気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

心理学

ありがとうの力

 ●ありがとうの力

  誰でも人から感謝され、
  「ありがとう」と言ってもらえればきっと嬉しいはずです。
 
  相手が喜べば「ありがとう」と言った人も嬉しいことでしょう。
 
  つい「すいません」と言ってしまいがちですが、
  「すいません」よりも「ありがとう」と言われたほうが
  嬉しく感じるのは私だけではないはずです。

  『ある時、新幹線に乗っていた夫婦が
  近くに松下幸之助が座っていることに気がつきます。
 
  声をかけようとしますが、いきなり話しかけても失礼だし、
  相手にしてもらえないかもと考えます。
 
  そこで妻がみかんを差し入れて、
  きっかけを作れば良いと提案しました。
 
  夫はみかんを購入し、松下幸之助に差し出しに行きます。
 
  松下幸之助は嬉しそうに「ありがとうございます」と言い、
  その場でみかんの皮をむいて食べ始めたそうです。
 
  夫婦は松下幸之助と話をすることができ、
  大満足で席に戻りました。
 
  そして京都に着くというとき、
  松下幸之助が夫婦の座席の前にやってきて
  「先ほどはありがとうございました。とても美味しかったです」
  と頭を下げて夫婦に礼をしたそうです。
 
  あの天下の松下幸之助がわざわざ下車する前に
  挨拶にきてくれたと夫婦は感動します。
 
  しかし、それだけではありません。
 
  京都駅でおりた松下幸之助は、
  その夫婦が見える窓のところまで来て、
  夫婦の姿が見えなくなるまで
  深々と頭を下げ続けて見送ったそうです。
 
  夫は松下幸之助の行為に感動して涙しました。
 
  そして、家に帰るとすぐ電気屋さんに連絡をし、
  自宅の電化製品全てをナショナル製品に変えました。』

  松下幸之助にまつわる逸話は数多くありますが、
  このエピソードは「みかんの話」と題し、
  「ありがとう」という言葉だけでなく、
  「ありがとう」の表現の大切さを感じるエピソードとして
  言い伝えられています。
 
  「ありがとう」という言葉や気持ちが持つ力が
  どれだけ人の心に響くのかを具体的に表しているエピソードです。

  「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい。
 
  「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。
 
  松下幸之助が残した名言です。
 
  最近では、直接的なコミュニケーション不足が叫ばれていますが、
  相手に対する感謝や尊敬の気持ちを
  素直に言葉にできる心だけは持ち続けなければなりません。
 
  (あるる)

スカブラが教えてくれたこと

 ●スカブラが教えてくれたこと

  昔、九州の炭鉱会社には炭鉱に降りても石炭を掘らず、
  一人だけ綺麗な姿で帰ってくる人がおりました。
 
  この人は一体何をしていたのでしょうか。
 
  彼は「スカブラ」と呼ばれ、炭鉱夫たちに時間を告げ、
  笑い話をしていたのだそうです。
 
  ちなみに、「スカブラ」の名前の由来は
  「仕事が好(す)かんでブラブラしてるから」
  などと言われています。
 
  ある時、経営が傾いた炭鉱会社は、
  このスカブラを「必要ない」としてクビにしてしまいました。
 
  それにより無駄な人が減り、業績は上がったかというと、
  結果は逆でした。
 
  炭鉱夫たちのやる気は落ち、作業効率が下がり、
  人間関係さえも悪くなっていったようです。

  このお話はあるコラムで紹介され、
  ネット上で今大変な話題になっています。
 
  3月11日の大震災から今日でちょうど4週間が経過したものの、
  まだまだ先の見えない状況に、
  笑いや贅沢は不謹慎であるという考えがありますが、
  それに対する「待った」のご意見の一つです。
 
  被災地ではまだ厳しい状況が続いており、
  笑いどころではないというのはその通りだと思いますので、
  考えて行動する必要はあります。
 
  しかしこの「スカブラ」のお話のように、
  人間にとって「笑い」はなくてはならないものなのです。

  笑うことによって、人の筋肉、内臓、血行、脳、
  様々なところが活性化します。
 
  頬の筋肉を働かせることで、ストレス低下に作用し、
  血圧を下げ、血の中に酸素をめぐらせ、
  心臓に良い影響を与えるそうです。
 
  また、笑って気分が高まることにより、
  脳内でエンドルフィンという物質が分泌されます。
 
  免疫細胞を活性化させ、不安を取り除いたり、
  明るい気持ちにさせるという効果があると言われています。
 
  現在、そして今後、
  さらに問題が広がるといわれている病気の一つ「うつ病」も、
  笑いが治療の一環に使われているそうです。
 
  「笑い」は心と体の健康にとても大切であることがわかります。

  未曾有の大震災によって、多大な被害が生まれました。
 
  しかしそうなってしまった今、日本のため、日本人のため、
  必ず建て直していかなければなりません。
 
  建て直しのためには強大なパワーが必要になります。
 
  自粛ムードで士気が下がっていては、
  そのパワーも弱くなってしまいます。
 
  私はこの「スカブラ」のお話を読んだ時、人間の弱さ、
  そして笑いの力の大きさを教えられた気がしました。
 
  「スカブラ」が教えてくれた笑いの明るいパワーで、
  元気な日本を新たに創造していきたいものです。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック