気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

地球温暖化

日本は桜の国 木づかい友の会通信

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

日本の「MIRAI」、世界の未来

  ●日本の「MIRAI」、世界の未来

  2014年12月15日、トヨタが政府の予算案に
  滑り込むかのように、世界初の量産燃料自動車
  (FCV)「MIRAI」を発表しました。

  価格は、670万円+税に補助金が225万円超付き、
  愛知県だけはさらに75.7万円の補助金がプラスされます。

  当初、1台1億円以上と言われていただけに、
  手の届く値段帯になったと言えます。

  ただ、水しか排出しない究極のエコカーと言われていますが、
  燃料となる水素を精製する際に、どうしてもCO2を
  排出してしまうことをご存知でしょうか。

  燃料電池車の燃料となる水素ですが、
  太陽光発電を使って水を電気分解し、
  そこから得た水素を燃料とするならば、
  CO2の排出量は14g/km(1km走行当たり)です。

  しかし、現行の技術で水素を取り出した場合には、
  79g/kmのCO2を排出していることになるそうです。

  これは地球上のエネルギー源が、化石燃料・原子力・
  自然エネルギーの三種類しかないためです。

  これらを一次エネルギーと呼びますが、
  化石燃料と核燃料は地中を掘れば得られ、
  自然エネルギーは毎日太陽から与えられます。

  東芝が太陽光から直接水素を転換することに
  成功していますが、実用化レベルには程遠い状態です。

  そのため、現段階で効率良く水素を精製するには、
  化石燃料を採掘して副産物として出る水素を
  採取するしかないのです。

  ここで日本自動車研究所が発表している
  研究データを見てみます。

  ガソリン車147・ハイブリット車95・PHV102・EV55・FCV79。

  これはそれぞれの自動車が、1km走行するのに
  必要な燃料を精製レベルまで見て
  CO2の排出量を計測したものです。

  FCVに関するデータは前項の通りですが、
  ここでご注目いただきたいのが、
  なぜFCVがEVよりエコではないのかという点です。

  これは水素が軽すぎるという弱点があるためです。

  現在、水素をFCVに搭載するには産業用ボンベの
  5倍にあたる700気圧で注入しなければなりません。

  満タンにするには多くの電力が必要で、
  これは同クラスEVを100~150km走らせる
  電力量に相当します。

  これが、EVよりもFCVがCO2を多く排出してしまう
  原因となっているわけです。

  このように燃料の精製面と補充面で、
  FCVはEVよりもCO2を排出しており、
  究極のエコカーとしては
  まだまだ未完成と言えそうです。

  それでも、日本は世界に先駆けて
  水素社会の実現に向けた
  ロードマップの策定を掲げています。

  世界で水素社会のリーディングカントリーとなるためにも、
  水素を精製・補充する技術力を強化し、
  FCVをより究極のエコカーに
  近づけていってもらいたいものです。

  (アルフィックス日報)
 
 
 

木づかい運動 3.今の日本は豊富な資源を使う時代

木づかい運動 3.今の日本は豊富な資源を使う時代
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
(木づかい友の会通信)

ナック40周年感謝セミナー

5月14日 ナック40周年感謝セミナー
 
  上記のセミナーが福岡の
  JALシーホークホテル福岡で開かれ
  40周年の記念のセミナーで
  ナックには珍しく無料ということで
  参加してきました。
 
  これまで東京、大阪で開かれ
  この後仙台、名古屋、広島と
  開催する予定になっています。
 
イメージ 1
 
   大きな会場には120名を越える
   会員が集まっていました。
 
   セミナーの冒頭で
   スクリーンに映し出されたナックの
   寺岡社長の話の中で
   これからの住宅作りには
 
   1.環境に優しい
   2.健康に良い
   3.価格が安い
   4.家族にゆとり
  
   の4つのKYが鍵となるという
   言葉が印象的でした。
 
   またセミナーの中で
   現在政府が力を入れている
   太陽光発電について説明があり
   2020年までに
   CO21990年比25%減を
   達成するために
   太陽光発電の住宅を
   現在の30倍1000万世帯に
   増やすことが上げられているそうです。
 
   今年度の48円/KWHの
   余剰電力買取制度は
   国民総参加で
   そのために太陽光をつけていない
   世帯の負担金で買い取り分を賄っている
   という現状も説明がありました。
 
   2004年まで日本が太陽光発電の
   導入量第1位でしたが、
   2004年にドイツに抜かれ
   ドイツは日本の2倍以上にまで
   増えていること、
   国民総参加の買い取り制度は
   ドイツを真似て導入したものの
   ドイツでは太陽光をつけていない
   国民の負担金が増えすぎて
   最近の導入が横ばいになってしまったことなど
   いろいろな側面について学びました。
 
   補助金、今年度の48円/KWHの
   余剰電力の買取などを考えると
   まさに今が太陽光発電を取り付ける
   最適な時期で各方面で力を入れている
   現状がよく理解することができました。
 
   
   
   
  
 
   
 
 
    

日本の象徴

 ●日本の象徴

  4月16日、環境省より2008年度の温室効果ガス排出量が発表されました。
 
  京都議定書規定の基準年である1990年の総排出量から比べると、
  二酸化炭素の排出は1.6%増の12億8200万トンとのことです。
 
  温暖化は年々進み、ヒートアイランド現象が問題となっている都市部では、
  ここ数年多くの熱中症患者が出ています。
 
  その対策の1つとして「壁面緑化」に取り組む企業が増えており、
  都市部では「緑の壁」が見られるようになってきました。
 
  壁面緑化と言えば、くるくると上に向かって伸びるツタ植物が使われていましたが、
  近年では「苔」を使った壁面緑化に注目が集まっています。

  苔を使った壁面緑化は土壌や肥料を必要としない上、
  大気中から水分や養分を取り込むことができるため、
  低コストで管理ができるようです。
 
  そして、苔は生命力が強く、細かく切っても、乾燥して仮死状態になっても、
  水分と太陽光を与え適切な処置をすれば再生します。
 
  例えば、「スナゴケ」は自重の約20倍もの水を保つことで、
  大気の乾燥に対し、体内の水分を蒸散して生命を守ります。
 
  このような性質を壁面緑化に利用することで、断熱、遮熱効果で
  紫外線等による建物の劣化を抑える働きが生まれます。

  また、苔が温暖化対策に有効である理由がもう1つあります。
 
  一般の植物は炭素を体内に固定化する働きを持ちますが、
  枯れや腐食、森林伐採の結果、
  取り込んでいた二酸化炭素を大気中に還元します。
 
  そのため、二酸化炭素の吸収と排出の収支は概ね1:1と言われています。
 
  一方、無機質上に生育できる苔は腐食の進行が極めて緩やかなため、
  炭素を固定したまま堆積していきます。
 
  長期的に見ると他の植物に比べて炭素の固定化度が著しく高く、
  堆積した苔は泥炭の一種であるピートモスを形成し、
  土壌改良や鉢物用土に利用されます。

  現在、世界では約25000種類の苔が確認されておりますが、
  日本にはそのうち約2500種類が存在し、
  アメリカに次いで世界で2番目に苔の多い国です。
 
  昔から苔は庭園や盆栽で利用され、国歌・君が代にも使われるなど
  日本人に親しまれてきました。
 
  銀閣寺や苔寺と呼ばれる西芳寺では、苔むす庭が今でも人々に愛されています。
 
  都市部で広がり始めた壁面緑化が、千代に八千代に日本を、
  そして世界を潤してくれることを願い、
  温暖化防止への大きな効果を期待したいと思います。
 
  (あるる)
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック