気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

リサイクル

髪の毛だってリサイクル   

 ●髪の毛だってリサイクル   
====================================
 
  身だしなみを整えるため定期的に髪を切りに行く方もいらっしゃるかとは
  思いますが、「髪を切る」という行為は身だしなみを整えるという目的だけでなく
  自分の気持ちを一新したい、または他人に自分をアピールしたい
  などといった心理の観点から決意表明の表れとも言われています。

  そのような心理的な行動も相まって髪を切りに行きますが、
  切った後の髪はと言うとごみ袋に収められ捨てられるというのが当たり前でした。

  ですが、その捨てられていた髪の毛を電力に変えた人物がいること、
  また髪の毛が幅広く再利用されていることをご存知でしょうか。
 
  その髪の毛を電力に変えるという画期的な発明をしたのが、
  ネパール出身のミラン・カルキという青年です。

  彼はネパールの農村地帯に生まれました。

  自然に囲まれた環境で育ちましたが、彼が生活する地域は
  ライフラインが不十分であったため、1日の約3分の2は停電に陥っていたそうです。

  そんな不便な生活を変えるべく学校に通いながら仲間と共に
  発電の研究に取り掛かりました。

  発電に関する様々な実験を行い試行錯誤した結果、
  彼が注目したのが髪の毛を材料とした太陽発電でした。

  髪の毛には光の吸収や放出により物体に色を与えるメラニンが含まれていて、
  そのメラニンが電気にシフトする力があることを知ったミラン氏は研究を進め、
  製造コストも捨てられていた髪の毛を再利用したとあり、
  通常の太陽電池に比べて半値で髪の毛による太陽電池を開発しました。

  発電量はまだ低水準ではありますが、今後この研究が進めば、
  コストを抑えて環境に良い電力を作り出せると注目を集めています。
 
  また、イギリスでは髪の毛を原料にしたサングラスも作られています。

  イギリスでは年間約6800トンの髪の毛が切られ捨てられている状況の中、
  何とか利用する術はないものかと考えた
  美術大学の卒業生のアイディアによって作成されました。

  サングラスのフレーム部分を従来のプラスチック製ではなく、
  髪の毛と植物性の樹脂を使っているため、環境にも優しく、
  また斬新なデザインをも兼ね備えています。

  その他にも工芸品や櫛などの原料にも使われるなど、
  現在切られた髪の毛の利用は多岐に渡っています。
 
  今まで資源を大量に消費し、それに伴い大量のごみを廃棄していましたが、
  これからは私たち人間に備わっている資源も活用して
  地球に優しい環境作りを心掛けたいものです。

  (アルフィックス日報)

【 日本文化に学ぶ 】

  【 日本文化に学ぶ 】

  一般的に衣服といえば「洋服」が主流となっております。

  戦後、生活スタイルを「いかに欧米化するか」に重点を置いていた
  日本の背景を考えると当然と頷けます。

  一方着物は、現在の日常着とは少し違うものですが、
  日本の文化、伝統を引き継ぐ意味でも、今、改めて見直されています。

  最近では、リサイクル着物のお店が増えた事や、
  気軽に楽しく着物を着ることをコンセプトとした雑誌の刊行などで、
  若者を中心に着物を着る人が増えているそうです。
  
  今の着物のスタイルが確立されたのは江戸時代後期と言われています。

  平安時代までは女性も男性も肌着、袴をベースとして衣を重ねていました。

  安土・桃山時代になると袴は省略され、
  もともと肌着とされていた「小袖(こそで)」を表着1枚として、
  後期には帯を締める形へと変化していきました。

  服装の変遷は女性が特に分かりやすく、
  大河ドラマ「花燃ゆ」は江戸時代なので
  今の着物スタイルとほぼ同じ形をしていますが、
  少し時代を遡ればまた違った様式の着物姿を見ることができます。

  「軍司官兵衛」を改めて観る際や、
  次クールの「真田丸」をご覧になる際に一度服装に注目してみると、
  面白い発見があるかもしれませんね。
  
  さて、江戸時代といえば、「世界でも類を見ないほど清潔な町」
  とまで評される最大の「リサイクル社会」であったことは有名です。

  着物も例外ではなく、着物を着倒したら、ほどいてお布団に。

  布団を使い倒したら、それが座布団になって
  今度はおむつに、ぞうきんに、そしてはたきに…。

  究極のリサイクル品といえるかもしれません。

  着物に限らず、布は全て高級品でしたので、
  リサイクルと加工を繰り返し、
  再生紙(トイレットペーパー)になるまで使い続けたそうです。

  ちなみに当時の男性の下着の代名詞である「ふんどし」にも
  リサイクル、レンタル業があったことはあまり知られていません。

  現在ではちょっと考えられないようなお話ですが、
  使い古した下着も貴重な布の一つとして重宝されていたようです。
  
  現在日本では年間約250 万トンの繊維製品が消費され、
  150万トンはゴミになっているといわれています。

  リユース・リサイクル率は20%以下。

  リサイクル率が50%を越える古紙や
  ビン・カン、ペットボトルなどに比べはるかに低い水準です。

  かつての日本文化に習って、現代日本を
  「世界で最も清潔でエコな国」としていきたいものです。

  (アルフィックス日報)

大人の社会見学~紙工場~

 ●大人の社会見学~紙工場~

  紙・パルプ生産量において、日本はアメリカ、中国に次ぐ
  世界第三位となっています。
 
  紙の原料はパルプですが、パルプには木材を原料としたものと、
  古紙を原料としたものとがあります。
 
  パルプとはセルロース繊維の塊で、これを水で分散させて薄く
  均一なシート状にすることで原紙が出来上がり、
  この原紙を用途に合わせて表面加工することによって
  紙製品が仕上がります。
 
  ちなみに、日本の古紙の回収率は78.3%、
  そして紙の62.5%が再生紙となっています(2010年現在)。

  古紙のリサイクル過程は、離解(繊維状に揉み解す)→
  除塵(異物の除去)→分散(インキや粘着物を剥がす)→
  漂白→脱インキ→洗浄・脱水となります。
 
  こうした過程を経て再生紙が作られるのですが、
  回収した古紙に異物が混入しているとリサイクルが困難になります。
 
  混入すると困る異物として、粘着物のついた封筒・写真・
  防水加工紙・感熱紙(FAX用紙)・裏カーボン紙、
  紙以外では、粘着テープ類・金属クリップ・フィルム類、
  発泡スチロールなどが挙げられます。
 
  古紙を回収に出す際はしっかりと分別する必要があります。

  話は脱線しますが、紙を作る工程から、買う気が無いのに
  売り物を見たりする「ひやかし」という言葉が誕生したようです。
 
  江戸時代になると紙にもブランドが出来まして、京都の西洞院紙、
  浅草周辺の浅草紙、信濃の上田紙などが有名な紙でした。
 
  その中の浅草紙を漉く職人が煮溶かした原料を冷やしている間、
  近くにある吉原遊郭に行っても登楼せず、
  見て回るだけだったことから出来た言葉だそうです。

  製紙は、木材や古紙からパルプを作る工程、パルプを紙の形にする工程、
  用途に合わせて表面処理をする工程の3つに分けられます。
 
  その工程の中で、脱墨剤や漂白剤、紙力増強剤、帯電防止剤など
  たくさんの薬品と水が使われます。
 
  使用した水には原料に含まれる有機物や薬品などが混ざるため、
  循環利用出来るようにするなど、製紙会社では紙のリサイクルと共に
  水のリサイクルも実施し、環境問題に積極的に取り組んでいます。
 
  紙をムダにせず、しっかり分別して回収に出すことで、
  リサイクルの取り組みを冷やかすことにならないよう気をつけます。
 
  (あるる)


 

木のある暮らしと私 11.40年連れ添った本箱よ!サヨウナラ 薩摩隼人さん(東京都)

木のある暮らしと私 11.40年連れ添った本箱よ!サヨウナラ 薩摩隼人さん(東京都)
 
  木で作られたモノとの忘れられない最初の出会いは、
  少年時代の夏休みの宿題で作ったマガジンラックだ。
 
  当時は我が家だけでなく、大方の家庭も貧しく、
  材料を買う金を親に出してもらうのは憚られた。
 
  わたしは仲のよい友だちと材料を求めて町のあちこち歩き回った。
 
  その挙句、道端に捨てられた木製の古くてガタのきた茶箪笥を見つけ、
  それを解体して分け合い、マガジンラックを作り上げた。
 
  デキや見栄えはともかく、材料から捜し出し、
  自分の手で仕上げたことが嬉しく、
  古雑誌や古新聞を入れては満足したのを憶えている。
 
  まだモノへの愛着心が育っていなかったせいか、
  いつしかマガジンラックが行方知れずになっても気にはかけなかった。
 
  木で作られたモノとの決定的な出会いともいえるのは学生時代のことである。
 
  町を歩いていた私は古道具屋の店先から食み出している
  木の本箱にぶつかりそうになって足を止めた。
 
イメージ 1
 
  それはガラス戸や抽斗のような飾りがついているわけではなく、
  棚の高さの調節も利かぬ、何の変哲もない本箱だった。
 
  だが、無骨そうな作りに何故か惹きつけられた。
 
  とりわけ背面も一枚板で張った作りがいかにも頑丈そうに見えた。
 
  その頃、バイトで少しは自由になる金が懐にあった私は、
  ほとんど発作的に本箱を買うことにした。
 
  一見して無愛想そうな店の主は意外にも
  「買うんだったら、サービスで塗り替えてやるよ」と言ってくれた。
 
  弟との共同の部屋に置かれた本箱には、
  バイトで稼いだ金で買った本が詰め込まれていった。
 
  納まる本は学生時代から就職、結婚して子供が生まれるという人生の節によって、
  文学書、哲学書から経営学やビジネス書へと変っていった。
 
  本の量が増えるにしたがい、合板製やスチール製のモノも加わったが、
  いずれも本の重量に耐えかねて歪んだり撓んだりしては捨てられ代替わりした。
 
  そんななかで学生時代に買った木の本箱だけが残った。
 
  材質がシッカリしているうえに作り手の確かな仕事のためか、
  木の本箱は沢山の本の重量と出し入れにもビクともしなかったのである。
 
  こうして木の本箱と私の付き合いは、カミさんよりも長い40年になった。
 
  しかし、その本箱との別れのときがきたのである。
 
  昨年、私たち夫婦は埼玉から東京に転居したのだが、
  本の分量と部屋のサイズとの関係から
  どうしても木の本箱を処分しなければならなくなったのだ。
 
  これまで身近にあるのが当たり前すぎた本箱だったが、
  いざ手放すとなると40年の重さが胸にズシンと響いた。
 
  木の本箱には本だけではなく、私の人生の思いも詰まっていたのである。
 
  捨ててしまうにはあまりにも忍びない。
 
  そう思った私は、転居当日、「差し上げます」と貼り紙した本箱を
  マンション玄関前の傍らに置いてマンションを去った。
 
  気になって数日後窺いに行ってみると、本箱の姿は消えていた。
 
  誰がもらってくれたかは知るよしもないが、
  あの本箱がどこかで使われているかと思うと、
  胸がジンと熱くなり、涙腺がゆるんだ。
 
  (木づかい.com)

一対の兎

 ●一対の兎

  21世紀11年目を迎えましたが、この10年、様々なことが起こりました。
 
  この10年の経験から、21世紀はこれから失われていくことになる
  「環境」と「資源」がキーワードになる世紀と言えそうです。
 
  環境問題のひとつに排水の問題がありますが、
  排水は下水道を介して下水処理場へ集められ、
  いくつかの処理を施されて川に流されます。
 
  現在、日本での下水道普及率は75%となっており、下水処理施設は
  公衆衛生改善、水害防止、水質保全の役割を担う大事な施設です。

  下水処理場に集まる汚水は、
  下水道の整備が進んでいくにつれて量が増えています。
 
  集められた汚水は処理の過程で浄化水と汚泥に分けられ、
  汚泥はさらに脱水、焼却処理をされ、灰になります。
 
  汚泥処理には非常に費用がかかり、
  再利用するにも焼却灰にセメントを混ぜたレンガ販売や
  埋め立てなど、利用方法が限られています。
 
  岐阜市では1000トン分の汚泥利用レンガを全て売却しても、
  7700万円の赤字になった事例もあり、
  下水道事業において汚泥は邪魔者でしかありませんでした。

  しかし現在、今まで邪魔者扱いしかされなかった汚泥が
  見直されています。
 
  例えば、長野県諏訪市にある豊田終末処理場からは
  汚泥の処理過程で生じる「溶融飛灰」から高純度の金が発見され、
  年間排出量5トンに対し、約10キロもの金が産出されました。
 
  また、各地の下水処理場では植物の生育に欠かせない三大要素の一つ、
  リン(原料のリン鉱石は100%輸入)を汚泥から回収するなど、
  今までは処理費用がかかるだけの汚泥が、
  貴重な資源の供給源となっています。
 
  その他にも消臭剤の元になるゼオライトの生成などもされています。
 
  また、広島市では民間と協力し、
  火力発電の石炭に変わる石炭代替燃料として、
  汚泥からCO?削減効果が高い低炭素化燃料を作り出す
  プロジェクトが進められるなど、全国で汚泥の再利用
  ―「バイオマスエネルギー」―に注目が集まっています。

  環境をクリーンにしようと下水道を整備した結果、
  処理された汚泥に資源が含まれていた、
  これは一兎を追うものが二兎を得た結果となります。
 
  環境と資源の問題は一対の関係で、
  切り離して解決するよりも複合的に考えた方が、
  より効果的な対策が生まれるのかもしれません。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック