気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

建築デザイン

木造軸組工法の魅力 Part18:地震に強い木造軸組住宅

イメージ 1


  Part18:地震に強い木造軸組住宅

イメージ 2


  木造軸組住宅の重要な構造部分を担当する材料である木材は、
  鉄やコンクリートの建築用の構造材料に比べると強いのでしょうか、

  それとも弱いのでしょうか?

  材料の強さを図るために、
  その材料を引っ張って引きちぎれにくいか(引張り強さ)、
  その材料を押してつぶれにくいか(圧縮強さ)を
  材料の重さあたりの強さで調べたものが、上の図です。

  木材は、自然のものなので、1本1本の性質にバラツキはありますが、
  それにしても、圧倒的に鉄やコンクリートなどよりも強い事が分かりますよね。

  そして、地震に対して同じ強さの家を違う材料で建てた場合、
  一番軽くできるのは、木の家です。

  軽くできるということは、地震に優位に働きます。

  なぜなら、地震力は重さ(住宅の自重や家具などの積載荷重など)
  に比例して働くことから、軽い建物にはあまり大きな力が掛からないためです。

  軽い建物が地震に強いというのは、日本では昔から知られていたことで、
  滋賀県にある彦根城には、地震の間という建物があり、
  造作もなるべく軽く工夫しているそうです。

  軽いということは、他にも、建てるときの建てやすさや、
  材料を運ぶときに省エネルギーで済むというメリットがあります。

イメージ 3


  1995年の阪神・淡路大震災の調査結果をふまえた現在の建築基準法で設計され、
  しっかりとした施工をし、老朽化していない木造住宅は、
  その工法にかかわらず被害が少ないことがわかっています。

  ですから、建築基準法という最低限のルールを守って設計し、
  しっかりとした施工をして、大切に保守・改修していれば、
  地震をそれほど恐れる必要はないでしょう。

  建築基準法の耐震基準が変わった1981年より前に建てられた住宅は、
  ぜひ耐震診断をしていただき、場合によっては耐震改修をおすすめします。

  また、地震力を分担するのは壁であり、その量とバランスは重要です。

  1981年以降でも、壁の量が少なかったり、窓と壁のバランス、
  上下階の壁の位置関係が悪そうだったりと心配な方も、
  ぜひ耐震診断をしてみてください。

  木造軸組工法の良い点は、改修や保全がとてもしやすい点でもあります。

  建てた後からも強く育てる事ができるのは、頼もしいものです。

  今後も新たな基準が生まれた時には、積極的に新技術を導入できることでしょう。

  地震が起きたときに、「家にいてよかったね。」と言える木造軸組住宅にしたいものですね。

  ■参考文献
   •木材を生かすシリーズ2 地震に強い木の軸組工法 飯島敏夫・上村武・鴛海四郎・矢野孝昭

  (きすみふぁみりー)

木造軸組工法の魅力  Part14:リフォームしやすい木造軸組工法住宅

イメージ 1


  Part14:リフォームしやすい木造軸組工法住宅

  住まいとしては、十分機能するはずなのに、
  建ててから30年くらいたつと、
  建て替え話が浮上することがあると聞きます。

  今でこそ、使いやすいとされる間取りがありますが、
  かつては、例えば、ソファーのある応接間、
  両親に泊まってもらうためだけに用意された和室、
  クローゼットにしては深すぎる押し入れなど、
  用意された本来の機能が自分のスタイルに合わず、
  自分が住まいに合わせなければならなくなる
  という事もしばしばでした。

  日常の違和感が澱(おり)のように溜まり、
  なんらかのきっかけで建て替え話が浮上した時に、
  この違和感を水に流そうと建て替えを
  決断される事が多いと思います。

  このような、ライフスタイルと住まいとの器の隔たりが、
  スクラップ&ビルドを進めてしまったと言えるでしょう。

  環境問題が深刻な状況である今、
  そのようなもったいない事をしてはならないと思います。

  賢い方は、そうなる前にリフォームを考えることが
  多いのではないでしょうか。

  でも、工法によっては、間取りに関わる
  大きなリフォームがしづらいものも有ります。

  ツーバイフォー2×4工法は別名「枠組み壁工法」
  と呼ばれており、壁が構造に大きく関わっています。

  そのため、一つの壁であっても、取る事が難しいと言えます。

  増改築に限らず新築設計の段階でも、
  壁量の調整や開口部の大きさには注意しなければならず、
  それを改造するという事は、
  新築以上に配慮が必要とされるでしょう。

  木質プレハブ工法は、構造の安定についての
  認定がなされており、それを改造するということは、
  構造の安定についての認定を外れる事になります。

  ということは、改造の自由が効かず、
  さらに、メーカーの型式が更新されると
  部材の入手が困難になる可能性もあります。

  やはり、増改築に向かない工法と言われています。

イメージ 2


  その点、木造軸組工法は、耐力壁以外であれば、
  壁を取るといった大胆な間取りの変更が可能です。

  新築時にもらった図面(平面図)を見てみると、
  壁に筋交いの入っている壁を表す三角印や
  丸印等がついています。

  それが、耐力壁です。

  こういった図面を見れば難しい事は分からなくても、
  どの程度の間取りの変更が可能かすぐにわかるはずです。

  よい家に、長く住まうには、適宜の増改築は
  当たり前だと思います。

  また、その時に専門家に住宅の総点検を
  兼ねてもらうことで、さらに安心できるでしょうし、
  手を入れる事によりさらに愛着が湧くようにもなります。

  住宅に少し手を加え、年齢によって、
  その年代に限った暮らし方を実現する。

  それが、現在の環境問題を解決する一つの道かもしれません。

  さらに一歩進んで、住宅を資産として考えた場合、
  不動産の住宅部分(上屋)の価値は
  建てた直後から下がっていきます。

  今後、よい住宅の場合は資産価値が上がっていくならば、
  手を加えることがもっと楽しくなるでしょうね。

  価値の分かる人たちにとっても、
  手の加えやすい木造軸組工法は
  魅力的な資産ではないでしょうか。

  (きすみふぁみりー)

西日本トータルリビングショー

11月27日 西日本トータルリビングショー

イメージ 1


  第29回 西日本トータルリビングショー
  が小倉の西日本総合展示場で行われていましたので
  夫婦で見学に行ってきました。

  毎回、新しい情報が沢山あり、今回も期待していきましたが
  会場の半分が西日本国際福祉機器展になっていて
  リビングショーの規模は前回に比べると
  小さくなっていました。

  その中で九州や中国地方独自の出展などもあり、
  いろいろと楽しい企画も多くありました。

イメージ 2


  今回、注目したのは
  石州瓦のセラミカという会社の
  超低勾配瓦「ユーロジェイ」。

  瓦の雨水の巻き込みを防いで
  水を前方に飛ばすなど
  2寸勾配も可能だと言う製品でした。

  そのほか、家具で有名な大川から
  大川総合インテリア産業振興センターのコーナーがあり、
  何社かの家具や建具が出展されていて
  組子や彫刻の入った見事な製品を見る事ができました。

  桐や欅などで作られ、漆で仕上げられた
  テーブルや椅子、ベッドなど実際に触って
  座ったりして、その素晴らしさを体験することができました。

  全体的には、例年に比べこじんまりとした
  リビングショーでしたが、今年もいろいろと
  勉強させられました。
  

  

木造軸組工法の魅力 Part04:日本を科学した家

イメージ 1


  Part04:人間を科学した家

 ●音を楽しむ家。

  週末、家族そろっての音楽鑑賞、たまに和室でカジュアル茶会。

  こういったイベントがうまくいくのは実は木造住宅だからなのです。

  音楽を聴く時に重要となるのは残響音です。

  残響音とは、音を止めた後に響く音で、
  その長さが長すぎると音と音が重なり合い不明瞭になってしまいますし、
  その長さが短すぎると音が吸い取られてしまう居心地の悪さにつながります。

  木は適度な吸音率を持っていて音の反射材として優れています。

  好みにもよりますが、音楽鑑賞には、木のフローリングや壁などが最適で、
  石やコンクリートなどでは響きすぎてしまいます。

  木造の音楽ホールは音がちょうど良いと好評だといいます。

  また、畳は、木よりも吸音率が高い事が特徴で、
  お抹茶をいただく時のシンとした雰囲気を演出します。

  和室で、チンチンシュンシュンと沸く湯の音や
  サカサカとお茶を点てる音に集中すれば、心が透きとおることでしょう。

  また、イベントだけではありません。

  日常生活において、手を合わせて「いただきます」と唱和したり、
  台所で料理したりする時の音も、木造住宅ならとても心地よい音になることを、
  誰もが経験しているはずです。

  音が響きすぎず、小さすぎず、心地のよい音になる木造住宅。

  「ああ、木造住宅でよかったな」という幸せな感覚に満たされます。

イメージ 2


 ●木造住宅で調湿効果。

  住まいにおける調湿効果とは、室内の湿度が高くなると、
  余分な湿気を吸い込みサラサラ感をもたらす「吸湿能力」を発揮し、
  住まいの湿度が低くなるとため込んでおいた湿気を放出し
  潤い感をもたらす「放湿能力」を発揮することです。

  空気に接する材料に水蒸気よりも大きい穴が多いほど、
  水蒸気を蓄えたり、出したりする量も増えます。

  木材には無数の細胞の穴がありますので、調湿効果はバッチリです。

  また、木造軸組工法住宅にデザイン的によく似合う土塗り壁などは、
  より多くのデコボコがありますので、高い調湿効果があります。

  過度な水蒸気の発生は禁物ですが、木造軸組工法住宅は設備機器に
  なるべく頼ることなく調湿してくれるので快適です。

 ●安心して転べる床。

  家の中の転倒などによる事故は意外に多いものです。

  しかも被害に遭うのは、お年寄りやお子様が多いので注意したいですね。

  たとえば転倒した場合も、木の床ではコンクリートの床よりも
  衝撃はずっと少なくなります。

  さらに畳の場合はより安全です。

  小さなお子さんをお持ちの家庭では、
  お子さんが畳の部屋で転んでも全く痛そうにせず、
  木造住宅の木の床では泣かず、コンクリートの住宅の床では泣き叫ぶ
  といった経験があるのではないでしょうか。

  こうしたことからも、木造住宅の方が安全だということが分かるでしょう。

イメージ 3


 ●自立循環型住宅・・・エネルギー消費50%削減(2000年比)を目指す住宅。

  自立循環型住宅をご存じですか。

  これは省エネルギー建築の考え方のひとつで、
  気候や敷地特性などの住宅の立地条件や住まい方に応じて
  極力自然エネルギーを活用した上で、建物や設備機器の設計や選択に
  注意を払うことによって建物の快適性を高める住宅のことをいいます。

  2000年頃の標準的な住宅と比較して二酸化炭素排出量を50%にまで
  削減可能な手法として、普及が推進されています。

  自立循環型住宅の手法には、風向きを考えた窓の配置、
  植栽による日射の調節、庇とすだれを駆使した日射遮蔽など、
  日本の伝統的な住宅に使われてきた技術が数多く採用されており、
  まさに温故知新の様相です。

  木造軸組工法住宅は日本の伝統的な住宅の流れを汲んでおり、
  常に日本の住宅の主流です。

  温故知新の技術を大切にしつつ、日々進化する省エネ技術にも
  もちろん対応できるしなやかさが自慢です。

  (きすみふぁみりー)

木造軸組工法の魅力 Part03:日本を科学した家

イメージ 1


  Part03:日本を科学した家

イメージ 2


 ●屋根から造るので湿気を断つ。

  木造軸組工法は、高温多湿の我が国の気候風土に最適です。

  工事は屋根を先に架け、その後、床や壁の工事を行うよう配慮されています。

  木造軸組工法は変化に富んだ日本の風土のなかで培われてきたため、
  このようなノウハウが随所に活かされています。

  もちろん、住居が完成してからも屋根裏、床下、壁などの通風がよく健康的です。

 ●火災や地震に強い。

  1.木造住宅は一定の防火仕様を施せば、高い防火性能を発揮することが
   火災実験でも証明されています。

  2.建物の重量が軽いので優れた耐震性が証明されています。

   建物が受ける振動エネルギーである「地震力」は、建物の重さに比例するからです。

  3.同じ重さの杉材と鉄を比較してみると、
   杉材の圧縮強度は約2倍、引っぱり強度は4倍もあります。

  このように木造住宅は素材自体の強さはもちろん、
  柱・梁・筋かいの構造までもが地震に強いのです。

 ●夏涼しく、冬暖かい。

  夏涼しく、冬暖かい。快適さの大きな条件です。

  木造軸組工法は軒の出を深くできるので、夏の日差しを遮り、
  反対に冬は低い日差しを軒が邪魔することなく、室内までたっぷり光が入ります。

  また深い軒や庇は雨を降り込ませず、自然の風を取り入れるので梅雨時にも快適です。

イメージ 3


  (きすみふぁみりー)
ギャラリー
  • 電気配線工事開始
  • 電気配線工事開始
  • 電気配線工事開始
  • 養生撤去開始
  • 養生撤去開始
  • 養生撤去開始
  • 養生撤去開始
  • 養生撤去開始
  • 養生撤去開始
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック