気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

リサイクル

紙の利用は環境破壊? 木材から作られる紙

 ●紙の利用は環境破壊?
  木材から作られる紙
 
 
  木材は「エコマテリアル(エコ素材)」と呼ばれますが、そのひとつの理由として、
  リサイクル性が挙げられます。
 
  住宅を解体しても、柱、梁などは再利用できますし、内装材等も細かくして、
  燃料やパルプ(紙の原料)として使えます。
 
  また、原木から建築材として加工して残った「端材(はざい)」や「背板(せいた)」
  と呼ばれる部分も割り箸やパルプ等として生まれ変わり利用されます。
 
  今回は「紙」がテーマです。
 

日本の木材利用量の4割は紙、紙は身近な存在

  ノートやコピー用紙をはじめ、書籍、新聞用紙、段ボール、ティッシュペーパー、
  トイレットペーパーなど、私たちの身の回りには、紙があふれています。
 
  紙は木からできていますが、実感できない方も多いのではないでしょうか。
 
  しかし、日本の木材需要量の約4割は紙・板紙用。
 
  つまり、紙や段ボール等を作るために使われています。
 

ペーパーレスは、森林を守る!?

  「ペーパーレス」という言葉があります。
 
  オフィスなどで使うさまざまな書類を、
  紙を使わずにデジタル化(電子化)してしまおうというものです。
 
  情報量が多い今の時代に紙面のみで情報を扱うことは大変なことですが、
  電子化して管理すれば、目的の書類をすぐに取り出すことができ、
  仕事の効率が非常によくなります。
 
  ところで「ペーパーレス=森林を守る」とつなげてしまいがちですが、
  これは必ずしも直結しないようです。
 
  紙は、本来は捨てられる端材(建築材の余った部分)や
  建築不適材(低質材)、間伐材、使用済みの割り箸なども有効活用して作られるため、
  紙を使うことが即、森林減少・森林破壊の問題とは直接的にはつながらないようです。
 

紙がリサイクルできる理由

紙は繊維が絡まって
できている

  木材をチップにして、さらに、繊維レベルまでほぐしたものがパルプです。
 
  この繊維の正体はセルロースで、肉眼では認識できないほど細長く糸状になっています。
 
  紙はこの繊維が無数に集まって、お互いに絡まってできています。
 
  木材から繊維をほぐして取り出すときには、黒液と呼ばれる廃液がでますが、
  最近では、これを燃料として使っており、製紙工場のエネルギーの3分の1をまかなっています。
 
  繊維(セルロース)は丈夫なため、紙として使った後も、しっかり残っています。
 
  そして紙からもう一度、繊維を取り出して絡めれば、再生紙ができます。
 
  現在の紙の原料の6割は古紙(リサイクル)です。
 
  ただし、いくら丈夫な繊維でも何回も使うと繊維が短くなり、表面もすり減ってなめらかになり、
  繊維がお互いに絡みにくくなるので、リサイクルには限界があります。
 
 

リサイクルできる紙、できない紙

  紙の本体である繊維が劣化しないうちは、紙はリサイクルが可能ですが、
  すべての紙をリサイクルすることはできません。
 
  回収が難しい紙があるからです。
 
  例えば、ティッシュペーパーやトイレットペーパーは分別・回収が不可能でしょう。
 
  再利用を進めていくためには、より多くの人たちが新聞や雑誌、牛乳パックなど
  分別しやすいものをきちんと分別して、回収を促進することが必要です。
 

オフィスで大量に排出されるシュレッダー紙は?

  シュレッダーは、ほとんどのオフィスで使われています。
 
  今は、情報管理が重要である時代であるため、企業の信用を失わないためには、
  シュレッダー不可欠な存在です。
 
  シュレッダー紙は細かく分断されるため、繊維が短くなり、再利用できないとよく言われます。
 
  しかし、裁断した紙の長さが5mm程度であれば、リサイクルの可能性があります。
 
  木材のセルロース、つまり繊維の長さは、1mm~6mm程度だからです。
 
  むしろ、シュレッダー紙は、かさばるため、運送コストやストックヤード(保管場所)の問題があり
  再利用が進まないというのが現状でしょう。
 
  紙もリサイクルして、最後には燃やされます。
 
  燃やしたあとにはCO2が出ますが、そのCO2は
  「木が光合成をして成長するためのCO2として吸収する」という考え方ができます。
 
  つまり、「大気中のCO2→木の幹→木材→紙→燃やして大気中へ」というルートで考えれば、
  大気中のCO2は循環しているだけで、増えも減りもしません。
 
  この考え方を「カーボンニュートラル」といいます。
 
  木材は、紙になってもカーボンニュートラルの特性を持ち、
  リサイクルも可能なエコ素材なのです。
 
  (木づかい友の会通信)
 

木づかいはどれだけエコなのか? 2.木材のリサイクル

木材のリサイクル可能率は高レベル。ライフサイクルが長い。

  「木は2度生きる」と言われます。一度目は植林後に枝を伸ばし、葉をつけます。
 
  幹や枝はどんどん太くなり、大きな木に育ちます。
 
  数十年~数百年、場合によっては数千年も植物として生き続けます。
 
  二度目は、伐採されて植物としての生命が終わった後、
  木材として利用されて、価値を発揮して生きます。
 
  建造物として、何百年も生き続けている古民家もあります。
 
  さらに、木造住宅を解体した後も、木材は生き続けます。
 
  木材は、他の素材と比べて、リサイクルしやすい材料です。
 
  木造住宅の解体材は家具用の木質ボードなどに生まれ変わります。
 
  次のグラフは木造住宅を解体した場合、各材料のリサイクル可能率をまとめたものです。
 
  木材は他の素材と比較して、リサイクル率がとても高くなっており、
  リサイクルという観点からもエコロジーです。
 
 
          データ出所:財団法人 日本木材総合情報センター「木質系資材等地球環境影響調査報告書」                     
 
木づかい友の会通信〔第38号〕                                                         

木造軸組工法の魅力 Part16:木造軸組住宅は第二の森

イメージ 1


  Part16:木造軸組住宅は第二の森

イメージ 2

  “日本の木を伐るのは環境に悪い”と
  思っていませんか?

  木は、二酸化炭素を吸って酸素を出し、
  炭素を蓄えて生長していきます。

  このため、先進諸国で地球温暖化対策に
  取り組むことを決めた京都議定書では、
  温室効果ガスの削減目標として、
  2008年から2012年まで(第1約束期間)
  の排出量を、基準年である1990年の水準と
  比べて6%削減することを約束しています。

  そのうちの3.8%が森林の炭酸ガス吸収分
  として割当が認められました。

  “やっぱり、木を伐ると環境に
  悪いんじゃないか?”という声が
  聞こえてきそうですが、早まってはいけません。

  二酸化炭素を吸収しなくなる木もあるのです。

  そもそも、木は二酸化炭素と水を原料に、
  光合成し炭素を糖分にして蓄えることによって
  幹が太っていき、酸素を放出します。

  だから、生長期の木は、より多くの
  二酸化炭素を吸い酸素を出します。

  しかし、生長が止まった木は、
  あまり炭素を蓄えず二酸化炭素を
  そのまま出すようになります。

  それを若木に植え替えることによって、
  二酸化炭素をより多く酸素に替える森ができます。

イメージ 3


  “自然に淘汰させる方がいいんじゃないの?”
  というお考えの方もいらっしゃるでしょう。

  しかし、日本の森林は、
  すでに自然の姿ではありません。

  人間の手を入れることを前提とした
  森となっているため、自然にまかせると、
  水害など思わぬ災害をひきおこします。

  そこで木造軸組住宅が救世主として現れます。

  生長の止まった木を使用して住宅にします。

  そして、住宅として木材の第二の人生がはじまる時、
  住宅の棟数だけの炭素が
  固定されていることになります。

  住宅で木材が使用されている限り、
  二酸化炭素を放出するのを防いでいるわけです。

  そして、住宅に使った分だけ若木を植えれば、
  地球上の二酸化炭素が減って、炭素が蓄えられ、
  酸素が増えるという循環ができます。

  次に木造軸組住宅がその役目を終え解体される時、
  ある材は引き続き使われ、
  ある材はチップになってボードや紙などに生まれ変わり、
  そしてある材は石油などの代わりに燃料になったりします。

  ついに燃やされて二酸化炭素に戻り、
  その二酸化炭素がまた若木に吸収されていきます。

  “炭素として閉じこめている時間を延ばして
  大気中の二酸化炭素の量を減らすんだ!”
  とひらめきましたか?

  その通りです。

  だから、住宅設計の計画の時にはなるべく
  住宅の寿命が長くなるように注意をして、
  建てた後には、住まい方に注意し
  メンテナンスをしていくことが
  地球環境保全に寄与することになります。

  木造軸組住宅は第二の森。

  人が森林を愛(いつく)しむように、
  すまいも愛しんでください。

  (きすみふぁみりー)
ギャラリー
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • ハワイの孫娘 生後6か月
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
  • みくにアダルトエデュケーションクラス 家庭教育コース
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック