気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

宝くじ

年末ジャンボ宝くじ

  ●年末ジャンボ宝くじ
====================================

  2016年も今日1日となりました。

  年末ジャンボ宝くじの当選番号の発表日でした。

  本日は、皆様も一度は購入されたことがあるのではないかと思います
  「宝くじ」についてご紹介します。

  世界の「くじ」の歴史を辿ると、約2000年も昔、ローマ時代にまで遡ります。

  しかし、今日のような「近代的富くじ」となると、時代はずっと後になり、
  15世紀半ばのオランダで、町の建設や要塞構築などの資金調達のため、
  「富くじ」が発行された記録が残されています。

  一方、日本の富くじの起源は、江戸時代初期の寛永元年(1624年)頃に
  摂津国の箕面山瀧安寺で、正月の元旦から7日までに参詣した善男善女が、
  自分の名前を書いた木札を唐びつの中に入れ、
  7日の日に寺僧がキリで3回突き、3人の当選者を選びだし、
  福運のお守りを授けたのが起こりとされています。

  その後、「宝くじ」という名称で販売されるようになるのは
  昭和20年10月からです。

  政府は、戦後の激しいインフレ防止のため
  浮動購買力吸収の必要性が大きくなったので、
  「宝くじ」という名前で政府第1回宝籤を発売することになりました。

  更に戦災によって荒廃した地方自治体の復興資金調達をはかるため、
  各都道府県が独自で宝くじを発売できることとなり、
  昭和21年12月に地方宝くじ第1号「福井県復興宝籤」が登場しました。

  政府宝くじは昭和29年に廃止され、その後は地方自治体が
  独自または共同で発売する自治宝くじだけが残り、現在に至っています。

   ちなみに、今年の年末ジャンボ宝くじは、
  1等・前後賞合わせて10億円と過去最高賞金を記録していますが、
  最初に最高賞金が1億円の大台に到達したのは平成元年です。

  そもそもこの“ジャンボ”という言葉は、
  大型くじに対しマスコミが使用した言葉が愛称として定着し、
  昭和54年から「ジャンボ宝くじ」と呼ばれるようになりました。

  平成27年度の1年間に宝くじで1000万円以上の当選金を受け取った
  高額当選者を対象にアンケートを行った結果、
  男女ともに60代がトップの45%を占めています。

  職業別で見ますと、会社員が37%と男女ともにトップです。

  イニシャル(名前・姓)では、男性の1位は「T.K」さん、女性は「K.K」さんで、
  星座はみずがめ座、山羊座、うお座の順です。

  本日発表の当選番号の結果はいかがでしたでしょうか。

  (アルフィックス日報)

6年連続で宝くじ1億円超の高額当せん出す山口県宇部市に注目

 ●6年連続で宝くじ1億円超の高額当せん出す山口県宇部市に注目
 
  こんな記事が載っていました。
 
  瀬戸内海で獲れる新鮮な魚から作られる『宇部かま』や、
  霜降山から湧いた地下水で作られた『貴』などの日本酒が
  特産品として有名な山口県宇部市。
 
  今、人口17万人ほどの小さなこの町が、宝くじファンの間で話題を呼んでいる。

  その発端は、5月30日に抽せんが行われた『ロト7』で、
  6億3000万円を超える高額当せんが出たことだ。

  この当せんで、宇部市内の売り場から6年連続でジャンボ宝くじなどの
  “億当せん”が生み出されたことになり、まさにノリに乗っている街なのだ。
 
  風水心理カウンセラー・谷口令さんはこう語る。

  「金運は、“西”へ流れていくといわれています。
  ですから本州のいちばん“西”に位置する山口県には、金運が集まるんですよ。
  そんな“幸運の県”の中でも、空港のある宇部市には、風のエネルギーが、
  金運を運んできてくれます。宝くじの高額当せんを狙うにはばっちりの街ですね」

  前述した『ロト7』の約6億3000万円を出したのは、
  『ウェスタまるき西岐波店宝くじ売り場』だ。こ
  れまでは高額当せんの実績も少なく、100万円の当せんが最高だった。
  突然の“億当せん”に「腰が抜けそうになった」と話してくれたのは、
  販売員の武田恵子さん。

  「見たことのない当せん金のケタ数だったので、何度も数えてしまいましたよ。
  この店は、買い物帰りにふらっと立ち寄る常連のお客さんが多いんですが、
  ほとんどのかたがいつも同じ数字を買っていくんです。
  “継続は力なり”ってことですかね」

  同売り場の当せんで、宇部の“億当せん”は6年連続に。
  その記録のはじまりは、2009年、年末ジャンボの1等・前後賞合わせて
  3億円が2組当せんした『宇部琴芝チャンスセンター』だった。
  同売り場は、35年の歴史があるが、2009年までの当せん金の最高額は1000万円。

  売り場担当の亀山賢次さんは次のように振り返る。
  「やっと億当せんが出たと思ったら、一気に2組ですからね。
  こんな小さな町で、しかも同じ売り場から億当せんが2組も出たんですから、
  本当に珍しいことです」

  その後も、2010年と2011年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて3億円が出たほか、
  2012年のドリームジャンボでも1等・前後賞合わせて1億1000万円が当せん。
  まさかの4年連続で億当せんを出し、“奇跡の売り場”として
  北海道や沖縄など全国各地から買いに来る人もいたほど。

  『宇部琴芝チャンスセンター』のバトンを引き継ぎ、翌年(2013年)、
  宇部市内の“5年連続億当せん”を実現させたのが、
  『宇部メルクスチャンスセンター』だ。
  売り場の外観をイエローゴールドに改装した直後の、
  2013年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて7億円が当せんした。

  前出の亀山さんは、「普段宝くじに興味のないかたでも、
  “これだけ宇部で当せんが続いているんだから、私も買わなくちゃ”と
  興奮気味に売り場を訪れる人も多くいますね」と言う。

  同売り場では、高額当せんを祈願して、売り場にある招き猫を毎日磨き、
  売り場の掃除も徹底的に行っているという。
  それにしても、6年連続億当せんだなんて、宇部市おそるべし! 
  1等・前後賞合わせて1億円が当たる『幸運の女神くじ』が、
  7月1日まで発売中。金運の集まる宇部市で、
  “幸運の女神”を見つけてみてはいかが?

  ※女性セブン2014年7月3日号
ギャラリー
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
  • 最後のビーチ
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック