気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

歴史

ミス・ハンサム

 ●ミス・ハンサム

  先週6日からNHK大河ドラマ「八重の桜」が始まりました。
 
  幕末のジャンヌ・ダルクと言われた主人公、
  新島八重の生き様を描いています。
 
  八重は同志社大学創立者の新島襄の妻として知られ、
  激動の明治時代を男勝りで枠にとらわれず生きていきます。
 
  そして、皇族以外の女性として、
  初めて政府より叙勲を受けた先進的な女性です。
 
  すでに大河ドラマをご覧になられている方も多いかもしれませんが、
  今回は新島八重という女性について簡単にご紹介致します。

  1853年(嘉永6年)、黒船来航により開国に追い込まれ、
  急速に幕府の力が弱まりつつある江戸末期、
  八重は会津藩(現在の会津若松市)の砲術師範
  山本権八と佐久の娘としてこの世に生を受けます。
 
  当時女性はおしとやかに振る舞うような時代ですが、
  八重は裁縫よりも家芸の砲術に興味を示し、
  特に実兄の覚馬(かくま)から洋式砲術の操作法を学び、
  13歳の時には四斗俵を肩に乗せるほどの力持ちになります。
 
  さらに1868年(慶応4年)、鳥羽・伏見の戦いでの敗北を機に、
  薩摩・長州藩らを中核とする新政府軍から
  逆賊として扱われた会津藩でしたが、
  籠城戦になった際には、八重は断髪・男装で
  7連発のスペンサー銃を持って銃撃戦に参加しました。

  明治維新後は京都にいる覚馬を頼りに上洛し、
  開国したばかりの明治初期にも関わらず、
  英語とキリスト教を学び、
  銃ではなく学問という新たな武器を手にします。
 
  さらに、帽子や洋服を着こなし、洋装の女性として
  新たな一歩を踏み出すこととなります。
 
  そして、同じ頃、覚馬の元に出入りしていた
  アメリカ帰りの新島襄と知り合い、1876年(明治9年)には、
  京都初の日本人同士のキリスト教式の結婚式を挙げました。
 
  また、封建的な風潮が残る当時の日本で
  夫を「ジョー」と呼び捨てにし、
  夫より先に車に乗る(レディファースト)など、
  先進的な文化を積極的に取り入れます。
 
  まわりの意見を気にも留めず、
  男女平等を望むスタイルを貫く八重に、
  襄は米国の友人への手紙で
  「彼女の見た目は決して美しくはありません。
  ただ、生き方がハンサムなのです。
  私にはそれで十分です」と書いています。

  八重の人生は波乱万丈でしたが、故郷会津で学んだことと、
  京都で身につけた西洋文化を上手く融合し、
  新たな女性像を生み出しました。
 
  自身が貫く誇りと、良いものは取り入れるといった
  柔軟な姿勢からは、現代人に欠けてしまっている何かを
  学ぶことができると思います。
 
  新島八重のことを知って大河ドラマを見ると、
  また違った面白さがあるかもしれません。
 
  (あるる)

7人の神様

 ●7人の神様

  古来より、日本では人々の生活を助ける力を持つ存在は
  神様とされてきました。
 
  そのため、その神様が外国の神様であっても、
  日本人を助けてくれれば神様とされてきたようです。
 
  福をもたらす縁起物として日本で信仰されている七福神も、
  大黒天、毘沙門天、弁才天はインドの神様、
  布袋和尚、福禄寿、寿老人は中国の神様で、
  日本の神様は恵比須様だけです。
 
  そして、この七福神ですが、始めから揃っていた訳ではなく、
  現在のメンバーが生まれるまでには紆余曲折だったようです。

  まず、恵比須と大黒天のペアから始まりました。
 
  そこへ、人気の高かった弁才天が加わります。
 
  三神でも足りないと思った庶民達は毘沙門天を加え、
  四神では縁起が悪いということで布袋和尚を加えて五福神としました。
 
  そして、福禄寿と寿老人を無理やりに加え、七福神となったのです。
 
  それが室町時代です。
 
  しかし、江戸時代の中期になると、
  福禄寿と寿老人は神様ではなく仙人であることから、
  七福神から除外すべきという意見が出始めます。
 
  現に当時の京都では、五福神が一般的だったと言われています。
 
  また、景気低迷を支えてくれた福助人形を七福神に加え、
  末広がりの八福神にしようと画策されたこともあるようです。

  そんな競争を勝ち抜いた七福神は非常に個性的で
  一度見ると忘れられません。
 
  唯一日本の神様である恵比須様は釣竿を持ち、鯛を抱えていますが、
  この姿には網を使って一気に漁をするのではなく、
  先を見越して竿で少しずつ釣りをするという意味があります。
 
  この地道さが喜ばれ、商売繁盛の神様となりました。
 
  現在でも、日本各地で10月下旬から12月上旬にかけて
  恵比須様を祀って1年の無事を感謝し、
  商売繁盛を祈願する風習が残っています。

  また、お正月の縁起物として、
  宝船に七福神が乗り合わせている絵があります。
 
  江戸時代では、この絵を大晦日から元旦にかけて枕の下に敷き、
  良い初夢を見ようという風習がありました。
 
  初夢は、昔から1年の吉凶を占う上でとても重要とされていたようです。
 
  (あるる)


天才がゆえに

 ●天才がゆえに

  スペインやポルトガルが貿易の拡大やキリスト教の布教、
  植民地獲得のために大航海時代に入った頃、
  日本では応仁の乱(1467~77年)をきっかけに
  戦国時代に突入していきます。
 
  日本各地で名だたる武将たちが天下統一を目指し、
  戦国の乱世を駆け巡りましたが、
  今回は生涯50数度の合戦で1度も負けを知らず、
  秀吉に次の天下人と恐れられ、
  家康にも一目置かれたと言われる人物、
  黒田官兵衛についてご紹介致します。

  官兵衛は、大航海時代の布教活動で日本にやってきた
  宣教師によって洗礼を受けたキリシタン大名でした。
 
  武力ではなく、軍略、外交に優れ、
  和製諸葛孔明と謳われた竹中半兵衛と共に
  秀吉の名参謀として活躍し、多くの武功を上げていきます。
 
  しかし、主君の秀吉はその類まれな知略に頼る一方で、
  天下取りの野望を持っていたとされる官兵衛に恐れを抱き、
  他の重臣と比べ、力をつけられないよう冷遇するのです。
 
  1587年の九州平定へ繰り出した際も、
  平定後は一国を与える約束をしていながら、
  活躍の割には豊前六郡の12万3000石を
  与えられたのみでした。
 
  佐々成政の50万石、
  小早川隆景の70万石に比べると格段に少なく、
  秀吉は家臣にこのことについて触れられると、
  「もしもあの男に100万石を与えると、
  天下を取られてしまう」と答えたそうです。

  また、官兵衛にはこんなエピソードもあります。
 
  1600年の関ヶ原の戦いが長引くのであれば
  天下取りを狙っていたようですが、
  予想に反してわずか1日で東軍が勝利した時には
  この考えを捨てます。
 
  そして、東軍大将の家康が命令を下すまで
  九州平定を目指し、
  家康に従う姿勢を見せたとされています。
 
  内心は分かりませんが、情勢を見極めた上で
  潔く天下取りを諦めた姿勢も
  官兵衛の名を高めることとなったようです。

  天下人の秀吉や家康に、
  一目置かれた官兵衛の野望が絶たれた時の
  心中は今となっては誰にも分かりません。
 
  しかし、その後徳川泰平の世が
  300年も続くことを思えば名軍師と言え、
  抗うことのできなかった
  時代の流れだったのかもしれません。
 
  2014年大河ドラマの主人公に決まったことは
  記憶に新しいですが、この官兵衛は
  どのような勇姿を見せてくれるのでしょうか。
 
  天才であるがゆえに天下統一から
  見離された官兵衛ですが、
  歴史を動かした功績は計り知れません。
 
  (あるる)

6歳の帝

  ●6歳の帝
 
  1185年4月25日(寿永4年3月24日)、
  平知盛を総大将とする平氏と源義経率いる源氏が
  壇ノ浦(山口県下関市)を舞台に戦いました。
 
  かつて栄華を誇った平氏が源氏の台頭により次第にその力を失い、
  都を追われ西へ西へと逃げ延びた末の地です。
 
  貴族を中心とした国家体制はここに終わりを告げ、
  以後武家政権が続くこととなります。
 
  このとき若干6歳(数え年8歳)の安徳天皇も、
  戦いの中でその短い生涯を終えてしまうのでした。

  第80代高倉天皇と平清盛の娘徳子(後の建礼門院)との間に生まれた
  安徳天皇は1歳余りで即位します。
 
  まだ幼かったため、政治の実権は清盛が握っていました。
 
  その後、清盛が熱病で亡くなり源義仲が京に攻め入ると、
  平氏一門とともに都落ちします。
 
  一の谷、屋島の戦いなど西日本各地で抵抗を続けるも、
  源氏の包囲網により遂に壇ノ浦の海上に孤立してしまいました。

  奮戦する平氏でしたが、迫り来る源氏やそれに味方する各地の水軍に
  次々と討たれ、安徳天皇が乗る船にも源氏が乗り込んできました。
 
  安徳天皇は、最期を悟った祖母時子に抱き上げられると
  「どこへ連れて行こうとするのか」と問いかけたそうです。
 
  時子は涙をこらえつつ
  「君は天子としてお生まれになられたものの、
  悪縁に引かれ、御運は尽きてしまわれました。
  辛く嫌なこの世から極楽浄土にお連れ申すのです」と言い聞かせます。
 
  時子は泣きながらも素直に小さな手を合わせる安徳天皇を
  「波の下にも都がございますよ」と慰め、
  安徳天皇を抱いたまま壇ノ浦の急流に身を投じました。

  その後安徳天皇の亡骸は引き揚げられ、
  阿弥陀寺という寺院の境内に埋葬されました。
 
  この阿弥陀寺が現在の赤間神宮(下関市)です。
 
  竜宮造という独特の建築様式で安徳天皇を祀り、
  現在でも水と子どもを守護するとされ、
  水難除け、農業、漁業、海運、安産、子授けなどに
  ご利益があるとされています。
 
  境内には七盛塚(平家一門の墓)や芳一堂(耳なし芳一を祀るお堂)
  などもありますので、参拝で訪れた際はご覧いただければと思います。
 
  また、5月2~4日は「しものせき海峡まつり」が行われ、
  市内では安徳天皇や源平にまつわる催しが開かれますので、
  この機会に是非、足を運ばれてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

ジョンが認めた日本人

 ●ジョンが認めた日本人

  山形県米沢市は上杉謙信、直江兼次、伊達政宗といった
  歴史上の偉人たちと縁のある地です。
 
  前述した3名の他、忘れてはならない偉人としてご紹介したいのが、
  上杉家10代当主上杉鷹山です。
 
  彼は宮崎県で生まれ、10歳で上杉家の養子となり、
  17歳で当主となりました。
 
  そして、困窮の真っ只中にあった米沢藩を建て直し、
  米国のジョン・F・ケネディが「最も尊敬する日本人政治家」
  とコメントした人物です。
 
  強い意志を持って国のために尽くした上杉鷹山は
  素晴らしい人物なのです。

  鷹山が藩主となった1760年代、
  米沢藩の財政は非常に厳しい状況だったため、
  鷹山は米沢藩に尽くすことを決意し、
  財政建て直しの改革を行います。
 
  まず、藩に根深く残っていた贅沢さと多大な支出を抑えるため、
  領民や家臣と共に自らも厳しく倹約に努める「大倹約令」を実行します。
 
  そして、農業の大切さを農民に伝えるため
  鷹山以下家臣一同が自ら鍬(すき)を取り、
  田畑を耕す「籍田の礼」を実施します。
 
  すると、藩主自ら行ったことに農民は感激し、
  これまで以上に田の開墾に勤しみ、
  武士たちも農業の大切さを知ることで
  田の開墾に進んで従事したようです。
 
  また、「興譲館(学問の場)」を創設し徳を身につけさせ、
  優秀な人材育成に力を注ぎました。
 
  そして、産業開発のため、養蚕、織物、陶磁器、和紙など、
  時には他藩から指導者を呼んで勉強させ、
  藩の特産品に仕立て上げます。

  こうして米沢藩は財政の建て直しに成功し、
  鷹山は徳川時代一代の名君と称されます。
 
  その功績から後にキリスト教思想家・文学者の内村鑑三によって、
  日本の文化や思想を欧米に紹介するために作られた
  英文書「代表的日本人」の中の一人に挙げられるのです。
 
  その書の中で紹介されたのは、
  日蓮、西郷隆盛、二宮尊徳、中江藤樹、
  そして上杉鷹山の5名です。
 
  それが欧米で評判となり、ケネディ元大統領の
  目に止まることになりました。

  鷹山は皆を牽引していくリーダーではなかったようですが、
  財政を建て直すために自らが行った行動は国を守り、
  民を守りました。
 
  今の日本の財政状態は非常に厳しいですが、
  鷹山が行った政策には今の日本を変えるヒントがあると思います。
 
  自らが節制することを国民に示す、
  優秀な人材を作るために教育に力を入れる、
  新たな技術、製品の開発をすることで世界にアピールするなど、
  共通する部分はあると思います。
  鷹山の名言の一つ
  「なせば為る 成さねば為らぬ 何事も」の精神を
  今こそ発揮するべきではないでしょうか。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック