気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

歴史

あの時、この人 福沢諭吉

 ●あの時、この人 福沢諭吉
====================================

  1835年1月10日、摂津国大坂堂島浜にあった
  豊前国中津藩の蔵屋敷で誕生しました。

  翌年に父親が死去、中津藩に帰郷し幼年を送ります。

  5歳頃から漢学と一刀流の手解きをうけはじめ、
  8歳になると塾、晩香堂に通い始めます。

  論語、孟子、詩経、書経、史記、左伝、老子、荘子などを勉学、
  立身新流の居合術も習熟しました。

  このように諭吉の学問の基礎は儒学です。

  19歳で長崎にて蘭学を学び、21歳には大坂の適塾で住み込み学生となります。

  23歳で江戸の中津藩邸での蘭学塾の講師を命じられ、上京しました。

  1959年、日米修好通商条約で外国人居留地になった横浜見物に出かけた折、
  オランダ語を学んだ諭吉には英語が読めず英語の必要性を痛感します。

  1860年、咸臨丸にて艦長木村摂津守の従者として渡米、
  指揮官には勝海舟もいました。

  1862年には渡欧、香港、シンガポールを経てマルセイユ、リヨン、パリ、ロンドン、
  ロッテルダム、バーグ、アムステルダム、ベルリン、ベテルブルグ、リスボン
  などを訪れました。

  1968年、江戸開城後は求められても官職に就かず、
  帯刀をもやめて平民となりました。

  蘭学塾を慶應義塾と名付け、教育活動に専念します。

  「学問のすすめ」をはじめ、数多くの著書や名言を残し
  1901年2月3日に永眠されました。

  顔色や容貌をいきいきと明るく見せることは、
  人間としての基本的なモラルである。
  なぜなら人の顔色は家の門戸のようなものだからである。
  広く交際して自由と付き合うには、門を開き入口を清楚にし、
  客が入りやすくする事が大事である。
  ところが、本心は人と交際を深めたいのに顔色に意を用いず、
  孔子の格言を信じてことさら渋い顔つきを示すのは、
  入口にガイコツをぶら下げ門前に棺桶を置いているようなものである。
  これでは、誰も近づかなくなる。

  古典の古事記を暗記していても、こんにちの米の値段を知らないでは、
  日常生活の知識すらない男というほかない。
  中国の古典の奥義をきわめても、商売のやり方を知らず、
  取引ひとつできぬようでは、収支の知識の問屋にすぎない。
  それではめし食べる辞書であり、国のためには無用の長物。
  国家経済にとっては、有害な穀潰しと言っていい。

  2つ、名言をご紹介しました。
 
  一万円札には福澤諭吉が印刷されています。

  新春にあたり、一万円札と仲良くするには、
  諭吉の著書や名言を読み返してみるのも良いかもと思ったしだいです。

  (アルフィックス日報)

2015年のNHK大河ドラマ、『花燃(はなも)ゆ』

 ●2015年のNHK大河ドラマ、『花燃(はなも)ゆ』
 
  こんな記事が載っていました。
 
  「2015年のNHK大河ドラマは、女優の井上真央主演の幕末もの
  『花燃(はなも)ゆ』に決まった。
 
  3日に同局で行われた会見で発表された。
 
  主人公は、幕末の思想家・吉田松陰の妹、文(ふみ)。
 
  激動の幕末で長州藩に生まれ、松下村塾の塾生たちに囲まれながら、
  幕末・明治維新を生き抜いたヒロインが
  「命を燃やし、情熱を燃やし、恋の炎を燃やした」生涯を描く。
 
  放送中の『八重の桜』の主人公・八重にも増して、
  一般的にはほとんど知られていない女性をヒロインにした狙いを、
  制作統括の土屋勝裕氏は「有名な人物は予想がついてしまうし、
  興味がなければ観なくなってしまう。
 
  信長や秀吉のような歴史のヒーローよりも、
  歴史に名を残さなかった人たちの目線が今の時代は、
  共感を得る上で大事なのではないか」と分析。

  さらに、「いままでの大河ドラマの主人公は男で、
  歴史に名を残した人物が多かったと思うが、
  歴史に名前は残らずとも一生懸命生きた人々はいて、
  そこにもさまざまなドラマがある。
 
  男たちの影で、頑張っていた文の人生を一緒に
  ハラハラドキドキしながら観ていただければ」と力を込めた。

  井上の起用については、
  「朝ドラの『おひさま』で、毎朝お茶の間に明るさと元気を届けてくれた。
  子役の時から注目していて、人気実力ともに
  今回の主役にふさわしい女優を考えたときに
  井上さんが真っ先に思い浮かびました」と説明。
 
  朝ドラの実績を見込んでの起用となった。
  土屋氏は、これまでに
  大河ドラマの『利家とまつ~加賀百万石物語~』(2002年)、
  『篤姫』(2008年)、『龍馬伝』(2010年)に携わったヒットメーカー。
 
  「『篤姫』で薩摩、『龍馬伝』で土佐、今の『八重の桜』で会津を描いたので、
  次は長州をやりたいと思っていた」と、幕末ものに造詣が深い。

  主人公自体はマイナーでも
  「幕末の長州藩には、松蔭をはじめ、文の最初の夫となる久坂玄瑞、
  文の再婚相手となる楫取素彦(かとりもとひこ)、
  高杉晋作、伊藤博文、山県有朋ら幕末維新の人気者がたくさん出てきます。
 
  そんな彼らもプライベートでは、愛人がいたり、
  玄瑞にも京都に隠し子いたり。
 
  女性を切り口にすることで違った人物像が見えてくる」と、
  今回の企画に自信をのぞかせた。」 (Yahooニュース12/3)
 
  11月26日に開かれた
  今年の常盤校区地域づくり研修会で、
  萩博物館特別学芸員 一坂太郎氏から、
  再来年の大河ドラマが
  吉田松陰の妹がヒロインで
  萩を舞台に行われることを
  聞いていました。
 
  来年の黒田官兵衛の福岡に続いて、
  再来年の山口での大河ドラマが楽しみです。
  

安土桃山のモザンビーク人

 ●安土桃山のモザンビーク人

  人口約2300万人、アフリカ大陸の南東部に位置するモザンビーク共和国。
 
  近年では大規模な天然ガス資源が発見されたことから一躍注目されるようになりました。
 
  しかし、20年程前まで激しい内戦が繰り広げられていたことや、治安の悪さから、
  まだまだ援助関係者や企業以外ほとんど日本と関わりがない様に思われがちです。
 
  そんなモザンビークと日本の関係ですが、実は今から400年以上前に意外な繋がりがありました。

  かの有名な戦国武将・織田信長の家臣のひとりに黒人の青年がいた事をご存知でしょうか。
 
  『日本教会史』によると、彼はイタリア人宣教師ヴァリニャーノが来日し、
  信長に謁見した際に奴隷として引き連れてこられたモザンビーク人であると記されています。
 
  初めて黒人を見た信長は、肌に墨を塗っているのではないかとなかなか信用せず、
  着物を脱がせて体を洗わせたという話が残っています。
 
  本当に彼の肌が黒いことに納得した信長はこの青年に大いに関心を示し、
  ヴァリニャーノに交渉して譲ってもらい、「弥助」と名付け正式な武士の身分に取り立て、
  身近に置くことにしました。
 
  『松平家忠日記』には、「名は弥助、身の丈六尺二分(約182.4cm)、
  黒人男性、身は炭のごとく」とその容貌が詳細に記述されています。

  弥助が信長の家臣となって約一年後の本能寺の変の際には、弥助も本能寺に宿泊しており、
  明智光秀の襲撃に遭遇しました。弥助は森蘭丸らとともに信長を護って奮戦しました。
 
  そして信長より嫡男・信忠に事態を伝える命を受けて本能寺を脱出し、
  信忠の手勢と合流して二条御所に立てこもって戦い抜くも、
  最後は明智軍に捕らえられたといわれています。
 
  明智光秀は弥助が異国人であり黒人であることから「黒人奴隷は動物だから、
  何も分かっていないので殺す必要は無い」として処刑せず、
  弥助は南蛮寺(日本に建てられた教会)に送られたと言われていますが、
  以降の消息は不明となっています。

  さて、本能寺の変の際に信長はもう一つ、弥助に自らが自害した後
  その首を明智勢に奪われないように密かに運び出せ、
  という重要な任務を命じていたとも言われています。
 
  その説によれば、弥助は信長の命に従ってその首を故郷である岐阜へ運び、
  信長の首からデスマスクが作られた、とも。
 
  また、信長の遺体が発見されていないことからイエスズ会の手引きによって、
  生きて海外へ逃亡したという説もあります。
 
  今も尚、多くの謎に包まれた本能寺の変についての真実の鍵を、
  遠く離れた国の青年が握っているのです。
 
  はるか昔に、ある日本人とモザンビーク人との間に絆が築かれたように、
  現代の私たちの間にも築いていきたいですね。
 
  (あるる)

『吉田松陰』&『本田圭介』

  『吉田松陰』&『本田圭介』
 
  こんな話を読みました。

  吉田松陰の名言

  夢なき者    理想なし
  理想なき者   目標なし 
  目標なき者   実行なし
  実行なき者   成果なし
  成果なき者   喜びなし

  夢なき者に理想なし
  理想なき者に計画なし
  計画なき者に実行なし
  実行なき者に成功なし。
  故に
  夢なきものに成功なし。

  (原文引用)

  “頭ではわかっていてもなかなか実行するのは難しいですよね。
  
  次は小学生の作文です。
  現在その少年は日本で最も有名なスポーツマンの一人です”

  サッカー日本代表 本田圭介

  将来の夢 (小学六年生の時に書いた作文)

  ぼくは大人になったら
  世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
  世界一になるには、世界一練習しないとだめだ
  だから 今 僕はガンバっている。
  今はヘタだけどガンバって
  必ず世界一になる。
  そして世界一になったら
  大金持ちになって親孝行する。
  Wカップで有名になって
  僕は外国から呼ばれて
  ヨーロッパのセリエAに入団します。
  そしてレギュラーになって
  10番で活躍します。
  一年間の給料は40億円はほしいです。
  プーマとけいやくしてスパイクやジャンパーを作り
  世界中の人が世界中の人が
  このぼくが作ったスパイクやジャンパーを
  買って行ってくれることを夢みている。
  一方 世界中のみんなが注目し
  世界中で一番さわぐ
  4年に一度のWカップに出場します。
  セリエAで活躍しているぼくは
  日本に帰り
  ミーティングをし
  10番をもらってチームの看板です。
  ブラジルと決勝戦をし
  2対1でブラジルを破りたいです。
  この得点も兄と力を合わせ
  世界の強ごうをうまくかわし
  いいパスをだし合って得点を入れることが
  僕の夢です。

  (原文引用)

  “末恐ろしい。
   自分の小学校の作文とは大違いです 
   やっぱり一流はブレませんね”

  まとめ

  いかがでしたか?
  全く違う二人の言葉
  吉田松陰の話を本田圭介が実践してるようですね。

  さてさてそれでは簡単にまとめますね。
  みなさま夢はありますか?
  もしない方がいらっしゃれば是非見つけて下さい
  探さなければ見つかりません
  夢がある方
  叶えようとしてますか?
  諦めていませんか?
  薄れておませんか?
  忘れていませんか?
  自分の夢は自分でしか叶えられません。
 
  (ナック福岡支店)

交わったのち渉りあう

 ●交わったのち渉りあう

  環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉、
  これまで功を奏してきた「アベノミクス」の正念場、
  試練になるとの声が聞かれます。
 
  国益確保のために「聖域」を設けるという日本の主張に対し、
  交渉参加国は日本市場の閉鎖性を批判しており、
  交渉が難航することは避けられないようです。
 
  先週、TPPに関する主要閣僚会議の初会合が開かれ、
  その結果、TPP政府対策本部は、交渉・調整のために
  100人体制を敷くと決めました。
 
  日本には経済力はあるが外交力、交渉力がないと
  言われて久しいですが、歴史を遡れば、
  それらの能力に長けた人材の輩出は少なくありません。
 
  ただ、その時期は幕末や戦後間もないころに集中しています。
 
  逆に言うと切羽詰った状況にならないと
  人材は出現しないということかもしれません。

  川路聖謨(かわじとしあきら)という人物をご存知でしょうか。
 
  1801年、豊後国(大分県)日田の下級役人の子として生まれ、
  3歳で江戸へ移住、
  12歳で下級幕臣の川路家の養子となり家督を相続、
  17歳で勘定所(幕府の役所)に取り立てられ、
  51歳には幕府の重職である勘定奉行にまで栄達します。
 
  ちょうどこの頃に黒船が来航し、川路はロシアとの交渉を命じられ、
  プチャーチンと日露和親条約を結んでいます。
 
  プチャーチンは「日本の川路という官僚は
  欧州でも珍しいほどのウィットと知性を備えた人物であった」
  と書き残しています。
 
  また、随員のイワン・ゴンチャロフは
  「川路を私たちはみな気に入っていた。
  (中略)
  川路は非常に聡明であった。
  彼は私たちを反駁する巧妙な弁論をもって知性を閃かせたものの、
  それでもこの人を尊敬しないわけにはゆかなかった。
  彼の一言一句、一瞥、それに物腰までが、
  すべて良識と、機知と、炯眼と練達を顕していた。
  明知はどこへ行っても同じである」と評しています。
 
  その後川路は、安政の大獄によって蟄居を命じられ左遷、
  不遇ののち、江戸城明け渡しの際に拳銃で自決しています。
 
 
  TPP政府対策本部は「首席交渉官」を任命するようです。
 
  その首席交渉官の方には、今より厳しい状況下で交渉し、
  交渉中は敵となるにもかかわらず、
  その敵から賞賛を受けた先達に学び、交渉できる
  (=尊敬の念を抱かざるをえない)
  日本人として活躍してもらいたいものです。
 
  (あるる)
ギャラリー
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 隔離生活開始
  • 成田から横浜
  • 成田から横浜
  • 成田から横浜
  • 成田から横浜
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック