気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

天文学

とりあえずやってみる

 ●とりあえずやってみる

  今から122年前の11月20日、アメリカのミズーリ州に
  男の子が生まれました。
 
  小学生の頃にイリノイ州へ転居しましたが、スポーツ万能の少年で、
  高校の陸上競技大会では7種目で1位
  (円盤投げ・ハンマー投げ・棒高跳び・立ち高跳び・走り高跳び・
  砲丸投げ・1マイルリレー)となり、走り高跳びではイリノイ州記録も
  樹立、まさにスター的存在でした。
 
  大学に入るとその恵まれた体格を活かし、
  彗星の如くボクシング界へ現れます。
 
  ものすごい重力の光速パンチを武器に、
  世界ヘビー級チャンピオンへの挑戦も
  勧められるほどの選手になりました。
 
  更にスポーツだけではありません。
 
  大学を卒業後、法律を学んで弁護士になったかと思えば、
  転職して教師になったりと、一風変わった経歴を持っています。

  これはある有名な人物の前半生を簡単に記したものですが、
  誰だかお分かりでしょうか。
 
  後半生、全く異なる分野でその名を宇宙に轟かすことになろうとは、
  本人でさえ予想していなかったかもしれません。
 
  彼の名はエドウィン・パウエル・ハッブル。
  現代では当たり前の「膨張する宇宙」を証明した
  20世紀最高の天文学者で、大気圏外で活躍する
  巨大なハッブル宇宙望遠鏡の名前にもなった人物です。

  続きをもう少しお話ししましょう。
 
  この後ハッブルは大学時代に学んでいた天文学を
  再度学び直すことを決意します。
 
  これがその後の人生を決めることとなりました。
  カリフォルニア州にある天文台の職員となり、
  残りの半生をそこでの研究に費やしたのです。
 
  多大な功績が讃えられ、それまで選考の対象外だった
  天文学の分野から初のノーベル物理学賞受賞となる予定でした。
 
  ところが通知を受け取る直前に亡くなり、
  遂に受賞は叶いませんでした。
 
  遺言により墓標は無く、墓の場所を知る者は誰もいないのだそうです。
 
  最期まで変わった人間でした。

  数多くの経験をしてきたこと、そしてその中から天文学を選んだことで、
  彼は学者として名を残すまでになりました。
 
  とりあえずやってみる、という一見無鉄砲な考え方が、
  今日の宇宙観を作っているのかもしれません。
 
  澄んだ秋の夜空は、今も昔も変わらずたくさんの星を
  私たちに見せてくれます。
 
  この星をハッブルも見ていたのかな、などと考えながら、
  冬へと移る星空を見上げるのもおつですね。
 
  (あるる)

国際宇宙ステーション

10月17日  国際宇宙ステーション
 
妻が勤めている青少年会館で、
視聴覚センターのプラネタリウムの先生が
「今晩は、国際宇宙ステーションがよく見えますよ」
と妻に教えてくださり、
夫婦で夜空を眺めました。
 
イメージ 1
 
6時30分頃、出てきました!
 
わずか5分ほどでしたが
月に照らされた光が
はっきりと見えました。
 
自分たちの住む地球を
90分に1回廻っている、
宇宙ステーションを身近に感じる
一瞬でした。
 
イメージ 2
 
JAXAのHPに見える日時が載っています。
 
 
飛行機との違いは、
点滅していない光です。
 

ダイヤモンド星

 ●ダイヤモンド星

  昨日の「あるる」でも取り上げたダイヤモンドですが、
  ダイヤモンドは炭素のみで成る鉱物です。
 
  また、世界一硬い鉱物とされますが、そもそもは透明な炭ですから、
  1100度~1400度位の温度では燃えて灰になってしまうそうです。
 
  ダイヤモンドの需要は宝飾用、工業用が主で、
  供給はロシア、南アフリカ、オーストラリアから産出されています。

  地球内部の非常に高温高圧な環境で生成され、
  古い地質構造が保存されている場所にしか存在しないため、
  地質構造の新しい日本では産出されないはずでした。
 
  ところが、2007年に愛媛県のかんらん岩から
  1マイクロメートル程度ですが、
  ダイヤモンドが含まれているのが発見されたそうです。
 
  さらに先日、意外な場所でダイヤモンドが発見されました。
 
  それは地球から4千光年離れた銀河系の中だったのです…!

  オーストラリアなどの国際研究チームが観測したものですが、
  大きさは地球の5倍にもなる星で、
  そのほとんどがダイヤモンドで構成されていると言うのです。
 
  このダイヤモンド星は、太陽のように動かず、
  自ら熱を発生させて輝いている「恒星」が2つ連なっていたものが
  寿命を終えて、爆発したことから出来たようです。
 
  一方が電子を持たない中性子で出来た「中性子星」になり、
  もう一方が表面のほとんどの物質を剥ぎ取られ
  炭素と酸素だけの星になったようです。
 
  この炭素と酸素だけの星の密度が非常に高いことから
  炭素は結晶質、つまりダイヤモンドだと考えられています。

  地球上で一番大きな研磨済みのダイヤモンドは、
  タイ国王所有の「ザ・ゴールデン・ジュビリー」で、
  545.67カラット、109.13グラムもあります。
 
  しかし、銀河にはそれとは比較にならない、
  大きなダイヤモンドが輝いているのかと思うと、
  空を見上げずにはいられません。
 
  このようなニュースを見ると、
  地球は小さな星なのだと改めて思わされます。
 
  私達が生活する上で必要とする資源は
  全て与えられたものであり、有限のものです。
 
  資源価格の高騰が続いておりますが、世界人口は増え続けます。
 
  消費者が増えれば消費量は増える、
  消費量が増えればモノは足りなくなる、
  モノが足りなければ価格は上がる、
  資源価格の高騰は避けられないことのように思います。
 
  (あるる)

夏の星座観察

8月25日  夏の星座観察
 
イメージ 1
 
  わくわく常盤の行事である夏の星座観察が
  常盤ふれあいセンター横の広場で
  午後7時から行われ、夫婦で参加してきました。
 
イメージ 2
 
   参加対象の小学生はあまり多くありませんでしたが
   2台の望遠鏡を使って、夜空に出ていた月や金星など、
   いろいろな星を参加者が順番で見ました。
 
   この日は曇り空でしたが、風もあり
   暑い日が続いている中では、比較的涼しい夜でした。
 
   講師の方から、夜空に段々と見えてくる
   星や星座について説明を受け、
   今まで知らなかったことなど、楽しく学びました。
 
   その中で、国際宇宙ステーションが地球を90分で
   廻っているという話しは、大変興味深く
   天体観察の2時間の間に、2度地球を廻っている
   宇宙ステーションを肉眼で見ることができました。
 
イメージ 3
 
   望遠鏡を通してみる月は、大変綺麗でした。
 
   多くの方が、持っている携帯電話で
   望遠鏡の月を撮っていましたが
   妻の携帯でこのような画像が撮れました。
   
 
    

月の神秘

 ●月の神秘

  アポロ11号が初の月面着陸を成功させてから41年、
  月が再び注目を集めています。

  人類が再び月に降り立つ日を目指し、アメリカ政府は、
  火星探索や宇宙に関する研究の拠点として、
  月面基地の建設に着手する計画を2004年に発表しました。

  現在、月面探索用の車やロボット、
  新世代宇宙服などの開発が進められています。

  計画の中でも、月面基地の建設に必要不可欠なのが
  「水」の存在です。

  月の両極には、常に太陽の光が当たらない
  「永久影」という部分が存在します。

  これまで、この永久影の地表付近に、
  水分が氷の状態で存在している可能性がある、
  と言われていました。

  そこで、月には本当に水分が存在するのかどうかを
  確かめるため、アメリカの航空宇宙局(NASA)は、
  昨年10月、無人探査機を月面に激突させる実験を
  行いました。

  実験を簡単に説明すると、永久影のクレーターに
  時速9000キロの高速で探査機を激突させ、
  その際に舞い上がった大量の噴出物の成分を
  調べるというものです。

  その結果、95リットルに相当する
  水分の飛散を確認することができました。

  そして今月の初め、NASAは、
  これまで不明とされていた月の水の総量について、
  月に眠る水は約6億トンに達すると発表しました。

  これは日本最大級の水力発電ダムである
  富山県の黒部ダムの約3倍に当たる量です。

  月に水分が発見されたことで、更に研究が進めば、
  月で宇宙飛行士用の飲料水を確保することができます。

  また、水を分解してできた水素をロケット燃料として、
  酸素を宇宙飛行士の呼吸用として
  活用することも可能になると言います。

  月は地球から一番近い星ではありますが、
  その形態はまだ神秘に満ちています。

  月面基地計画が今後どのように進んでいくのか
  楽しみでなりません。

  (あるる)
ギャラリー
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • ソウルの孫
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
  • 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック