気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

携帯電話

「iPhone」の商標権は、日本の企業が持っている?

  ●「iPhone」の商標権は、日本の企業が持っている?

  携帯電話と言えば、
  「iPhone」の販売台数が10億台を突破したと、
  Appleより発表されていました。

  初代の「iPhone」が2007年に発表されていますから、
  10年かからずに、10億台(・o・)!

  「iPhone」は歴史上、最も重要で、
  世界を変えつつある、大成功した製品で、
  いつもそばにいる仲間な存在にしたいと
  Appleは言っております。

  世界の市場への影響力は日々、拡大、
  今後もさらに販売台数を伸ばしていくのは
  確実ではないでしょうか。

  「iPhone」や「Mac」「iPad」などの、
  爆発的な売れ行きにより、開発元のAppleの
  時価総額は、約76兆7,300億円以上を
  叩きだしています。

  「Apple」も「iPhone」も世界中に
  名を轟かせる、最強の会社、商品と
  言っても過言はないのではないでしょうか。

  ですけれども・・・

  HPや広告などの「iPhone」を紹介する項目に、
  実はこんな一文がはいっているのをご存知ですか?

  【※iPhoneの商標は、アイホン株式会社の
  ライセンスにもとづき使用されています。】

  「iPhone」の商標権を「Apple」が持っていない・・・?

  そうなんです!!

  10億台以上売れている「iPhone」の商標権を
  時価総額70兆円以上の最強の会社が
  保有していなんです(・o・)!?

  しかも、日本の企業が保有しているんです!

  なぜ、「iPhone」の商標権を日本の企業が、
  保有しているのか?

  『iPhone』の商標登録までの経緯は、
  次のようになっているようです。

  1.米国のApple社が、2006年9月に『iPhone』の商標登録を申請。
  2.しかし、アイホン株式会社の登録商標『アイホン』に
   類似しているとの理由で、特許庁がその商標登録を拒絶。
  3.苦肉の策として、『iPhone』の商標登録申請の名義人を、
   米国アップル社から、アイホン株式会社に名義変更。
  4.同一名義人であれば商標の類似は問われないので、
   アイホン株式会社の名義にて『iPhone』が商標登録。
  5.登録後すぐに、アイホン株式会社から米国アップル社に対して、
   専用使用権(独占的に使用する権利)を設定。

  以上の経緯で、「Apple」はアイホン株式会社の許諾のもと
  『iPhone』の登録商標を独占的に使用しています。

  1948年に創業した日本の「アイホン株式会社」は、
  半世紀にわたってインターホン一筋で販売している会社です。

  戸建住宅用のドアホンも扱っていますので、
  馴染みのある方もいらっしゃるかと思います。

  「アイホン株式会社」は戦後間もなく日本で
  「アイホン」を商標登録しており、それが、
  巡り巡って「iPhone」につながったんですね(^o^)

  (ナック)

Ahoy - hoy(もしもし、聞こえますか?)

 ●Ahoy - hoy(もしもし、聞こえますか?)
====================================
   1890年の12月16日、東京と横浜で電話の営業が始まりました。

  当時の加入者は東京で155人、横浜で42人。

  電話交換手は、昼は女性7名、夜は男性2名でした。

  当時の電話番号は1は東京府庁で2は逓信省電務局。

  この時大隈重信が177だったのは比較的有名ですが、
  他に渋沢栄一が158、後藤象二郎が247等と番号が割り当てられていました。

  ちなみに、当時の電話料金は定額料金で東京が40円、横浜35円。

  1円あれば米が10kg買えたこの時代、今の値段にすれは15万円くらいでしょうか。

  庶民にはとても手が出せない代物だったということですね。

  一方、東京府内で電話の加入を申し込んでも、
  開線まで10年近く待たされる場合もあったそうです。

   そもそもの電話の始まりは1876年、
  アメリカの科学者アレクサンダー・グラハム・ベル、エリシャ・グレイ、
  そしてかの有名なエジソンの3名によって発明されました。

  早くもその翌77年には、日本は電話機二台を輸入し、
  工部省と宮内省で通話実験が行われていたそうです。
 
   と言いますのも、発明当時、ベルの電話実験に真っ先に飛びついたのが、
  当時アメリカへ留学中だった金子堅太郎でした
  (後の伊藤博文の側近、日本法律学校(現・日本大学)初代校長)。

  当時の日本が先進技術の導入に懸命であった現れともいえますが、
  世界には何千という言語がある中で、
  電話線を通った最初の外国語は日本語だったというのは、
  なんとなく面映く、しかし誇らしいものですね。
 
  日本に輸入された電話機は
  赤坂御所と青山御所の間に架設した電話線で結ばれ、
  明治天皇・皇后・皇太后の御三方が初めて通話されたそうです。

  当時はベル自身も日本に渡って来て、初の海外での通信実験を見ていたとか。

   ちなみにタイトルの「Ahoy-hoy」は海上で他の船に呼びかけるときの挨拶で、
  ベルが電話に出るときに好んで使った言葉だそうです。

  一般的に言うと「Hello」、日本でいう「モシモシ」ですね。

  日本のこの呼び声を考えたのは加藤木重教という人物です。

  電話導入時にアメリカに視察に行った彼が、
  アメリカで使用されている「Hello」に変わる日本語はないか?
  と考え出したものが、現在まで続いています。
 
  時代は変わり、今は携帯電話が中心となっていますが、
  今でも「もしもし(聞こえますか?)」は自然と口からこぼれますね。

  今となっては電話のない生活なんて考えられませんが、
  距離を理由に最近あまり話していない、そんな大切な方はいませんか?

  今日は電話という”距離を埋める”器機が生まれた奇跡に感謝して、
  懐かしい「その人」にコールしてみてはいかがでしょうか。

  (アルフィックス日報)

プラチナバンド

  ●プラチナバンド
 
  最近、ソフトバンクのコマーシャルで
  よく聞く、プラチナバンド。
 
  こんな記事を見つけました。
 
  ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)が、
  「プラチナバンド」をキーワードにしたテレビCMをしている。
 
  7月25日を境に、ソフトバンクの携帯電話がつながりやすくなったという話もある。
 
  そこで今回は、プラチナバンドとはなんなのか? 
 
  そして、それによって何が変わるのか? について解説しよう。
 
  まず、プラチナバンドというのは、携帯電話の通話に利用する
  電波の周波数帯域の中で、700〜900MHzあたりのことをいう。
 
  この帯域はたくさんの情報を一度に送ることができ、
  障害物をある程度は迂回して通信ができるなど、
  高品質な通話・通信を実現する上で大きなメリットを持っている。
 
  さらに送受信設備も小型化できる。
 
  そうなれば、当然どの通信会社(キャリア)も使いたい。
 
  しかし、誰もがこの使いやすい帯域で通信できるわけではない。
 
  利用内容ごと、会社ごとにすみ分けが決められていたのだ。
 
  そこで今まで割を食ってきたのが、ソフトバンクだった。
 
  割を食っていたソフトバンク
 
  NTTドコモとKDDIは以前から800MHz帯を利用しており、
  サブとして1.7GHz帯や2GHz帯を使ってきた。
 
  つまり、十分使いやすいところでビジネスしてきたことになる。
 
  ところが後期参入組ともいえるソフトバンクは1.5GHz帯、
  イー・アクセスは1.7GHz帯しか持っていなかった。
 
  ソフトバンクは一部機種で2GHz帯も使えるようになっていたが、
  それにしてもプラチナバンドからは遠い。
 
  そのせいで、同じように基地局をつくったとしても、
  「つながりづらい」という結果になってしまっていた。
 
  ところが、後発2社にチャンスが恵ってきた。
 
  電波の効率的な利用を目指した周波数再編だ。
 
  目玉は700MHz帯と900MHz帯。
 
  このうち、900MHz帯を割り当てられたのがソフトバンクモバイルだ。
 
  700MHz帯については、NTTドコモとKDDI、
  イー・アクセスが分け合うかたちになったが、
  これが決定されたのは6月27日だ。
 
  一方、ソフトバンクへの900MHz帯割り当てが決定したのは2月29日。
 
  当時、900MHzを全キャリアが欲しがった。
 
  利用可能になる時期が早い900MHz帯を先に決定するにあたり、
  すでにプラチナバンドを持っているNTTドコモやKDDIよりも、
  持っていないソフトバンクとイー・アクセスが優先された。
 
  2社を秤にかけた上でソフトバンクが選ばれた理由は、
  既存契約者数の量だ。
 
  700MHz帯は残る3社に割り当てられると示唆されていたため、
  イー・アクセスにもプラチナバンド獲得の機会があることは見えていたが、
  利用可能になる時期が15年以降と先だ。
 
  900MHz帯を獲得した時、孫正義氏が「念願がかなった」と
  満面の笑みを浮かべたのも理解できるというものだ。
 
  ソフトバンクは約4カ月早くプラチナバンドを手に入れた上に、
  地デジ化で不要になったNHKの基地局設備を譲り受けるなど、
  効率的な準備を進めたことで、
  2012年7月25日から順次プラチナバンドでのサービスを開始した。
 
  当然つながりやすくなるはずだが、
  すべての端末がつながりやすくなるわけではない。
 
  要注意!すべての端末がプラチナ対応ではない
 
  実際にプラチナバンドサービスの恩恵を受けられるのは、
  2012年夏以降発売端末のほか、
  プラチナバンド獲得を見込んでつくられたものや海外端末など、
  900MHz帯を利用するための機能がついた端末のみが適用になる。
 
  例えば、iPhone 4Sなどは対応端末だが、
  詳しくはキャリアサイトで対応機種一覧を確認してほしい。
 
  900MHz帯の割り当てを受けた3社のうち、
  NTTドコモは15年1月にこの帯域を使った
  LTEサービスを提供開始するとしている。
 
  実は900MHz帯はラジオやマイクなど、
  すでにこの周波数帯を使っているほかの無線が
  移行してからの利用開始となるため、
  少々動きだしまで時間がかかるのだ。
 
  すでに800MHz帯でビジネスをしているKDDIやNTTドコモはともかく、
  イー・アクセスにとっては苦しいタイムラグとなるだろう。
 
  11年度の携帯電話シェアは、
  ソフトバンクが22.6%、KDDIが27.3%、NTTドコモが46.9%となっている。
 
  NTTドコモの1人勝ちにも見えるが、
  実は50%以上あったシェアからの転落だ。
 
  また、前月の契約数に対して増えた契約数を競う「純増数」では、
  ここしばらくソフトバンクがトップを走っている。(2012年7月現在)
 
  つまり、巨人を後発が追い上げつつある状態だ。
 
  これまでソフトバンクといえば、サービス価格は安価だが
  つながりづらいという印象が強かった。
 
  そのため、都市部の若年層が使っている傾向が強いといわれたりもするが、
  プラチナバンドでのサービスが開始されて本当につながりやすくなれば、
  わかりやすい欠点がなくなる可能性もある。
 
  iPhoneを持つというアドバンテージに加え、
  900MHz帯は海外でも使われているため、
  海外メーカー製の端末を販売しやすくなるというメリットもある。
 
  プラチナバンド獲得にあたって、孫氏は
  「やっと平等な戦いができる」「もう言い訳はできない」と語り、
  サービス拡充を宣言している。
 
  「どこでもつながるソフトバンク」というキャッチコピーも出されているが、
  本当に屋内や地下、山間部でもつながるようになった時、
  シェアはどう変化するのだろうか? 
 
  さらに純増数が増えて追い上げが加速する可能性もある。
  (文=エースラッシュ)

つながる時代へ

 ●つながる時代へ

  先月末よりiPhone5が発売され話題を集めています。
 
  従来のものより軽量で薄型になっていますが、
  高画質なカメラ機能が付き、大容量の電池を搭載しているため
  バッテリー寿命は伸びています。
 
  そんなiPhone人気を追い風に、
  ソフトバンクは契約数を伸ばしていますが、
  他社に比べて“通信が切れやすい”といった苦情も多いようです。
 
  そこで、ソフトバンクは電波状況の改善を目的に、
  プラチナバンドの提供を開始しました。

  今夏ニュースでも大きく取り上げられていたプラチナバンドですが、
  これは電波の質が良い周波数帯(700~900MHz)のことです。
 
  電波が遠くまで届きやすく、障害物などを回り込んで伝わる性質を持ちます。
 
  もちろん、その最大のメリットは、これまで電波の途切れやすかった
  屋内やビルの陰、地下の入口や山間部などへも電波が届きやすくなり、
  「つながらない」局面が減ることです。
 
  すでにNTTドコモやKDDIは800MHz帯が割り当てられていましたが、
  今年の2月にソフトバンクにも電波利用免許が下りたため、
  7月から開始されたのです。

  しかし、電波の改善を実感したという声はあまり聞こえてきません。
 
  それは、基地局や設備配置などの整備が必要であるため、
  まだ一部の地域のみの利用となっているためです。
 
  ソフトバンクが発表したスケジュールによれば、
  2012年度中に約1万6000局、
  2016年度中には約4万1000局となり、
  人口カバー率(地上波がカバーできる範囲の広さ)を
  99.9%にすると計画しています。
 
  順次サービスの提供範囲は広がり、
  数年後には他社と同様の電波品質になるようです。

  対応端末であればプラチナバンドのエリア内に入ると
  自動的に電波を掴むため、ユーザー側の設定や契約は必要ありません。
 
  ソフトバンクは“接続できれば早い”といった評価を受けていたため、
  プラチナバンドの普及により、ユーザーの満足度は
  上がっていくのではないでしょうか。
 
  NTTドコモやKDDI同様、ソフトバンクがどこにいても
  つながる時代はもうすぐそこまで来ているようです。
 
  (あるる)

置くだけで

 ●置くだけで

  「93.3%」。これは携帯電話の普及率(総務省調査)です。
 
  事実上「ほぼ全員」が携帯電話を保有する時代になり、一人一台とは限らず、
  二台・三台と持つなど、生活に欠かせないツールとなっています。
 
  また、その機能は通話やメールだけに止まらず、
  カメラ、インターネット、ゲーム、支払い、ポイントのやり取りなど多岐に亘り、
  様々な機能が搭載されています。
 
  さらに携帯電話の可能性を飛躍させたのが、
  最近話題の「スマートフォン」ではないでしょうか。

  本日は、そんなスマートフォンの中でも8月にNTTドコモから発売された
  「AQUOS PHONE SH-13C」(SHARP)の、ある機能について
  ご紹介したいと思います。
 
  ある機能とは、世界初の「ワイヤレス充電」です。
 
  専用のパッドの上にスマートフォンを置くだけで充電され、
  充電器のコネクタを抜き差しする煩わしさが解消されています。
 
  このスマートフォンには「電磁誘導方式」が採用されており、
  送電側の専用パッドに組み込まれたコイルに電流を流すことで磁束を生じさせ、
  それを受電側のスマートフォン内部のコイルに誘導して充電しているそうです。

  この方式は電力の利用効率が高く実用的なため、専門家の間では
  「2012~2013年には携帯電話の半数ほどの充電がワイヤレス化するのでは」
  という話になっており、早期のノートパソコンへの転用も期待されています。
 
  その他にも、デジカメや携帯ゲーム機、
  それに家電製品のリモコンなどへの転用も期待されており、
  将来的には1つの充電パッドで全ての充電ができるようになるかもしれません。
 
  何種類もの充電器の線が複雑に絡み合い、どれがどのコネクタか分からない
  という紛らわしさからも近い内に開放されるかもしれません。

  また、全国の空港、飲食店、映画館などにも充電専用パッドが試験的に設置されており、
  これからは充電器を持ち歩く必要も無くなるかもしれません。
 
  空港では搭乗までの間、飲食店では食事をしている間、
  映画館では映画を見ている間など、ほぼ全員が携帯電話を持つようになった現代、
  今後も更に普及することが考えられます。
 
  次から次へと携帯電話に関する技術が進歩し、携帯電話産業はこれからも
  更に成長しながら様々なビジネスチャンスを秘めたものになるのではないでしょうか。
 
  スマートフォンなどのタッチパネルを上手くタッチできない不器用な私ですが、
  なんとか時代の流れにはついて行きたいと思っています。
 (あるる)
ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック