気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

世界一の豪雪国・日本

  ●世界一の豪雪国・日本
====================================

  先週は大雪に見舞われた日本列島でしたが、
  実は日本は世界一の豪雪国と言われています。

  日本人にその自覚はほとんどないようですが、日本全体のおよそ半分の、
  19万平方キロメートルが豪雪地帯に指定されており、
  豪雪地帯で生活する人は約2000万人(総人口の約15%)の試算です。

  世界の秘境・奥地を見ると日本以上に雪が降る場所は確かにあるのですが、
  多くの人が暮らす中でこれだけの量の雪が降る地域は、
  世界的にみてもほとんどありません。

  ちなみに札幌は「人類社会始まって以来の豪雪の大都会」だそうです。
 
  そもそも雪は、海(または湖)の水が蒸発し、
  それが風に運ばれて山に当たり、凍って落ちるという仕組みです。

  つまり雪がたくさん降るためには、まず大きな海が必要ですが、
  日本の場合は日本海がそれにあたります。

  さらにその風は、山に当たって落ちなければいけませんが、
  日本は山岳国なのでその条件を満たしているわけです。

  中でも北日本は豪雪地帯として有名ですが、
  積雪量のギネス記録をもつのは滋賀県であることはご存知でしょうか?

  1927年、標高1377メートルの伊吹山の積雪量1182センチの世界記録は
  未だ塗り替えられていません。
 
  伊吹山は滋賀県最高峰の山で、日本海と琵琶湖を通って
  湿った空気がぶつかって大雪を降らします。

  あまり雪の降るイメージのない近畿地方ですが、日本書紀では、
  ヤマトタケルがこの伊吹山の神が降らせた「大氷雨」のために
  命を落とした・・・と記されていることからも、
  古来からこの地が豪雪地帯として脅威の対象であったことがうかがえます。

  滋賀県の豆知識をもう一つ。

  急がば回れということわざがありますが、
  その語源は室町時代の連歌師・宗長の
  「もののふの 矢橋の船は 速けれど 急がば回れ瀬田の長橋」
  という歌が由来となっています。

  当時、京都へ向かうには、矢橋(草津市)から琵琶湖を横断する海路の方が、
  南へと大回りして橋を渡る陸路よりも近くて速かったのですが、
  比叡山から吹き下ろされる突風(比叡おろし)により危険な航路だったため、
  このような歌が生まれたということです。
 
  自然と共存してきた日本だからこそ生まれたことわざの一つですが、
  突然の自然災害・・・特に今回のような突然の豪雪に見舞われた時にこそ、
  胸に刻むべきことわざではないでしょうか。

  (アルフィックス日報)

厳しい冷え込み、都心で今季初の冬日

厳しい冷え込み、都心で今季初の冬日

  1月15,16日と大変寒い日が続きました。
 
  比較的雪の少ない我が家の周りも、
  16日の朝は、最近見たこともない大雪で
  真っ白になっていました。
 
  読売新聞に次のような記事が載っていました。
 
  「強い冬型の気圧配置の影響で、日本列島は16日、
   全国的に厳しい冷え込みに見舞われた。

   気象庁によると、沖縄県を除く各地で
   最低気温が氷点下を下回り、
   同日午後11時50分までに、
   高知県本山町(氷点下8・9度)、
   山口県宇部市(同5・8度)、
   宮崎県小林市(同4・5度)など五つの観測地点で
   観測史上最も低い気温を更新した。
 
   東京・大手町の最低気温も
   氷点下1・1度と今季初めての冬日となった。

   積雪も青森市・酸ヶ湯で3メートルを超えたほか、
   同11時50分までに、広島県北広島町で193センチ、
   岡山県真庭市で135センチの観測史上最深の積雪を記録した。

   同庁によると、強い冬型の気圧配置は17日も続く見込みで、
   同庁では大雪や路面凍結などに警戒を呼びかけている。

   東海道新幹線では、東海、近畿地方の雪のため、
   上下線304本が最大1時間41分遅れ、
   乗客約15万人に影響が出た。」
 
   読売新聞 1月16日(日)22時38分配信

TOKIWAファンタジア

12月12日 TOKIWAファンタジア
 
イメージ 1
 
   12月に入って、我が家の窓から見える
   イルミネーションが気になっていましたが
   寒い日が続き、なかなか行く勇気が持てなかった
   TOKIWAファンタジアをようやく夫婦で観にいきました。
 
イメージ 2
 
   12月4日(土)~12月28日(火)
   17:30~21:00に開かれていますが
   沢山の人たちで賑わっていました。
 
イメージ 3
 
    これは、宇部市少年少女発明クラブの作品。
 
イメージ 4
 
    イトカワに近づいているハヤブサがユニークでした。
 
イメージ 5
 
     山口大学の作品は、大変綺麗でした。
 
     今年は、山口大学が他の大学に
     参加を呼びかけたそうで
     いろいろな大学のエントリーが
     目立っていました。
 
イメージ 6
 
    何と言っても目を引いたのは
    メーンオブジェのペットボトルで
    作った東京スカイツリー。
 
イメージ 7
 
   宇部市子ども会育成連絡協議会が
   50周年記念行事の一環として
   約1万2000本のペットボトルを使い、
   世界一高い彫刻のギネス記録を超えた
   高さ11.37mのタワーです。
 
   周囲を約5万個のLEDが
   鮮やかに飾られていました。
 
イメージ 8
     ギネスに申請中だそうです。
 
     風の冷たい夜でしたが
     毎年恒例となった
     TOKIWAファンタジアを
     十分楽しんできました。
 
     
   
 
    

新たな一麺

 ●新たな一麺
 
  年越しの準備はもうお済みでしょうか。

  慌しい年末が過ぎれば、
  新しい可能性に溢れた1年が待っています。

  さて、31日は年越しそばで締めくくる
  という方も多いかと思います。

  昨日の記事でご紹介させて頂きましたが、
  年越しそばは「細く長く」作られることから
  「健康長寿」「家運長命」などの
  思いが込められており、
  年末に欠かせぬ縁起物として
  私たちの生活に根付いています。

  年越しそばと共に新しい縁起物として、
  「年明けうどん」が全国へ広まろうと
  しているのはご存知でしょうか。

  さぬきうどんで知られる香川県では、
  もともと祝いの席でうどんを
  食べる習慣がありました。

  「太くて長く」、「純白で清楚」を
  想起させるうどんは、
  古来より長寿を祈る縁起物とされており、
  そこから「年明けうどん」のアイデアが
  生まれたそうです。

  真っ白なうどんに梅干や人参などの
  紅を合わせた紅白うどんは、
  そばと共に麺業界の発展に繋げよう
  とする試みで、今大きな注目を集めています。

  現在、「年明けうどん」の商標使用申請は
  150件を越えており、テレビ・ラジオなど
  多くのメディアによって全国でも取り上げられ、
  めでたい年始に相応しく華々しいスタートを
  切ることができそうです。

  普及のポイントとして、明るいネーミング、
  過去に「恵方巻き」の普及に一役買った
  コンビニでの販売促進、
  「うどんは古来からの縁起物」という
  消費者を納得させるストーリー性
  などが挙げられます。

  年明けうどんは「年越しそばを食べて
  その年にけじめをつけ、
  年始は新年の幸せを祈りながらうどんを食べる」
  という新しい習慣を提案しています。

  年越しそばの由来には、
  そばが他の麺よりも切れやすいことから
  「今年1年の災厄を断ち切る」
  との説もあるためです。

  現在、日本は世界に誇る長寿国となりました。

  これからは「細く」よりも「太く、長く」を願い、
  年明けに皆でうどんを頂くのも良いと思います。

  (あるる)
ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック