気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

天文学

ゴミに覆われた空

  ●ゴミに覆われた空
====================================
    
  放射線、紫外線、真空状態に極めつけは太陽フレア、
  宇宙空間の脅威は様々ですが、
  いま宇宙開発の克服し難い障害となっているのは、
  人が生み出したゴミ、スペースデブリです。

  スペースデブリは耐用年数を過ぎた、
  または事故、故障によって放棄された人工衛星、
  打ち上げられたロケット本体や切り離しなどによって生じた破片、
  更には宇宙飛行士が船外活動中に落とした
  手袋や工具、部品といった宇宙空間を漂う大小の人工物です。

  漂うといっても、秒速8キロメートルの超高速
  (ライフル弾が秒速800メートルですのでその10倍もの速さ)で
  宇宙空間を移動しています。

  それだけの速度ですので、ネジのような小さなものでも
  衝突すれば大事故に繋がる危険性があります。
 
  大きさが10センチ以上のものだけでも2万3000個、
  1ミリ以上のものまで含めると1億ないし1兆個以上のゴミが、
  宇宙空間に放置されたままであると推定されています。

  1970年代からNASAのケスラー博士によって提唱されていた、
  デブリ同士がぶつかり合い
  連鎖的に新たなデブリを自己増殖させていく、
  通称ケスラーシンドロームも既に現実のものと
  なってしまっていると考えられ、
  今後デブリは益々増えていくものと思われます。

  衛星放送・通信、気象予測にGPSなど、
  地上の生活も宇宙から様々な恩恵を受けていますが、
  そうした人工衛星はデブリとの衝突を防ぐ手立てはなく、
  小さなデブリだと観測もできません。

  またデブリは地球を膜で覆うように衛星軌道上に堆積し、
  このまま放置し増え続ければ、
  宇宙への道が未来永劫断たれることにもなりかねませんが、
  各国が競い合って宇宙開発が加速度的に進む中、
  デブリの除去作業はまったく追いついていないのが現状です。

  現在行えるデブリ除去一番の方法は、
  デブリを大気圏まで叩き落し焼失させるやり方です。

  今年に入り「こうのとり」がデブリの除去活動を試みました。

  電流を流し磁場を干渉させると、
  速度方向の逆向きに力が働き徐々に減速、
  デブリは大気圏へと降下していきます。

  デブリを落とすための導電性のワイヤーを打ち出すことができず、
  残念ながらこうのとりの除去活動は失敗に終わりましたが、
  今回の活動に限らず、JAXAと世界で唯一デブリに立ち向かう民間企業
  「アストロスケール」が協同し技術を開発しており、
  日本は世界の中でも特にデブリ除去活動に心血を注いでいます。
 
  自分たちの歩みを自ら阻んでしまわないよう、
  まずは自分たちが出したゴミの掃除から始める必要があるようです。

  (アルフィックス日報)

ダークマターは見えない

  ●ダークマターは見えない
====================================

  水兵 リーベ 僕の船・・・
  H He Li Be B C N O F Ne・・・
  (水素 ヘリウム リチウム ベリリウム ホウ素 
  炭素 窒素 酸素 フッ素 ネオン)

  元素記号の周期表を覚える時、こういったフレーズを
  使われた方は多いのではないでしょうか。

  宇宙において、この元素からなる目に見える物質
  (人間や地球、あらゆる星や銀河を含めた物質)は約5%にすぎず、
  残りの約25%はダークマター(暗黒物質)、
  約70%はダークエネルギー(暗黒エネルギー)だと考えられています。

  科学が飛躍的に進歩しても、宇宙を構成する
  95%は謎に包まれているのです。

  ダークマターは、目には見えないがそこに確実に存在するという点から
  「風」に例えられ、宇宙全体に広がっているようです。

  このダークマターの存在を最初に提唱したのは、
  スイスの天文学者であるフリッツ・ツビッキー氏です。

  1933年に
  「宇宙のほとんどは原子以外の何かほかのもので形作られている」
  と主張し、宇宙のすべての物質が原子で構成されているという
  それまでの考えを否定しました。

  ツビッキー氏は幾つかの銀河の集まりである「銀河団」がもつ
  質量を計測し、観測可能な物質だけでは銀河を形成するのに
  十分な重力が得られないことを発見します。

  ちょうど、回転するメリーゴーランドに乗っている子供が、
  落ちないようにしっかりと馬に「しがみついている」のと同じように、
  複数の銀河が回転する銀河団内でまとまっているのは、
  強力な引力を持つ何か「しがみつき」が存在すると
  ツビッキー氏は確信します。

  そして、この未知の物質を「dark(ダーク)」と呼びました。

  昨今、ダークマターの存在は少しずつ解明されており、
  ダークマターがなければ太陽系の星々や銀河の天体は
  均衡を保つことができず、ばらばらになってしまうと考えられています。

  また、宇宙が加速度的に膨張しているのは
  「ダークエネルギー」が関係していると言われています。

  今のところこの正体はまったく不明ですが、
  宇宙の運命を知るためには欠かせない存在であり、
  今後の研究成果が待たれます。

  社会や経済も小さな宇宙と考えることができます。

  個人や国の利益という目に見えることと、
  環境への配慮や国家間の良好な関係、
  社会貢献など目に見えないこととのバランスで
  均衡が保たれています。

  自国の利益や雇用などを優先するあまりこの均衡が崩れ、
  ダークマター(深刻な問題)にならないことを願うばかりです。

  (アルフィックス日報)

大地を知る

 ●大地を知る

  5月24日午後0時5分、鹿児島県の種子島宇宙センターから
  ある一基のロケットが打ち上げられました。
 
  そして、そこにはある人工衛星が乗せられていました。
 
  歴史を振り返ってみますと、人類初の人工衛星というのは
  1957年に旧ソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号です。
 
  それから現在までに7000基以上もの人工衛星が打ち上げられています。
 
  衛星自体は50カ国以上が保有しており、
  今や生活には欠かせない情報を与えてくれています。
 
  例えば、GPS機能、天気情報、衛星放送などがあり、
  これらを利用しない日はないと言えます。

  今回打ち上げられた人工衛星は「だいち2号」です。
 
  「だいち」は陸域観測技術衛星に分類され、
  地上を詳しく識別する機能に特化しています。
 
  そのため「だいち」の重要な役割として大規模災害の状況把握などです。
 
  それ以前には、「だいち1号」が東日本大震災で
  津波の浸水域や沿岸部の沈降などを観測していました。
 
  しかし、東日本大震災の2カ月後に電力異常で運用停止してしまいました。
 
  そのため、「だいち2号」が宇宙に飛び立つことになったのです。

  「だいち2号」は「だいち1号」と比べて地上の識別能力などが
  大幅に向上しており、物資輸送の迅速化などで
  大規模災害時の早期救援につながると期待されています。
 
  2号の機能の向上を見てみますと、
  国内の被災地は3日に1回しか観測できませんでしたが、
  1日2回観測することができます。
 
  さらに、省庁への情報提供は観測の3時間後になっていましたが、
  1時間程度で可能になりました。
 
  また、昼夜や天候を問わず観測できるレーダーに特化しており、
  地上で識別できる大きさは1号の10メートルまでから
  1~3メートルに向上しました。
 
  これにより、地表との距離を地震前後に比較し、
  隆起や沈降の地殻変動を数センチ単位で把握することができます。
 
  観測範囲は幅2320キロと約3倍に拡大し、
  広域の観測も可能になりました。
 
  全ての部分でグレードアップしたといえる
  「だいち2号」の今後の活躍が期待されています。

  日本は地震災害と切っても切れない関係にあります。
 
  そこで大事になってくるのはもちろん災害後の状況把握、
  そして、早急な対応です。
  また東日本大震災では、
  「だいち1号」が撮影した画像が関係省庁に配布されたものの、
  十分に分析できる人が少なかったと指摘されていました。
 
  やはり、最新技術に頼るだけでは、
  最善な策を生み出すことはできません。
 
  地球外から日本を見守る新たな衛星「だいち2号」は
  とても頼もしい存在ですが、地球に住む私達が人の生命と同じく、
  環境を守っていく心がけが何より必要なのかもしれません。 
 
  (アルフィックス日報)

宇宙のごみ掃除

 ●宇宙のごみ掃除

  米国や欧州、ロシアを中心に有人飛行や衛生打ち上げなど、
  宇宙研究が進化を遂げています。
 
  その結果、パソコンや携帯電話の通信速度が速まり、
  映像がより鮮明になるなど、私たちの生活を快適にしてくれました。
 
  しかし、その一方で様々な問題点も抱えており、
  その一つが「スペースデブリ」です。

  スペースデブリとは、地球の大気圏外に漂う人工物体であり、
  宇宙ゴミとも呼ばれています。
 
  例えば、耐用年数を過ぎて機能を停止した人工衛星やロケットの破片、
  宇宙飛行士が落とした手袋やネジなどもスペースデブリです。
 
  このデブリがこの数年で急激に増え、
  人類の宇宙活動にとって脅威となっています。
 
  10cm以下のデブリを含めると、
  推定で約5兆8000億個が地球の周囲を飛び交っていると言われ、
  宇宙船の活動はデブリの監視なしには困難になっているそうです。
 
  更に、デブリ同士の連鎖衝突により、その数が爆発的に増えていく
  「ケスラーシンドローム」の発生も危惧されています。

  退役したスペースシャトルに代わり、
  大型の荷物を国際宇宙ステーションへ運べる唯一の宇宙船となった
  日本宇宙船HTV「こうのとり」も、09年に打ち上げられた際、
  デブリとの衝突の危機に直面していました。
 
  特に、07年の中国の衛星破壊実験で発生した約3000個のデブリは、
  国際宇宙ステーションの軌道と交差し、
  滞在する宇宙飛行士たちを脅かしています。
 
  デブリの速さは秒速8kmと言われており、
  10cm以下の小さなデブリであっても、
  人工衛星を爆発させるほどの破壊力を持っているそうです。

  この問題を克服するため、スイスの科学者とエンジニアにより、
  デブリ掃除を行うための回収衛星「Clean Space One」
  の打ち上げが計画されています。
 
  目標のデブリ に回収衛星を接近させ、先端についている
  四方に伸びるベルトのようなものでデブリを抱え込みます。
 
  その後はデブリを抱えたまま大気圏に突入し、
  デブリごと燃え尽きる仕組みで、
  3~5年を目途に計画が進められています。
 
  もちろん、現在の技術では宇宙空間において
  衛星を自由自在に軌道変更できません。
 
  よって、予め目標のデブリと同じ軌道を狙って
  衛星を打ち上げる技術の確立が急がれています。

  膨大に飛び交うスペースデブリをどこまで減らせるのかが今後の焦点ですが、
  この計画が成功すれば、現在打ち上げられている衛星や
  有人飛行に対する障害や懸念も払拭され、
  宇宙研究がより進められるのは事実です。
 
  今後の宇宙のごみ掃除から目が離せません。
 
  (あるる)

はやぶさ「世界初を実現した日本の力」川口淳一郎氏 講演会

8月7日  はやぶさ「世界初を実現した日本の力」川口淳一郎氏 講演会
 
イメージ 1
 
宇部商工会議所主催の
はやぶさプロジェクトマネージャー
川口淳一郎氏の講演会があり
宇部市文化会館に夫婦で行ってきました。
 
定員は300名、
全席指定で会場はいっぱいでした。
 
サンプルリターンの科学的・技術的意義に始まり、
「はやぶさ」プロジェクトの計画から運用における
随所での臨機応変の対応が紹介されました。
 
小惑星サンプルリターンは、
「NASA さえもためらうようなハイリスク・ハイリターンのプロジェクト」
であったこと、
それを NASA に初期のアイディアを持っていかれたことをきっかけに、
半ば破れかぶれ、はったりで構想を打ち出した
というのが印象的でした。
 
結果として世界初、日本が誇れる成果を残せたのは
「技術あっての根性、意地と忍耐」があったからだと言われました。
 
「地球に帰ってくることがゴールだ」という強い共通認識を持って、
次々とふりかかる危機に技術者として全力を尽くし、
サンプルリターンを成功させることができたそうです。
 
時折ユーモアを交えながらの1時間半の講演は
あっという間に終わりました。
 
 
 
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック