気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

生活習慣病

早朝高血圧

  ●早朝高血圧
====================================

  自覚症状がなく放置されやすく、
  知らず知らずの間に大病を引き起こす原因である
  別名「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」とも呼ばれる高血圧。

  なんと、日本人の1/3である約4000万人が
  高血圧であるといわれています。

  血圧は、血液を送り出す際に血管にかかる圧力のことで、
  血圧が高ければ高いほど血管への負担は大きくなります。

  一概に、高血圧といっても様々な種類があります。

  例えば、診療室という慣れない環境で緊張してしまい、
  病院で測る血圧が家庭で測る血圧よりも高くなる
  「白衣高血圧」というものがあります。

  反対に、昼間病院で測る際は正常な血圧でも
  朝方に血圧が高いケースもあります。

  朝に血圧を抑える降圧剤を飲んでいる人の場合、
  来院する際は正常な血圧でも効力が失われる
  夜から朝方にかけて血圧が上がることになります。

  他にも、夜間に血圧が下がらず朝方にピークを迎える場合や
  夜は落ち着いていても目覚めて急激に血圧が上がる場合があります。

  これらは「早朝高血圧」と呼ばれ、高血圧患者の約半数が
  これに該当するといわれています。

  朝、血圧が上がることは心臓の動きを活発にする
  交感神経が働きだすためで、若い人には必要な血圧上昇です。

  しかし、高齢者や高血圧の人の場合は
  血液がドロドロに濃縮されている際に、急激に血圧が上がると
  血管が破れたり詰まったりする可能性があり、
  これが脳卒中などの原因になります。

  心筋梗塞を例に見ると、起床後1時間以内に
  最も発作が起こりやすくなっているため、
  朝の高血圧には特に注意が必要になります。

   高血圧の予防は、ライフスタイルの改善が最優先されます。

  食塩は、夜の血圧を上げる原因になるため、
  早朝高血圧の人にとって減塩は基本となります。

  朝の血圧が高い場合は、運動やタバコなど
  血圧上昇につながる行動を控えることが大切です。

  また、寝ている間に汗をかいて水分が不足し
  血液がドロドロの状態となっているため、
  起床後に常温の水を1杯飲むことで血液に水分が保有され
  ドロドロの状態が改善されます。

  起床時に冷たい水を飲むと、体を冷やしてしまい
  血圧を上げることになるので常温の水が良いとされています。

   高血圧は動脈硬化を引き起こし、その後脳卒中や狭心症、心筋梗塞など
  様々な合併症を発症する怖さがあります。

  健康的な生活を送るためにも、生活習慣の改善などを実践して
  高血圧を少しでも防ぎたいものです。

  (アルフィックス日報)


「ストレートネック」

 ●「ストレートネック」


最近、「ながらスマホ」や「歩きスマホ」という言葉を
良く耳にされませんでしょうか。

スマートフォンを操作しながらの歩行による転倒や事故が
スマートフォンの普及に伴って増加し、
今や社会問題になっています。

そもそもスマートフォンが普及し始めたのは2010年頃からで、
当時は携帯所有者全体の10%弱ほどでしたが、
現在は約50%と二人に一人が
スマートフォンを利用している状況です。

電話やメールはもちろんのこと、
簡単にインターネットに接続できるようになったため、
長時間携帯を操作する人が急激に増え、
「ストレートネック」を患う人が年々増えてきているそうです。

ストレートネックは長時間前かがみとなり
姿勢の悪い状態でスマートフォンを利用することにより、
首が直線状になり、首や頭の痛み、
肩こりをも引き起こす症状です。

本来人間の首は少し湾曲した構造をしており、
約5キロある頭を支える役目になっていますが、
ストレートネックになると通常より前に
頭が突き出ている状態となるため首への負担が増します。

頚椎への負担が積み重なっていくと
首や頭、肩の痛みとなり身体に表れてきます。

今までは仕事でパソコンを長時間使用する人が
比較的多くこの症状を患っていましたが、
食事中や移動中など今まで前かがみにならなかった
時間さえも姿勢が悪い状況が続くようになってしまい、
スマートフォンは持ち運びが便利で
インターネットを簡単に利用できるというメリットを持つ一方で、
現代人の身体を蝕んでいるというデメリットがあるのも事実です。

また、日本だけでなく、韓国でも同様の問題が起きています。

韓国は日本よりもスマートフォンの普及率が高く、
ストレートネックの患者数は2007年時点で
約57万人だったものが4年で約21万人も増え、
特にスマートフォンを頻繁に利用する20代を中心に
患者数が増加しているそうです。

すでにストレートネックになってしまった方、
また、まだ症状は無いけれど仕事上
パソコンやスマートフォンの使用で
前かがみになってしまう時間が多い方は
睡眠前などに仰向けの状態でバスタオルを丸めたものを
首の下に敷き、湾曲になる癖を付けると症状が軽減、
またはストレートネックになりにくくなるそうです。

その他としては入浴で身体全体の血行を良くし、
首にホットタオルを当て患部の血行を促進させるなど
自然治癒で十分効果が得られるそうなので
肩こりが中々治らない方、首を動かすと痛みを感じる方は
一度試されてみてはいかがでしょうか。

(アルフィックス日報)


急な運動は控えて下さい

 ●急な運動は控えて下さい

  中国の古典「黄帝内経」に、
  「春は生じ、夏は長じ、秋は収じ、冬は蔵する」
  という養生法が記されています。
 
  つまり、「冬に病気が出てきて、春は治るための不快な症状が多く出る。
  そして、夏に治り、秋にはまたストレスが始まる。」という流れがあるようです。
 
  したがって、春は陽気で気持ち良い反面、
  不快な症状が出てきやすい季節でもあります。
 
  今回は春独特の症状についてと、その解決策をご紹介致します。

  春に出やすい症状としては、だるさ、花粉症、ニキビ、胃腸病、肩こりや、
  イライラ、不眠、うつ病、芽吹き病、自律神経失調症などがあり、
  それらは全て五臓(肝、心、脾、肺、腎)の中の「肝」が影響しているようです。
 
  これは、春になると寒さに備えて厚くしていた皮下脂肪が薄くなるため、
  その下を流れる血管が広がります。
 
  そして、血液量が増えて体温を放出する方向に転換するため、
  血が騒ぎやすくなり、肝機能が亢進しがちになるのです。
 
  また、4月は季節の変わり目で寒暖の差が大きいため、
  体調を崩しやすいとも言われています。

  この肝機能を元に戻すには、主に酸味のある食材を摂ることです。
 
  酢の物や柑橘類、梅干し、春菊など酸味のあるものは
  肝機能の働きを正常にして、体の疲れをとり、精神の苛立ちを抑えます。
 
  さらに目の疲れを癒し、眠りを深くしてくれるため、胃腸の働きを高めます。
 
  また、今が旬の春野菜を食べることも良いことです。
 
  タケノコ、ワラビ、タラの芽、フキノトウなどの山菜が代表的で
  これらは独特の苦味、辛味があり、この苦味や辛味の成分が
  冬に疲れた腎臓や肝臓の働きを活発化させ、
  体調を管理する事が出来るのです。
 
  ちなみに、体を冷やすことも良くありませんので、
  ニンニクやネギなど体を温める食材を摂ることもおすすめです。

  春になり気候が暖かくなれば、気分も上向き活発に体を動かしたくなりますが、
  冬の間休ませていた体を急に動かしてしまうと、
  反動が大きく体に負荷を与えてしまいます。
 
  また、4月は学校や会社など新生活が始まるため、
  新しい環境に慣れていない人が多く、
  精神的にストレスを抱えることも多いようです。
 
  まずは、ゆっくり体を休めて自分に合ったリラックス法を見つけながら、
  春を満喫されてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

入眠儀式

 ●入眠儀式

  皆様は自分の睡眠に満足していますか。
 
  24時間型の生活習慣による生活リズムの乱れや、
  最近のストレスに満ちた社会を反映してか、
  日本人の5人に1人は何らかの睡眠の問題を抱えていると言われています。
 
  安眠できないというのは辛いことであり、
  睡眠不足が続くと体調を崩しやすくなってしまいます。
 
  そして、その睡眠障害はいくつかのタイプに分けられます。
 
  なかなか寝付けないタイプや何度も目覚めてしまうタイプ、
  朝早く目覚めてしまうタイプ、眠り足りないタイプなど、様々なタイプが挙げられます。

  「枕が変わると眠れない」と聞いたことがあると思いますが、
  眠れない原因は人それぞれです。
 
  実は、不眠を訴える人の中で最も多いのが精神生理的不眠です。
 
  性格的には、神経質、几帳面、完璧主義の人に多く見られるようです。
 
  寝室では寝付けないのに、ソファに座ってテレビを見たり読書をしていると
  すんなりと眠れる方はこのタイプに当てはまります。
 
  このタイプの方は眠ることにこだわり過ぎず、
  眠る前のリラックスを心掛けてみると良いようです。

  そこで、快眠する方法の一つである「入眠儀式」について紹介します。
 
  儀式というと堅苦しい印象の言葉ですが、
  寝る前の行動パターンといえばイメージしやすいと思います。
 
  例えば、「お風呂からあがって、パジャマを着て、頭を乾かして、冷たい飲み物を一杯」や
  「歯磨きして、戸締りの確認をし、電気を消して、ベッドに入り、
  お気に入りのぬいぐるみを抱く」など、
  ごく当たり前の生活の流れを儀式化することを言います。
 
  自分ならではの入眠儀式を持ち、意識を睡眠モードに切り替えることが重要なようです。

  毎日繰り返して当たり前になってしまい、意識すらしていないかもしれませんが、
  皆様もそれぞれの儀式をお持ちなのかもしれません。
 
  この儀式をこなすうちに、身体が自然と眠る準備を整えてくれますが、
  儀式を行っても、上記に挙げた睡眠障害タイプに当てはまる場合は、
  入眠儀式を見直すのも一つの方法ではないかと思います。
 
  入眠儀式の本質は「心が落ち着くこと、リラックスできること」にあるため、
  どんな儀式にも良い悪いはありません。
 
  快眠へ一歩でも、二歩でも近づけるよう、入眠儀式を見直されてみてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

健康比較

 ●健康比較

  1月31日、厚生労働省から「国民健康・栄養調査
  (2011年11月実施)」の結果が発表されました。
 
  それによると、生活習慣病の予防・改善を目的に
  生活習慣の改善に取り組んでいる人の割合は、
  男性で50.4%、女性で57.6%でした。
 
  半数以上になりますので多いように思いますが、
  現在、日本人の3分の2近くの死亡原因が
  生活習慣病だとされています。
 
  生活習慣の改善に取り組んでいない理由の半数以上が、
  「病気の自覚症状が無いため」です。
 
  生活習慣病は、毎日のよくない習慣の積み重ねによって
  引き起こされるもので、症状が出て生活習慣を変えても、
  それだけでは病気が治癒しないケースも多いようです。

  生活習慣病にならないためには、適度な運動や、
  正しい食生活が必要になってきますが、
  同調査から所得によって差が生じているのが分かります。
 
  例えば、世帯所得が200万円未満に運動習慣が無い割合が多く、
  200~600万円、600万円以上になるにつれて、
  その割合は低くなっています。
 
  また、毎朝きちんと朝食を食べる人の割合や、
  野菜摂取量も200万円未満が少なく、
  600万円以上が多いという結果となっています。
 
  所得が低いために運動をする経済的余裕が無い、
  栄養を考慮した食事が出来ないなどと、
  所得による「健康格差」が生まれているのかもしれません。

  また、肥満者の割合、野菜・食塩摂取量、歩数、
  喫煙・飲酒者の割合を調査した
  都道府県別ランキングが公表されています。
 
  ランキングによると、
  肥満者割合の少ない県の1位は山口県(22.1%)、
  鳥取県は最も歩数が少なく(5634歩・成人男性)、
  飲酒習慣者割合の2、3位が鳥取(48.5%)、島根県(48.3%)、
  広島県は喫煙者の数が少ない県(33.8%・41位)となっています。
 
  以外なところでは、肥満者割合の1位は
  長寿の沖縄県で45.2%でした。

  以上のことは、あくまでもデータでの数字です。
 
  鳥取県にお住まいでも1日1万歩を歩かれている方や、
  個人的に運動や食事に気を付けている方も
  たくさんいらっしゃることでしょう。
 
  自身が一般的に比べてどの位置にあるのか、
  健康に気を使えているのか、使えていないのか、
  参考にされてみてはいかがでしょうか。
 
  毎日少しずつの良い習慣の積み重ねで、
  健康と寿命は延ばすことができそうです。
 
  (あるる)
ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック