気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

ライフスタイル全般

肌感覚を大切に

  ●肌感覚を大切に
====================================

  インドの衛生問題を画期的に解決しようとするベンチャー企業があります。

  ソーシャルベンチャーのスヴァーダー社です。

  同社はトイレの変革を通して、地域の衛生環境を改善する取り組みを進めています。

  インドでは古くからのカースト制度の影響もあり、
  自宅にトイレを持つことは贅沢なことだと考えられていました。

  このため今でも地方部では自宅にトイレがありません。

  スヴァーダー社はトイレ付きの建物と汚水の管理設備をセットで提供することで、
  各家庭へのトイレ導入を目指しており、これが大きなビジネスチャンスになります。

  インドの地方の衛生市場は約250億ドル、
  そのうちの約140億ドルがトイレ需要とされており、
  衛生分野でのビジネスモデルの一つとして期待されています。

  一方、日本においてトイレは今や快適な場所となっており、
  ホテルやデパート、公共施設など清潔なトイレの存在感は増すばかりです。

  特に、温水洗浄便座の普及率は国内で約80%と高く、世界一のトイレ先進国です。

  そして今、欧州に日本発の「トイレ革命」をもたらそうと、
  日本の大手メーカーが本腰を入れています。

  欧州では温水洗浄便座を備えたトイレは一部高級ホテルなどに限られ、
  普及率も1%に満たないともいわれています。

  2008年に欧州に進出した衛生陶器最大手TOTOは、
  今月中旬にフランクフルトで開催された住宅設備見本市「ISH」に
  最新型の便器を出展しましたが、
  今はまだブランドの認知を広める段階だといいます。

  この温水洗浄便座ですが、
  実は日本発祥ではなく米国から輸入したのが始まりです。

  前述のTOTOが1964年に販売した「ウォッシュエアシート」は、
  現地では医療用として流通していたものでしたが、
  水温が安定しないことや水が当たらないなどクレームが多かったようです。

  そこで自社開発に踏み切り、1980年に初代「ウォシュレット」が誕生します。

  当時の開発チームが徹底的に調査したデータは
  今もほぼ変わらず受け継がれていて、
  「温水は38度、乾燥用の温風は50度、ノズルから吐水するシャワーの角度は43度」
  が一番効果的だそうです。

  また、地道な営業活動も市場の拡大につながっています。

  便座は商品の性質上、買い替えのタイミングが10年~20年単位と
  長いスパンですので、水道工事店の担当者に実際に使ってもらって、
  買い替え時にお客さんに良さを伝えてもらう営業スタイルで、
  全国約5万店を味方につけたとのことです。

  海外ではトイレの話がタブーである国が多く、文化や歴史の違いもあり
  「日本のトイレ文化」が根付くのはまだまだ時間がかかりそうです。

  しかし、トイレ事情はパーソナルな事柄だけに肌感覚で理解することができれば、
  世界中で日本発の「トイレ革命」が起こる可能性も秘めています。

  (アルフィックス日報)

 小さな幸せ

  ●小さな幸せ
====================================
  欧州を中心に新たなライフスタイル「ヒュッゲ」がブームを起こしつつあります。

  ヒュッゲとはデンマーク特有の言葉で、生活全般にある様々な心地良い
  時間や空間を広く深く含んだ言葉とされ、「幸せを感じる瞬間」とも言えます。

  デンマークと言えば、2016年の世界幸福度ランキングで
  1位を獲得した国として有名ですが、
  その他にもスイスやフィンランドといった
  欧州各国が軒並み上位を占めています。

  これはひょっとしたら、ヒュッゲという言葉の概念と
  深く関係があるのかもしれません。

  ヒュッゲとは、上記の通り、人それぞれが幸せと感じる瞬間のことを指します。

  しかしながら、そこに明確な定義が存在しないことも実際のところです。

  それでも、強いて明確に言うとすれば
  「幸せを意識する生活を送ること」かもしれません。

  例えば、暖炉を囲みながらコーヒーを飲む時間や
  家族や友人と過ごす心安らぐひとときが、
  人によっては幸せと感じると思います。

  これをヒュッゲというわけです。

  つまり、幸せを感じることのできる感性の大切さも表しているのです。

  こうしたヒュッゲに対する認識は、デンマークから発信されて
  欧州各国に広がりを見せています。

  特に英国では、ブレクジット(英国のEU離脱)や
  トランピズム(トランプ主義)と並んで、
  ヒュッゲを2016年に最も話題になった単語トップ10に選出されるほどです。

  さて、日本はどうでしょう。

  世界幸福度ランキングは、過去4回の調査で
  2012年40位、2013年43位、2015年46位、2016年は53位と
  順位を下げ続けています。

  しかし、名目GDPは世界3位の経済大国。

  また、欧州の人々が幸せと感じる場面で
  日本人も同様に幸せを感じる人もいるはずです。

  ではなぜ、幸福度ランキングにこれほどの差が出てしまうのでしょうか。

  この要因に、自己主張が控えめとされる日本人の国民性や、
  幸せかどうかを他人と比べてしまい、
  幸せと感じる基準が高くなる傾向にあることが考えられます。

  しかし逆に言えば、日本人もヒュッゲを意識できれば、
  日本ほど幸せを感じることができる国はないのかもしれません。

  このように見てきますと、日々の生活において
  人それぞれの感じ方や考え方1つで
  幸せになれることを改めて知ることができます。

  これもヒュッゲという言葉の概念に含まれるのかもしれません。

  しかしながら、「幸せ=満足」となれば、
  向上心の低下に繋がるという考え方もできることが難しいところです。

  何事もバランスが大事ではありますが、日本の現状を見ると、
  このヒュッゲという考え方を少し取り入れてみても良いのかもしれません。

  (アルフィックス日報)

断食の効用

  ●断食の効用
====================================
  大隈良典栄誉教授のノーベル賞受賞により話題を集め、
  先日は本コラムでも取り上げさせて頂いたオートファジー。

  その自食作用を活かし身体を浄化する健康法が実は断食です。

  古来より世界中で宗教的行為として実践されてきた断食ですが、
  現在では身体に元来備わっている機能をフル稼働させ、
  様々な効用をもたらしてくれる健康法として認知され始めています。

  断食を行うことで飢餓に備えてオートファジーが活発化し、
  細胞内に溜まった老廃物を分解してエネルギーへと換えるため、
  細胞が掃除され活性化します。

  また、断食はオートファジー以外にも身体に備わっている機能を活発にします。

  エネルギー不足を補うため細胞内のミトコンドリアも自活、増殖しますが、
  歳をとるとともにミトコンドリアの数は減少していき
  老化や癌などの病気の原因にもなりますので、
  断食によってアンチエイジングの効果も得られることとなります。

  断食をしていると下痢しやすくなりますが、これは好転反応であり
  自浄作用がしっかり機能していることの顕われです。

  宿便と呼ばれる毒素を含んだ老廃物が腸内に滞留していますが、
  断食を行うと摂取した栄養を分解、吸収にまわしていたエネルギーが
  排出に集中するため、溜まっていた宿便が排泄され
  腸内環境の改善に繋がります。
 
  オートファジーの効果がより顕われてくるのは
  24時間の断食を超えてからと言われていますが、
  半日の断食や1日2食の減食でも一定の効果を得られるようです。

  それ以上の断食を行う場合には、断食後の復食に注意が必要となるため、
  専門医との相談の上で行ったほうが良いでしょう。

  水分の摂取は必須で、完全に絶食するのではなく
  ヨーグルトを食べながら行うプチ断食という方法もあります。
 
  低血糖によりめまいや手の震えなどが起きる場合は
  黒砂糖を溶かした生姜のすまし汁などで、糖分を摂取する必要があります。

  それでも症状が治まらない場合は断食を中止してください。

  体内に毒素を蓄積していると身体だけでなく、
  脳の機能の低下や精神的な負荷にも繋がりますので、
  断食は心のケアにも一役買っています。

  毒素の排出によって、代謝の促進や肌荒れの解消など
  一石二鳥以上の効果が見込まれます。

  ときには断食を行うことで人間が本来持つ機能を最大限に活かし、
  心身の調子を整えてみては如何でしょうか。

  (アルフィックス日報)
ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック