気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

ボディケア

サウナの日

  ●サウナの日
====================================

  本日3月7日は「サウナの日」です。

  サウナはフィンランドが発祥の地と言われ二千年の歴史があると言われますが、
  考古学的には石器時代に遡るとも言われています。

  元々は土地を耕すために樹木を切り倒して土地を整備する
  厳しい条件を持つ国で普及し、サウナの持つ疲労回復効果と、
  切り倒した樹木の活用という条件が整ったフィンランドで
  発達したと考えられています。

  日本には1951年に誕生した東京温泉で初めてみられるようになりました。

  最近ではアロマオイルやハーブを入れた水をかけ、
  高温の水蒸気を室内に充満させる「ロウリュ」という
  フィンランドの伝統的な入浴法の人気が高まっています。

  日本では独自に熱波師という大型のタオルで高温の蒸気をあびせ、
  一気に100℃の体感温度を得られるサウナなど
  エンターテイメントの一つとしての人気も高まっています。

  そんなサウナは身体の基礎代謝が上がり、
  健康や美容に良いと言われています。

  サウナ室では血流が安静時の二倍にもなり、
  酸素の摂取量も増えるため効率よく乳酸が分解され、
  疲れが取れたり、発汗による毛穴の皮脂汚れが取れたり、
  体内に蓄積された疲労要因物質の排出作用などがあります。

  また、サウナ後の冷水浴では血管が拡張と収縮を繰り返すことによって
  皮膚や血管も強くなり、外気温度差などの刺激にも抵抗力を増し、
  風邪をひきにくくなる効果があります。

  そんなサウナは、目的に応じて入浴方法を変えると更に効果が高まります。

  例えば、肉体疲労の回復やダイエットには反復浴という
  サウナと水風呂を2,3回交代して入る方法が効果的です。

  一回に付き約15分の入浴が目安となります。

  また、リラックスしたい人や美容効果を求める人は
  漸増浴という低温のサウナにゆっくり入り、
  汗がひくのを待ってから就寝するのと効果的になります。

  こちらは約20分の入浴が目安となります。

  ただし、心臓の弱い人などは目的に関わらず漸増浴をおすすめします。

  急激に体温が変わると心臓に負担が掛かるため特に注意が必要だからです。

  温度の高低には、サウナストーンからの距離や水蒸気の量で調整します。
 
  まだまだ肌寒さが残りますが、ゆっくりサウナに入り、
  新年度に向けてリフレッシュするのも良いのではないでしょうか。

  (アルフィックス日報)

ドクン ドクン ドクン・・・

 ●ドクン ドクン ドクン・・・

  私たちがこの世に生を享け、刻み始めるものに心拍数があります。
 
  心拍数とは一定の時間内(通常は1分間)に心臓が拍動する回数を言い、
  心臓が血液を送る際に動脈に脈拍が生じるため、脈拍数とも呼びます。
 
  心拍数は動物によって様々で、現代人の安静時の心拍数は、
  男性で60~70回、女性で65~75回程度とされています。
 
  他の動物では、象が30回、中型犬が90回、猫が150回、猿が190回、
  ハムスターが450回など、体の大きさや体重によって異なります。

  自転車やランニング、水泳などの有酸素運動は、
  脂肪を燃焼させるのに良いことは周知の事実です。
 
  しかし、漠然と続けるだけでは効果は上がりませんので、
  ただ単に走る、歩く、泳ぐだけではなく、
  心拍数に注目しながら運動することが大切なようです。
 
  そこで、自分に適した運動強度をコントロールすることで、
  限られた時間で最大限の効果を上げる
  「心拍トレーニング」について調べてみました。

  心拍トレーニングを始めるためには、最初に自身の最大心拍数
  (これ以上は上がらないとされる心拍数)を把握します。
 
  この数値は簡単な算式で求めることができ、
  220から自身の年齢を引いて下さい。
 
  例えば50歳男性の場合、220-50=170回が最大心拍数になります。
 
  そして、脂肪が効率よく燃焼する心拍数は、最大心拍数の60%~80%とされ、
  体力に不安がある方は60%、普通の方は70%、
  自信のある方は80%の運動強度で行うことをおすすめします。
 
  ただし、無理なく続けるのであれば、
  最初は60%の運動強度で始めるのが良いと思います。
 
  上記を50歳男性の場合で計算すると、最も脂肪燃焼効率が高い心拍数は、
  (220-50)×0.6=102回となります。

  今回ご紹介した心拍トレーニングは、目的に合った運動ができるため、
  アスリートをはじめ運動している方だけでなく、これから始める方にもおすすめです。
 
  無理なく少しずつ続けていくことで、その効果が体感できるはずです。
 
  長い人生です、心拍数と共に幸せな時間も刻んでいきませんか。
 
  (あるる)

冷え対策を

 ●冷え対策を

  冷え性といえば、女性の悩みというイメージを
  お持ちの方が多いのではないでしょうか。
 
  しかし、20代から30代の男性でも自覚していない隠れ冷え性の人が多く、
  女性だけの問題ではなくなっています。
 
  特に、働き盛りの男性はオフィス生活による運動不足やストレス、
  そして、冷暖房が整っている環境から要注意のようです。
 
  そんな体の冷えは万病の元と言われており、決して甘く考えてはいけません。
 
  本日は、暑くなってくるこれからの季節でも知っておいて頂きたい、
  体の冷えについてお伝えしたいと思います。

  まず、女性が体の冷えを感じやすいのは、
  熱伝導が良くない皮下脂肪が全体的に多くなっているためです。
 
  普段から冷えを感じやすい人は皮膚の温度が15度以下になっている人で、
  体の中心部が熱を持っていても皮下脂肪によって熱が皮膚に伝わりにくく、
  冷えを感じてしまうのです。
 
  また、運動不足になると、血液を体全体に送る役割を担っている筋力が
  低下するため、血行を悪くし、冷えの原因となります。
 
  そして、ストレスを感じたり、冷暖房に頼ってしまうと、
  自律神経のバランスを乱し、寒くない日でも交感神経が働いて手足が冷えたり、  暑くもない日にのぼせたりと体温調整が上手くできなくなってしまいます。

  その他にも冷え性は、肩こり、頭痛、腰痛、下痢、不眠などの
  不快症状が現われてきます。
 
  また、平均36.5度の体温が1度下がるだけで免疫力が低下して、
  病気に対する抵抗力が低下すると言われています。
 
  さらに、体温が低いと基礎代謝が低下し、新陳代謝も悪くなるため、
  肥満の原因になってしまいます。
 
  そのため、気温の高い夏であっても、
  日頃から冷え対策を心掛けることが大切なのです。

  対策として、まずは日頃から適度な運動や早歩きをして
  大腿筋やふくらはぎを鍛えることや、
  冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎを避けて体を冷やさない、
  そして冷暖房に頼らないなどの生活習慣の改善が大切です。
 
  次に、靴下の重ね履きや五本指靴下を履いて、足を冷やさないことや
  足に湿布薬を貼って血行を良くすることもお勧めです。
 
  また、足が冷えて眠れない人はレッグウォーマーで
  ふくらはぎを温めることも有効のようです。
 
  冷えを感じる・感じないに関わらず、冷え対策を始めることが、
  健康への第一歩なのではないでしょうか。
 
  (あるる)

噛み上手

 ●噛み上手

  一度の食事での咀嚼、噛む回数は、弥生時代は4000回だったそうですが、
  現代では600回と激減しています。
 
  食事時間も51分から11分と早食いになり、
  一口に2~3回しか噛まないという子供も増えているようです。
 
  小中学生の好きな食べ物ベスト5は、
  カレーライス、ラーメン、焼肉、鮨、ハンバーグとなっており、
  軟らかいものが多くを占めています。
 
  さらに、少ない量で高エネルギーが得られるということも原因となっています。
 
  昔、早食いは芸のうちと言われましたが、
  ゆっくりとよく噛む食事は全身を活性化させ、
  健康を維持させる大切な要素となることが分かってきており、
  噛む事の大切さが見直されています。

  よく噛むことの一番の効果は、唾液の分泌量が増え
  虫歯や歯周病の予防となることです。
 
  また、唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素は、
  発がん性物質を作り出す活性酸素を消す効果もありますが、
  それには30秒かかるとされ、約30回(30秒)噛むことで、
  発がん性物質の毒性が1~2割薄まるそうです。
 
  その他、視力の回復にも効果があるとされています。
 
  レンズの役割をしている水晶体は、
  厚みを変えて遠近を見分けることが出来ますが、
  よく噛むことで、この水晶体の厚みを調節する筋肉の
  老化を間接的に防止してくれます。

  顔の筋肉の約7割は口元に集中しており、
  噛むことで表情筋を鍛える効果があります。
 
  この効果をガムで得ようという、
  “ガムトレ・フェイスエクササイズ”という顔の筋トレがあります。
 
  その方法は、適度なボリュームと噛み応えのあるガムを選び、
  顔の筋肉を意識しながら、奥歯でゆっくり10回、軽くリズミカルに20回、
  左右交互に3セット行います。
 
  顔の筋肉が鍛えられるだけでなく、口臭予防、眠気防止、
  顎と歯の強化などの効果もあります。

  若くありたいという願望は、老若男女を問わず、多くの人が持っています。
 
  老け顔は皮膚を支えている顔の筋肉が衰えることなどによって起こりますが、
  噛む事は有効な対策となりそうです。
 
  スポーツをして体の筋肉を鍛えるのと同様、
  顔の筋肉も鍛えることが必要なようです。
 
  生き生きとした表情、引き締まった顔立ちを作るのに、
  ゆっくりとよく噛んで食事をするだけでも効果はあります。
 
  ゆっくりよく噛むことを習慣化させると、
  日に3度、無意識にエクササイズが出来ることになります。
 
  そこへ食後のガムも加えると、より効果的ではないでしょうか。
 
  (あるる)

まずは腕から

 ●まずは腕から

  人類が2足歩行を始めた時から、私達は両肩に宿命を背負ってしまったようです。
  その宿命とは、肩こりです。
 
  2足歩行によって腕が肩からぶらさがるようになり、
  それまでにはない大きな負担がかかるようになりました。
 
  2004年の厚生労働省の国民生活基礎調査によると、
  日本人が体の不調を感じる自覚症状の中で「肩こり」は
  男性で2位、女性では1位と上位を占めています。

  肩こりを感じたとき肩をほぐされると思いますが、その時は肩が軽くなっても、
  すぐに元の肩こりに戻ったという経験をされた方は多いのではないでしょうか。
 
  この肩こりは、肩ではなく腕に問題がある場合が多いようです。
 
  パソコンのキーボードを打つ時など、
  肩から手首まで長時間固定されていると血行が悪くなり、腕が重くなります。
 
  腕の血行が悪く重いままで肩だけをほぐしても、
  またすぐに肩こりになるというわけです。

  そうした症状を緩和するために、腕をほぐす方法をいくつか試したのですが、
  私自身、効果を感じた方法をご紹介します。
 
  まず、手の平で反対の腕をぎゅっと揉んで離すのを、
  手首から肩にかけて内側も外側もまんべんなく行います。
 
  そして、腕全体を小刻みにトントンと叩くと軽くなったように感じました。
 
  さらに、腕には肩こりに効くツボがあります。
 
  手の甲の親指と人指し指の付け根のツボ(合谷)と
  肘を曲げた時にできるシワから手の方向に指3本分位のツボ(手の三里)と
  肘を曲げた時に出来るシワの先端のツボ(曲池)が肩こりに効くツボとされ、
  これらも血行を促進することで、こりを緩和するようです。

  肩こりの原因は姿勢の悪さや、冷え、歯並びや
  内臓の病気からくることもあるようです。
 
  腕もみを行うことで、全ての肩こりが解消するわけではありません。
 
  血行を促進することで症状が改善しない場合には、
  他の原因を調べられることをお勧めします。
 
  ちなみに、腕を揉むことは部分痩せにも効果的と言われています。
 
  腕を30回揉むことで、その部分が遊離脂肪酸になるため、
  その後運動をすると揉んだ部分から優先的に脂肪が燃焼され、
  部分痩せをするようです。
 
  肩こりも解消し、ダイエット効果もある、
  肩こり解消の一兎を追うものが二兎を得ることもあるようです。
  (あるる)
ギャラリー
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック