気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

事故

トンネルから見る未来

  ●トンネルから見る未来
====================================

  11月8日の午前5時15分、福岡県博多駅前の市道で、
  幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ約15メートルという、
  大規模な陥落が発生しました。

  市営地下鉄の延伸工事が行われていた中、
  トンネル上部の岩盤に亀裂が入り、
  大量の地下水が流入した事でこの事故が発生したのです。

  幸いにも死傷者が出ず、復旧が早かった事で賞賛の声が上がりましたが、
  福岡市の地下鉄工事では、過去に二度陥没事故が起きているだけに、
  再度同じ過ちを繰り返す事になってしまいました。

  この原因の一つかもしれないのが、
  トンネル掘削の工法だと言われています。

  今回採用されていた「ナトム工法」は現在の主な工法の一つですが、
  地質によってはその工法が適さない場所もあります。

  周囲をコンクリートで補強しながら掘り進むナトム工法は、
  通常、柔らかい地盤や地下水の多い場所では適さず、
  むしろ「シールド工法」が適すると言われます。

  ただ、こちらは掘削機で壁を固めながら掘り進めるため、
  費用が倍以上になるそうです。

  もちろん、技術的な問題でナトム工法が採用された可能性もありますが、
  仮に予算の問題でナトム工法を選んでしまっていたら、
  それは由々しき問題です。

  国土交通省が鉄道事業法に基づいて
  福岡市交通局に立ち入り検査に入っていますので、
  いずれ真実はわかります。

  ただ、予算の都合上でその場に適さない掘削方法を選んでいる
  という実態がわかり、もし仮にその他の地域においても
  同じ様な事が行われていれば、
  今回の様な事故が今後も起こるのではないでしょうか。

  ここ十数年わが国では道路陥没事故が多発しており、
  04年度から14年度にかけては年平均で4655件発生しています。

  理由の多くは、高度成長期に整備された下水道管が老朽化のために破裂し、
  そこに土砂がなだれ込むからです。

  それが上部の道路陥没に繋がるのですが、
  高度成長期以降に大量に整備されているところが多く、
  今後もその影響で事故の増加が予想されます。

  そんな時期に、新たな事故の要因を増やしている様では、
  安全な国ではなくなります。

  時を同じくして、海の向こうの米国大統領選挙では
  5000億ドルのインフラ投資をすると公言している
  トランプ氏が次期大統領に指名されました。

  行き過ぎた保護主義には賛否両論ありますが、
  インフラ投資は生活に直結するものであり、
  それが国民の心に響いたのかもしれません。

  日本においても、アメリカと同様に
  インフラ投資をすすめる時期に来ているのかもしれません。

  (アルフィックス日報)

退院しました

9月6日  退院しました
 
8月30日に、山口大学医学部附属病院に
目の手術のため入院していましたが
9月6日無事退院しました。
 
怪我をした右目の2回目の手術の際
眼の中に入れたシリコンオイルを抜く手術で
今までは、全身麻酔だったのに
今回は局所麻酔での手術となり
手術前は大変不安を感じていましたが
思ったより早く終わりホッとしました。
 
安静のため、ほとんど寝て過ごしましたので
1週間、ゆっくり休むことができました。
 
また、ブログを再開しましたので
これからもよろしくお願いいたします。
 
 

もしもの為に

 ●もしもの為に
  健康に良く、環境に良く、カッコイイ。
 
  そんな理由と共に、昨今のガソリン価格の値上がりも関係し、
  自転車通勤をする人が増えています。
 
  東日本大震災後はさらに増加しているようですが、
  それに伴い、自転車に関係する交通事故も増加しています。
  自転車には免許制度がなく、誰でも乗ることができるため、
  自動車に比べると事故に対する危機意識が低く、
  社会問題になっているようです。

  自転車で事故を起こした場合の自転車保険をご存知でしょうか。
 
  自転車保険は数十年前からあったものの、
  自動車の自賠責保険とは異なり、加入義務がありません。
 
  自転車を購入する際も、お店で保険への加入は勧められないため、
  広まっていないのが現状でした。
 
  また、保険への加入は自身のケガよりも、相手にケガをさせたり、
  損害を与えたりした場合を想定して加入することが多いため、
  自転車保険には意義を見出せないという人が多かったようです。
 
  しかし、自転車事故の増加に加え、
  電動自転車やロードバイクの普及により、
  自転車にも保険の強制加入制度を設けるべきだという声が高まっています。

  自転車保険を扱っている保険会社は多くありますが、
  昨年5月に開業したばかりのモバイル専業のau損害保険は
  「100円自転車プラン」を開業記念として販売しています。
 
  死亡後遺障害400万円、個人賠償責任の最大1000万円の保障があり、
  保険料は月々100円です。
 
  若者や女性をターゲットにした商品で、
  なかでも子供のために加入する母親が多いようです。
 
  また、三井住友海上火災保険は、全国のセブンイレブンで
  「自転車向け保険」を販売しています。
 
  従来の保険代理店を通じた販売方法ではなく、
  気軽に加入できるため今後も需要は増えそうです。

  自転車の最大の魅力は、風を感じながら、
  自分のペースで心地良く走れるという点だと思います。
 
  より安心して乗るために、自転車マナーを守ることはもちろんのこと、
  自転車保険に加入することも一つの方法かもしれません。
 
  自動車保険や火災保険、傷害保険などに加入している場合は、
  その保険に付いている特約で、
  自転車保険が含まれていることもありますので、
  今一度、自身の保険を確認し、
  自転車保険をご検討されてみてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

通院日

2月29日 通院日
 
今日は、山口大学付属病院に通院する日で
1月25日以来、約1か月ぶりに
病院に行ってきました。
 
先月は、雪で歩いていくことになりましたが、
今回は、幸いなことに天気も良く
妻の運転で二人で行くことができました。
 
診察の結果、まだ目の中の充血が
十分取れていないので
引き続き様子を見ることになりました。
 
片目での生活に慣れるまで
運転を控えているため
仕事も今のところセーブしています。
 
工事現場の様子をあまりお伝えできませんが
明日から3月、
少しづつ今までのペースに
戻していきたいと思います。
 
 
 
 
 

海のもしも

 ●海のもしも

  昔から海辺に打ち寄せる波やしぶきを浴びると
  自律神経を調整する作用があると言われてきました。
 
  また、マイナスイオンが豊富な潮の香りには、皮膚に張りや潤いを与え、
  血行を促進する効果があるようです。
 
  実際、明治時代において、海水浴は「潮湯治」と呼ばれ、近代的医学療法でした。
 
  今日ではレジャーとして楽しまれる方が多いと思いますが、
  海水浴人口が増えるとどうしても増えてしまうのが水難事故です。
  今日は楽しく海水浴が出来るよう、水難事故の対応について取り上げてみました。

  まず、水難事故は一刻を争うため、助ける側、助けられる側、
  通報する側の三者共に初動対応が重要になってきます。
 
  もし、目の前で子供が溺れていた場合、
  すぐに飛び込んで助けてあげたいと思われるでしょう。
 
  しかし、どんなに泳ぎが得意な人であっても、着衣のままであったり、
  溺れてパニックになっている人を連れて泳ぐのは大変なことです。
 
  二重事故を防ぐためにも、まずは近くに居る人に助けを求めることが大切です。

  また、水難事故で救助に向かうレスキュー隊員が望むのは
  「とにかく浮いていること」です。
 
  溺れた時にはサバイバルフローティングが大切になってきます。
 
  サバイバルフローティングとは着衣泳のことですが、
  自分自身や周囲の物の浮力を活用して
  「浮いて救助を待つ」ことと定義されています。
 
  方法は、自分の胸にペットボトルなど浮力のあるものを抱えて、
  ラッコのように背浮きで長時間浮くだけです。
 
  自分自身で長時間浮いて待つことができれば、救助される確率は必然的に高まります。

  そして、水難事故の場合、通報先は「118」番です。
 
  118番は海上保安本部に繋がる電話番号ですが、
  公衆電話、携帯電話、PHS、船舶電話などからも利用可能です。
 
  しかし、2000年から運用が始まっているにも関わらず、
  110番や119番よりも知名度が低く、この10年余りの通報件数のうち、
  99.3%は間違い電話やいたずら電話となっているようです。
 
  最後になりますが、お酒を飲んで海に入らない、遊泳禁止区域では泳がない…など、
  まずは水難事故を起こさないよう注意すること一番です。
 
  しかし、万一起きたとしても被害を最小限にするには、各自の備えや心構えが大切です。
 
  海水浴も危険と隣り合わせであることを認識し、
  楽しい海水浴シーズンを過ごすことを願っています。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック