらシャワーで洗い流したり、
  清潔な濡れタオルでやさしく汗を拭き取りましょう。
 
  また、吸湿性の高い木綿や速乾機能のある衣類の着用も効果的です。
 
  しかし、それでも汗疹ができてしまった場合には、
  早期にスキンケアと塗り薬による治療を行い、
  掻き壊して化膿させないようにすることが大切です。
 
  また、重症化を避けるためにも市販の塗り薬で改善されない場合は、
  早めに医療機関で受診することも必要です。

  汗疹の治療法は、抗ヒスタミン薬や抗生物質を使用する「西洋医学」、
  金銀花(スイカズラの花)のお茶や、金銀花の煮汁を入れた
  漢方薬湯を用いる「中国医学療法」、
  そして、「民間療法」としては海水浴など様々です。
 
  しかし、海水の効果では意見が割れており、
  塩分やミネラルが皮膚の炎症に良いという意見と、
  医学的根拠がなく海の水質や紫外線に皮膚がさらされると
  逆効果になるという意見があります。
 
  様々な対処法はありますが、暑い季節には仕方がないと諦めず、
  日々の汗疹対策をすることが大切なのかもしれません。
  (あるる)

石のない鹸

 ●石のない鹸

  皆様は「タマリンド」をご存知でしょうか。
 
  熱帯アフリカが原産地の常緑高木ですが、近年ではインドや東南アジアなど、
  亜熱帯地域でも栽培される一方、耐寒性にも優れているもことから、
  現地では街路樹としても活用されています。
 
  ちなみに、タマリンドは10センチ程度のソラマメに似た実を付け、
  東南アジアでは料理に欠かせない果実と言われています。
 
  実は、この果実ですが、日本では別の分野に使われ、
  人気商品となっているのです。 その商品とは「ひあるん玉石鹸」です。

  ひあるん玉石鹸の一番の特徴は、プルプルでみずみずしい
  手触りの球状石鹸であることです。
 
  今までもグミ菓子タイプの石鹸はあったものの、使っていくうちに変形したり、
  弾力が失われてしまうものが大半でした。
 
  しかし、ひあるん玉石鹸は、最後まで弾力と球状が保たれるよう
  工夫されており、その秘密がタマリンドの果実に含まれる
  トロッとした保湿成分にあります。
 
  美容液などで使われるヒアルロン酸との配合率を工夫して作られており、
  顔だけでなく全身も洗うことができることから、
  生産が追いつかないほどの売り上げとなっています。
 
  更に、女性だけでなく、男性が求めるケースも多く、
  ギフトとして発送する方も多いそうです。

  そして、ギフトとして人気を集めている石鹸は他にもあります。
 
  それは「ペーパーソープ」という紙石鹸です。
 
  アウトドアや山登りなど、外出時に適したポケットサイズのため、
  容易に持ち運べることができます。
 
  バラやラベンダーの他、リンゴやイチゴ、レモンの香りまで揃っています。
 
  また、見た目はフリスクにそっくりのタブレット型石鹸
  「ソープタブレット」も販売されています。
 
  あまりに酷似しているため、目立つ所に「食べられません」
  の文字があるほどです。
 
  ソープタブレットは1粒で6回手を洗うことができ、
  皆で使うことにも適しています。

  「石鹸」の「石」は固い物を意味します。
 
  そして、「鹸」は塩水が固まったアルカリの結晶であり、
  かつて中国人はそれを切り出して洗濯に使っていました。
 
  つまり、本来は「鹸」の一字で「石鹸」の意味を持ち、
  石鹸は「固い鹸」として日本人が考えた造語なのです。
 
  石鹸と言えば固形石鹸を想像される方も多いと思いますが、時代は変わり、
  最近では固形のイメージを覆す「鹸」が数多く誕生しています。
 
  今後、どんな「鹸」が誕生してくるのか、今からとても楽しみです。
 
  (あるる)

桃色のくちびる

 ●桃色のくちびる

  皆様、初対面の方とお会いするとき、視線をどこへ向けられますか。
 
  多くの方が「目」と答えられると思いますが、場合によっては、
  挑戦的、威圧的だと感じさせてしまうこともあるようです。
 
  そこで、初対面の時は相手の「口元」を見て話すことも
  一つの方法と言われています。
 
  良い第一印象を与えるためにも、活気溢れた「目」と共に、
  健康的な「唇」も大切です。
 
  しかし、空気が乾燥する冬場には唇が乾燥してひび割れ、
  口角が痛むという方も多いのではないでしょうか。

  唇は角質層が薄いため、汗を出す汗腺や
  肌の油分を分泌する皮脂腺が少なく、
  乾燥を防ぐ皮脂膜もほとんど作ることができません。
 
  さらに、紫外線から肌を守る働きがあるメラニンも少なく、
  細胞に負担がかかることで乾燥を進めてしまいます。
 
  唇を乾燥から守るには、第一に唇を舐めないということです。
 
  一時的に水分が補われますが、油分まで取り去ってしまうだけでなく、
  水分が蒸発するときに更なる乾燥を促してしまいます。
 
  また、リップクリームを塗りすぎることも良くないそうで、
  摩擦が原因で荒れてしまうこともありますので、
  目安としては1日5回程度で良いそうです。

  東洋医学には舌の色や形で健康状態を診る「舌診」がありますが、
  唇からも健康状態が分かるそうです。
 
  唇は、寝不足や塩辛いものを食べ過ぎていると色がくすみ、
  胃酸過多になると縦シワが増えます。
 
  また、上唇は胃の状態、下唇は腸の状態を表します。
 
  暴飲暴食や過度の飲酒、ストレスなどの精神的なもので
  胃腸や内臓に負担がかかることがありますが、
  初期段階では気付かない事が多いようです。
 
  しかし、唇には逸早く異常が表れ、赤くなったり、
  腫れたり、痛んだり、しびれたりします。
 
  唇の異常は唇自体ではなく、
  胃腸からのサインかもしれませんので、注意が必要です。

  桃色で健康的な唇は、男女問わず若々しい印象を与えます。
 
  敏感で刺激に弱い唇ですが、皮膚が生まれ変わるスピードも速いため、
  日々のこまめなケアで滑らかに保つことが出来ます。
 
  唇をふっくらとさせる方法を一つご紹介します。
 
  就寝前、リップクリームをたっぷり塗り、
  ラップでぴったりと唇を覆い10分程置くと潤いが戻るそうですので、
  乾燥が気になる方は試してみられてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

夏の疲れでシャキッとしない~

夏の疲れをとって、リラックスさせながら、やる気もわいてくる
 そんなアロマをご紹介します。
  
 猛暑の今年、冷房は欠かせない夏でした。

 冷房の効いた室内は寒くて、戸外にでれば温度差のギャップに

 カラダが追いつかない…


 つめたーい飲み物(ビールは特に ?!)にはついつい手が出てしまい

 胃腸もお疲れ気味…


  そんなとき…


 ジュニパー    1滴 胃腸にすっきり・疲れた心もリフレッシュ 

 ペパーミント   2滴 さわやかな清涼感のある香り
               気も引き締まりやる気もわいてきます

 グレープフルーツ 1滴 食欲増進・しっかり食べて元気に。


 お仕事場のデスクに、
 熱めのお湯をいれたマグカップに
 上記のアロマオイルをおとしてみましょう。

 簡単に香りを楽しめます。


 もうすこし、
 お部屋全体に香らせるには、

 「デュフューザー」

 という香りを拡散させる器具を使うのもよいでしょう。

 香りの作用だけで体感温度も、ちがって感じます。
 冷房の温度設定も2、3度高められそうです。


 そして、帰宅したら
 ゆっくりとお湯船につかってカラダを温めることも大事です。

 (サンデー in 403通信)

敏過ぎず鈍過ぎず

 ●敏過ぎず鈍過ぎず

  梅雨明け後、間髪を容れず真夏になった今年の夏、暑い季節はうだり、
  寒い季節にはかじかむ方が、経済や景気には良いのですが、
  身体にはきついので、もう少し容赦して欲しいものです。
 
  さて、猛暑の今夏ですが、外出時は熱中症対策として
  水分を多く摂られると思いますが、それによって、
  より多くの汗をかくことになります。
 
  そして、普段より多い汗は普段よりも多い「臭い」の成分を出します。
 
  汗にふくまれる臭いの成分は、アンモニアや酢酸ですが、
  この季節、加齢臭も強くなる傾向にあるそうです。

  加齢臭の元となっているのは、脂肪酸と過酸化脂質が
  結びつくことによって生まれる「ノネナール」という物質です。
 
  これが汗と混ざることで加齢臭となります。
 
  40歳を過ぎた頃から体の酸化に対する抑制力が低下し、
  脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加、
  それに伴ってノネナールが急増して加齢臭が発生するそうです。
 
  また、最近では20代後半からノネナールとは異なる物質が原因で
  加齢に伴う臭いがあるとの研究結果もあります。

  加齢臭は発見されて、わずか10年の歴史しかありませんが、
  加齢臭対策グッズの市場はこの3年で1.5倍に拡大しており、
  ニーズは増加しています。
 
  加齢臭対策グッズには、
  毛穴につまったノネナールを洗い流してくれる渋柿のエキスや
  純銀が配合されたヘアケア用品や
  ボディーローション、アンモニア臭などを除去し、
  ノネナールを吸着する繊維を編み込んだ肌着などがあり、
  新製品が続々登場しています。
 
  以前、噛むことで体から臭いではなく香りが漂うようになるガムは、
  発売後1ヶ月で売れすぎたため販売休止なったこともあり、
  景気が低迷していても消費が拡大している分野と言えます。

  加齢臭という言葉は資生堂による造語で、
  そのままの分かり易い名付けで、負のイメージのある単語です。
 
  しかしながら、実はほとんどの人が嗅いでも、
  加齢臭を強く不快には感じないそうです。
 
  また、嗅覚の完成される3~4歳までの時期に祖父母と過ごした人は、
  加齢臭を不快に感じないという実験結果もあるようです。
 
  潔癖志向が強まる世の中ですが、
  加齢臭は躍起になって対策を講じるものではないように思います。
 
  誰の汗にも臭いの原因となるアンモニアと酢酸は含まれます。
 
  要は汗をかいたらよく拭いて清潔にすること。
 
  加齢臭について調べていて、こう結論付けることになりましたが、
  市場は拡大しています(汗)。
 
  (あるる)
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック