気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

事故

海では○○に注意

 ●海では○○に注意

  今日から海の日を含む3連休に入りました。
 
  今年は早々に梅雨明けし気温が高くなっていることから、
  これから多くの方が海に遊びに行かれることと思います。
 
  夏の海を満喫して頂くためにも、
  日焼けや熱中症対策をしっかり心がけたいものです。
 
  そしてもうひとつ、注意しておかなければならないものがあります。
 
  お椀、唐傘、行灯、烏帽子…。
 
  これらの名前に共通する危険なものとは一体何でしょう。

  もうお分かりでしょうか。 正解はクラゲです。
 
  日本では夏から秋にかけて現れ、まれに大量発生しては
  漁業用の網を破ったり、工場用水の取水口を塞いだりしています。
 
  そして最も身近なのが、海で泳ぐ際の刺傷による被害です。
 
  クラゲは触手に刺胞と呼ばれる細胞小器官を多数持ち、
  捕食や防御に役立てています。
 
  刺胞は毒針の入った袋に蓋をしたような構造になっていて、
  蓋が刺激を受けると毒針をミサイルのように撃ち出す仕組みになっています。
 
  命中時の速度が時速130kmを超える種類もあり、
  ヒトの上皮をも突き破って体内に毒を注入します。
 
  特にハブクラゲ、カツオノエボシなどは強い毒を持つので要注意です。
 
  また、強弱はあるものの大抵のクラゲは毒を持っています。
 
  刺された場合、適切に対処しなければなりません。

  クラゲに刺されたら、まずはピンセットなどを使って
  残っている触手を取り除きます。
 
  死んだクラゲでも、または触手だけ切り離されていても、
  刺胞は刺激を受ければ毒針を飛ばします。
 
  二次被害を防ぐためにも素手で触ってはいけません。
 
  次に患部に海水をかけて洗った後、氷などで冷やします。
 
  真水をかけるとそれが刺胞への刺激となってしまいますので止めましょう。
 
  また、一部のクラゲに対して有効とされる酢をかける方法も、
  種類によっては逆効果となります。
 
  他にも砂で揉む、口で毒を吸う、小便をかけるといった慣習がありますが、
  どれもやってはいけません。
 
  応急処置を済ませたら、なるべく早く医師に診てもらいましょう。

  とは言え、心配し過ぎてせっかくの夏を楽しめないとなれば面白くありません。
 
  上述した最低限の対処法を心得て、万が一のために
  しっかりと備えておけばさほど怖いものではないと思われます。
 
  この3連休が今年の海デビューとなる方、
  この「あるる」でクラゲへの準備は整うはずですが、それだけでは足りません。
 
  骨抜きの海の日対策とならないよう日焼け止めを塗って水分補給をこまめに行い、
  万全の態勢で楽しい夏を迎えましょう。
 
  (あるる)

飛べないペリカン

 ●飛べないペリカン
  4月20日、米国ルイジアナ州のメキシコ湾沖合80kmで操業していた、
  英国BP社の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」が爆発し、
  多数の死傷者が出ました。
 
  この事故でパイプは折れ、海底油田から大量の原油が
  メキシコ湾全体へと流出していることは皆様もご存知のことと思います。
 
  これまでの原油流出量は約3億3400万リットルと推計されています
  (6月16日時点)。
 
  これは、1989年にアラスカで起こった「エクソン・バルディーズ号座礁事故」
  (約4100万リットル)に比べ、約8倍の原油流出量になり、
  過去最悪の事故とみられています。

  そもそも、事故がここまで大きくなってしまった原因の一つに、
  事故への対応の悪さが挙げられます。
 
  今回、事故のあった原油流出源は水深が約1500mを超える海底で、
  ダイバーはもちろん、遠隔操作ロボットの操縦も極めて困難な状況でした。
 
  しかし、そんな困難な状況にも関わらず行われたのは、
  陸上や浅い海底では成功例があっても、
  今回のような深い海底では全く実績が無いという無謀な作戦だったのです。
 
  もちろん作戦はことごとく失敗に終わっております。

  また、対応の悪さは、流出阻止の失敗だけではありません。
 
  事故調査委員会によると、操業していたBP社を含む、
  作業を行っていた他2社は、事故の前から採掘施設と
  システムの危険性に気が付いておりながら、
  作業を継続していたことが明らかになっています。
 
  安全システムに複数の欠陥があったこと、そして、その警告を無視し、
  品質テストまで省略していたこと、
  さらには、採掘施設に支障があるにも関わらず管理当局側も
  ゴーサインを出していたこと等、二重、三重の規則を無視していたのです。

  現在、原油の流出距離は、2万4000平方キロメートルを超え、
  その距離は、中国地方をすっぽりと覆い、
  福岡、愛媛をも含む距離となっています。
 
  原油の回収作業はようやく軌道に乗り始めましたが、地元住民をはじめ、
  被害は人に自然に経済にと広範囲に及んでいるのは紛れもない事実です。
 
  リスクよりも利益に目を奪われた人間のエゴ。
 
  油にまみれて、羽根が茶色くなった飛べないペリカンを見ていると、
  原油の回収作業の他にも考え直す問題があるのではないでしょうか。
 
  (あるる)

過酷な自然環境に対応する木造住宅 5.住宅性能保障制度と不具合について

イメージ 1

  平成16年度の保険金支払件数をみると、
  防水関係の事故が全体の7割を超えています。

  この数字は、台風がかなり多かった
  ということも影響しているでしょう。

  台風は本来免責なのですが、
  雨漏りの原因は判断が難しい部分なので、
  消費者保護の観点から多くの事故を
  対象に含めています。

  一方で支払い金額をみると、
  基礎関係の事故が全体の6割近くを占めています。

  件数としては2割程度なのですが、
  基礎の補修は大掛かりなので、
  金額が高くなってしまうのです。

イメージ 2

  住宅の建て方にも変化がみられます。

  かつては、外壁の仕上げはモルタルが主流でしたが、
  現在ではサイディングが中心となっています。

  1986年から1996年までの登録住宅のデータを見れば、
  86年当時では70%弱がモルタルで、
  サイディングは20%強でしたが、
  ここ10年で完全に逆転。それにともない、
  サイディングの事故が多くなりました。

  凍害では、結露水が凍って膨張して、
  また融けて、ということを繰り返して、
  穴があいたり、凸凹して見える
  ということがあります。

  また雨漏りも多いのですが、
  対応策として通気工法が登場してきました。

  通気工法とキソパッキング工法は、
  事故抑制の観点から、画期的な技術と言えるものです。

イメージ 3

  太陽光を多く取り入れるために、
  1階の南向きに大きな居間をとり、
  その上に大きなバルコニーを設ける
  という事例が多くなっています。

  この場合は1階に大きな梁をかけて、
  その梁で2階の荷重を受けなければなりません。

  大きな梁の場合は、収縮・曲がりの
  起きる可能性が高いので、注意が必要です。

  また、外観重視の無理なデザインも増えています。

  RC造に向いたデザインなのに木造で作ってしまったり、
  材料性能に頼って、二重三重の対策を
  怠ったりしている事例が、最近増えています。

イメージ 4

  黒カビは、早ければ1~2年で住宅内部を
  ボロボロにしてしまいます。

  気密断熱化住宅では、一度雨漏りや結露を起こすと、
  急速にカビが増殖してしまいます。

  また、ガルバリウム鋼板を仕上げに使用した場合の
  被害が多く報告されています。

  この原因は確認できていませんが、
  おそらくガルバリウム鋼板そのものの問題ではなく、
  使い方の問題でしょう。

  カナダやアメリカでも数多くの黒カビ問題が
  報告されているので、日本でも注意が必要です。

  また地盤に問題があると、不同沈下などの
  大きな事故につながる可能性が高くなります。

  地盤については簡単なチェックシートがあるので、
  それを活用し、一つでも問題があれば
  専門家に地盤調査を依頼してください。

   (Joto.com)
ギャラリー
  • 2階寝室床貼り工事
  • 2階寝室床貼り工事
  • 2階寝室床貼り工事
  • マウイ一家の日本旅行④宇部に到着
  • マウイ一家の日本旅行④宇部に到着
  • 御影石貼り
  • 御影石貼り
  • 御影石貼り
  • 御影石貼り
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック