気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

レシピ

★★★

  ★★★

  ミシュランガイドと言えば、フランスのミシュラン社より出版される
  様々なガイドブックの総称です。
 
  代表的なものはレストランの評価を星の数で表すレストラン・ホテルガイドですが、
  先月「ミシュランガイド広島 2013特別版」が初めて発売されました。
 
  レストラン278軒、旅館・ホテルが84軒の合計362軒が掲載され、
  広島名物のお好み焼きや穴子、牡蠣の店なども紹介されています。
 
  今回星を獲得したレストランは30店ありましたが、
  唯一三ツ星に選ばれたのが日本料理店「なかしま」です。
 
  広島に三ツ星が誕生したのは初めてですが、
  本日はミシュランガイドについて調べてみました。

  ミシュランガイドは、パリ万博が行われた1900年に
  自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行されたのが始まりです。
 
  発行者のミシュラン社はタイヤ会社でしたが、これにより自動車旅行が活発化し、
  タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったと言われています。
 
  ちなみにレストランが星を1つ獲得するとその店の売り上げは30%増加し、
  ある国でミシュランガイドが刊行されると、
  その国でミシュランタイヤを買おうと思う人が3%増加するそうです。
 
  そして、星の評価については一ツ星がそのカテゴリーで特に美味しい料理、
  二ツ星が遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理、
  三ツ星はそのために旅行する価値がある卓越した料理を意味しています。

  今回、広島が首都圏、関西圏、北海道に続いて4ヶ所目に選ばれた理由は、
  宮島や原爆ドームなどの世界遺産があり、
  尚且つ海外からの観光客が多いとのことでした。
 
  もちろん、瀬戸内海の海の幸や、中国山地の山の幸に恵まれていることで、
  四季を通じて旬の味を楽しむことができる点もあると考えます。
 
  また、ミシュランの調査員たちは料理やサービスの勘定を全て自分で支払います。
 
  そして、星の評価基準を素材の質・調理技術の高さと味付けの完成度・
  料理の独創性・コストパフォーマンス・常に安定した料理全体の一貫性の
  5つから判断します。
 
  したがって、ミシュランガイドの対象国である22ヵ国の星は全て同じ価値を持つのです。

  ミシュランガイドに店やホテルが掲載されるということは、
  世界的に優れていることの証明になります。
 
  そして、それと同時に知名度が上がり、客足が伸びるのかもしれません。
 
  今回、広島のお店が世界に認められたのは大変喜ばしいことですが、
  星の数で評価できない名店を自分で探しに行きたいと思います。
 
  (あるる)

イチゴ、ナッツ、クジラ… 海外すしブームの裏に必ずある“珍ネタ”

 ●イチゴ、ナッツ、クジラ… 海外すしブームの裏に必ずある“珍ネタ”
 
  アメリカや欧州、ロシアなどから遅れること3年、
  今、ノルウェーではすしブームが花を開きつつある。
 
  日本人同様、ノルウェー人にとっても魚を食べることは身近だ。
 
  しかし、日本と同様、子供の「魚離れ」は深刻化しており、
  「ノルウェー水産物審議会(NSC)」などは「すし」に目をつけ、
  いろいろなPRを行うことで魚の消費を上げようと躍起になっている。
イメージ 1
  ノルウェーのすし事情を見せてくれるというので、
  ノルウェー首都オスロから飛行機で2時間ほどの港街トロムソのすしレストラン
  「Ra Sushi & Bar」を訪ねた。
 
  出迎えてくれたのは大阪・ウェスティン内のすし店で修行したというスペイン人シェフ。
 
  日本での厳しい修行話を聞きながら、すし飯、ネタの下ごしらえなど、
  おなじみの作業を見守る。ところが「おなじみ」ではなかったのが、
  目の前のネタの箱の中身だった。
 
  日本では見慣れないマンゴー、イチゴ、揚げたナッツが用意されている。
 
  一体何に使うのか、注目していると、クリームチーズとマンゴーをのせ巻き始めた。

  「えーっ!」日本ではお目にかかれない巻き寿司に、一緒にいた日本人も大騒ぎだ。
 
  どよめきを尻目に、次に準備されたのは揚げたナッツ。
 
  裏巻きの上にサーモンが巻かれ、クリームチーズと生のイチゴがトッピングされると、
  もう驚きを通り越して目が点になってしまう。

  この“世にも不思議な”すしをホントに食べるの…?と眺めていると、
  隣に座っていたノルウェー人女性が解説してくれた。
 
  「ノルウェー人は魚を食べるとは言っても、生魚を食べる習慣はないから苦手なの。
  これはイチゴのつぶつぶの食感と、
  後に残る甘さが生の食感と独特の臭いを消してくれる」。

  なるほど。そこまでして食べたいものなのかと、やや疑問を残しつつ、
  「これが(この店で)1番人気」と勧められると食べずにはいられない。
 
  恐々ほおばってみた。と、これは意外!
 
  揚げたナッツのサクサクッとした食感が楽しめて、悪くない。
 
  次にサーモンとイチゴの相性のよさに驚いた。
 
  すしに使われているサーモンは、NSCの徹底管理下で養殖され、
  運搬にも厳しい温度設定で空輸するため「生サーモン」で懸念される
  寄生虫の心配は必要ない。
 
  ややこってり感があるサーモンだが、
  イチゴのつぶつぶ感と酸味で後味もさっぱりとしたものだった。

  日本人にウケたと分かったのか、次に「鯨」の刺身と唐揚げが登場した。
 
  ノルウェーも日本同様に捕鯨国だが、鯨肉がスーパーで売られることはほとんどない。
 
  魚専門の小売で購入することは可能だが、手に入らないこともある。
 
  一般的に鯨を食べるのか聞いてみると、
  「これまで食べたことがない」とノルウェー人女性。
 
  ノルウェーに住む日本人にも聞いてみたが、
  「積極的に食べないし、買わない」という。
 
  日本より鯨を食べることが身近ではないようだ。

  そんなノルウェーの鯨の味はどうなのだろう。
 
  刺身の味、食感はともに肉に近く、ローストビーフを食べているような感じだった。
 
  この鯨の肉を使って軍艦巻きとしても提供してくれるという。
 
  唐揚げは、日本で食べたことのあるものとは少し違ったが、
  しょうがとガーリックが効いて日本人好みの味だった。
 
  ノルウェー女性に勧めたところ、最初はおそるおそる食べていたが、
  店を後にするときには「お持ち帰り」用のボックスを持っていた。

  「ノルウェーですしはこれからもっと人気になるだろう」とシェフは自信満々で語る。
 
  首都オスロ、今回訪れたトロムソなど、
  ノルウェー各地ですしレストランは増えているという。
 
  今後の“珍すし”登場にも期待できそうだ。
 
  (産経新聞)

食べられる幸せ

  ●食べられる幸せ

  本日10月2日は「豆腐の日」とされています。
 
  1993年に日本豆腐協会が栄養豊富な豆腐を
  もっと食べてもらうためにと、語呂に合わせて制定しました。
 
  豆腐は味噌汁の具材や冷奴、麻婆豆腐や鍋物など用途も幅広く、
  今日では健康食品やダイエット食品としても注目されています。
 
  日本の食卓に並ぶことが多い豆腐ですが、
  今日は「豆腐の日」にちなんで、豆腐の歴史を紐解いてみました。

  その歴史は古く、発祥の地は中国とされており、
  紀元前2世紀、前漢の淮南王・劉安の創作にある
  という説があります。
 
  日本には奈良時代(710~784年)、
  中国へ渡った遣唐使によって伝えられたという説が有力ですが、
  豆腐が記録として最初に登場したのは
  1183年に奈良春日大社の神主の日記です。
 
  お供物として「春近唐符一種」の記載があり、
  この「唐符」が最初の記録とされています。
 
  ちなみに、朝鮮から伝わったという説もあるそうです。
 
  どちらにしても、始めは僧侶によって
  寺院に豆腐の作り方が持ち帰られ、
  そこで様々な料理に形を変え、
  今日に伝わっていることは間違いないようです。

  1782年に刊行された「豆腐百珍」には
  100種類以上の豆腐料理が記述され、
  爆発的な人気を呼んだようです。
 
  こちらは今日の料理本の先駆けになったと言われています。
 
  1つの食材を使って100種類の料理を作るという
  趣旨がうけたようで、それに続くように、「続編」、「余録」、
  さらには他の食材での百珍も登場しています。
 
  豆腐のシンプルな味が様々に形を変え、
  「しじみもどき」「あゆもどき」など
  「もどき」料理も紹介されています。
 
  当時、魚肉や獣肉の「なまぐさもの」と
  「精進もの」を食べ分けるという習慣があったため、
  「もどき」の存在は不可欠だったそうです。

  また、実は江戸初期、豆腐は贅沢品だったようで、
  庶民が口にできるのは
  「ハレの日」だけだったと言われています。
 
  徳川家康・秀忠の時代、
  村々では豆腐の製造は行ってはならず、
  農民が口にすることも許されませんでした。
 
  今でこそ一般家庭に浸透し、大変身近な存在になった
  豆腐だけに信じ難い話ではあります。
 
  ただ、最近の穀物価格の上昇を目の当たりにしていると、
  豆腐が再び贅沢品になる日は
  そう遠くないように感じてしまいます。
 
  これからは温かい豆腐料理が美味しくなる季節です。
 
  今、当たり前に豆腐が食べられる幸せを噛み締めています。
 
  (あるる)

マヨっちゃう

 ●マヨっちゃう

  1750年頃のスペイン・ペルノカ島にある港町マオンの料理屋が
  起源とされるマヨネーズ。
 
  日本では1925年に発売され、普段の食卓でもお馴染みの調味料です。
  今では「マヨラー」という言葉ができる程、
  愛用する人の多いマヨネーズですが、
  実は私達の知らないところで新たな進化を遂げていました。
 
  それが本日ご紹介する「天使のマヨ」です。

  マヨネーズといえば、メーカーによって多少の違いこそあっても、
  大体、同じ様な味や色を想像されると思います。
 
  しかし、富山県小矢部市の旭醤油味噌株式会社から発売されている
  この天使のマヨは、今までのマヨネーズのイメージを一変し、
  果汁や水あめなどをマヨネーズに配合して、
  イチゴ味、オレンジ味、メロン味の三種類となっています。
 
  開発のきっかけは「野菜嫌いの子どもでも、
  美味しく野菜を食べられる調味料はないか?」
  という野菜嫌いの子どもを持つ友人からの相談だったそうです。
 
  甘い果物の風味で子どもも食べやすく、また、色もカラフルで
  食材に絵を描きながら食を楽しむこともできそうです。

  甘めの味付けとなっている「天使のマヨ」に対して
  「悪魔のマヨ」も存在します。
  この「悪魔のマヨ」も同じく旭醤油味噌から発売されており、
  ラー油味、青唐辛子味、カレー味の3種類が用意されており、
  ピリッとした少し辛めの味が特徴です。
  
  そして、天使のマヨ、悪魔のマヨの魅力は味だけでなく、
  普通のマヨネーズよりもカロリーが60~70%も抑えられており、
  合成着色料や保存料も使用していません。

  また、本家のマヨネーズにも勝るとも劣らない程、用途も自由で、
  パンに、サラダに、さらにはお菓子にまでと、
  いろいろなものに使うことができます。
 
  マヨネーズに合う食材を探してみるのも、
  天使と悪魔のマヨネーズを楽しむ、ひとつの方法かもしれません。
 
  天使のマヨ、悪魔のマヨは
  インターネットを通じて購入することも可能です。
 
  いつものマヨネーズに加えて、時にはカラフルなマヨネーズを
  味わってみられてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 山口市 蕎麦屋エソラ
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
  • 基礎工事着工
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック