気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

祭りと伝統

日本人の秋祭り好きにはまったハロウィン

日本人の秋祭り好きにはまったハロウィン バレンタイン越え市場の次はどうなる
 
イメージ 1
  「カワサキ・ハロウィン」は1977年スタート。
  このころからハロウィンは本格的に一般層への認知度が高まりだした 
  Photo:カワサキ ハロウィン プロジェクト
 
  日本でハロウィンと言えば、時期にある程度の幅があるが、
  今日10月31日がハロウィンの当日だ。
  今や推定の市場規模は1100億円と、
  バレンタインデイを上回る勢いのハロウィンは
  どうやって日本に定着したのか。
  そして今後どうなるのかを考えてみよう。

古代ケルト人の宗教行事が
いかにして日本で広まった?

  世界的に見ると、大衆行事としてハロウィンを祝う習慣があるのは、
  アメリカやイギリス、アイルランド、カナダなど数ヵ国が主だ。
  そもそもは古代ケルト人の収穫祭が起源とされ、
  悪霊を祓う意味合いも持つ宗教的行事だった。
  そのハロウィンから宗教色がほとんど薄れ、
  人種や民族を問わず楽しめるイベントとして
  広く受容されるようになったのは、
  20世紀に入ってからとされている。
  
  現在、特にアメリカにおけるハロウィンは商業化が著しく、
  クリスマスやイースターに次ぐ大規模なイベント商戦として
  市場が活性化している。
  なかでも大きく影響を受ける商材は、
  子どもにあげるキャンディをはじめとした「菓子類」、
  お化けや魔女の仮装コスチュームなどの「衣装」、
  家や店舗の飾り付けに用いられるオーナメントなどの「装飾」、
  そして友人に送る「グリーティングカード」の4つが中心で、
  いずれも小売業界が主役となって市場を盛り上げている。
 
  2014年に発表された全米小売業協会の調査によれば、
  ハロウィンに関わる推定消費額は全米で
  74億ドル(約8000億円)に上る。
  全体的な推移では、2005年に32.9億ドルだったものが、
  2012年には80億ドルに達しており、
  市場規模は大幅な拡大傾向にあるようだ。
 
  元来10月から11月にかけての秋シーズンは
  消費が落ち込む時期であり、
  10月末に催されるハロウィンは、停滞しがちな消費を促進する
  格好のビジネスチャンスとして好都合。
  そこで日本でも多くの業界が盛り上げにかかっているが、
  アメリカのハロウィン商戦のスケールに比べると、
  まだまだ小規模なものに留まっている。
 
  「ここ数年で急速にイベントとして定着してきた感があるハロウィンですが、
  実際に何らかの形で参加している人の割合はまだ決して多くない。
  最近の調査で“ハロウィンにちなんだ行動をしたことがある人”は
  全体の20%弱だったというデータがありますが、
  この20%は積極的にハロウィンを楽しんでいる
  アーリーアダプター層だと言えます。
  今後ハロウィン市場がさらに拡大していくためには、
  残り80%にいかにリーチするかが課題でしょう」
  こう語るのは、日米におけるハロウィンの経済効果を比較している
  三菱UFJリサーチ&コンサルティングの主任研究員・妹尾康志氏だ。
  同氏によれば、日本におけるハロウィンは約20年前から広まり始め、
  今まさにその普及期にあるという。
  日本にハロウィンが伝わった時期は正確には不明だが、
  まず1970年代からハロウィン関連のイベントが在留外国人の
  コミュニティを中心に各地で催され始め、
  1980年代前半には原宿のキディランドが販促イベントとして
  日本初の仮装パレードを実施している。
 
  その後、本格的に一般層への認知度が高まり出したのは、
  東京ディズニーランドが
  「ディズニー・ハロウィーン」を初めて開催した1997年
  も同年に開始)が契機だ。
 
  この時期を境として一気に認知度が向上し、
  10年後にはほぼ100%に近づいている。
  そして2000年代後半から現在にかけての約10年で、
  実際にアクションを起こして参加する人々が急速に増えている。

「ハロウィン・ネイティブ」の
増加で完全定着なるか

  「日本で一般的にイメージされるハロウィンは、
  アメリカの大衆文化が元になっていることは間違いありません。
  ただし、家族や友人、近所付き合いの中で
  アットホームに楽しまれているアメリカと異なり、   
  テーマパークや自治体で催されるパレードなどのイベントから広まった
  日本のハロウィンは、『大勢で集まって楽しむお祭り』
  という形で認知されている傾向が強いんです。
  秋祭り(収穫祭)という風習は我が国にも昔からあり、
  日本人の生活習慣に合っていたとも言えますが、
  積極的にイベントに出かけるタイプの人以外は、
  ハロウィンに参加する機会が少ないというのが現状です」(妹尾氏)
 
  日本とアメリカでは、
  人々がハロウィンを楽しむスタイルに明確な違いがあり、
  それが消費にも影響しているという。
  子どもが「トリック・オア・トリート」と唱えながら
  地域の家々を訪問するという風習は有名だが、
  日本でそれを実際に行っているという地域の話はあまり聞かない。
  つまり家族やご近所同士のコミュニケーションという要素が抜け落ち、
  代わりに大規模なパレードに参加したり、
  友人同士で仮装パーティに興じる若者たちが、
  ハロウィン参加者の中心を担っているわけだ。
  結果、「菓子類」や「グリーティングカード」の需要はさほど増えず、イ
  ベント用の「衣装」や「オーナメント」の売上は伸びるという傾向が生まれている。
 
日本の仮装は「コスプレ文化」をうまく消化 
Photo:カワサキ ハロウィン プロジェクト
 
 
  また、同じ仮装でもアメリカではホラーテイストの怖い衣装が好まれるが、
  日本ではより受け入れやすい形にマイルド化されている。
  特に女性が好む魔女などの衣装は
  「萌え」の要素がふんだんに取り入れられるなど、
  元々若者のカルチャーのなかにあったコスプレを
  上手く消化している点も、日本のハロウィンが
  独自の形に変質してるひとつの象徴だろう。
 
   「とはいえ、マーケティング的に成長曲線から予測すれば、
  すでに100%近い知名度があり、20%の人が動く段階に来ているので、
  市場が今後拡大していくのはほぼ間違いないでしょう。
  “若者がバカ騒ぎをするイベント”というイメージもありますが、
  最近は子ども向けのパレードが増えたり、
  ハロウィン行事を催す保育園や幼稚園が登場してきたことで、
  ファミリー層への浸透も進んできている。
 
  すでにクリスマスがそうなっているように、参加者のハードルを下げ、
  カップルでも楽しめる、家族でも楽しめる、子どもでも楽しめるという風に
  多様なライフスタイルにあった参加スタイルを提案できれば、
  マス層を取り込んだ国民的イベントとして完全に立ち上がっていくでしょう」
  (妹尾氏)
  幼少期からハロウィンを経験している
  「ハロウィン・ネイティブ」が急増している以上、
  一過性のブームで終わる可能性は少ないようだが、
  現状のイベント中心のスタイルが続くなら、
  ハロウィン市場に今以上の伸び代はないとも考えられる。
 
  イベント中心の楽しみ方から、
  老若男女が多彩なライフスタイルで参加できる行事へと
  変化できるかどうか。まさに業界の知恵の絞りどころだ。
  (取材・文/ライター 呉 琢磨)
 
  【ダイヤモンドオンライン】
 

夏は続く

 ●夏は続く
 

  この暑い夏、連日の甲子園での熱戦に加え、花火大会や盆踊りなど「お祭り」が
  毎週のように日本各地で開催されています。
 
  先日、愛媛県西予市三瓶町では「奥地の海のかーにばる」というお祭りが
  開催されました。
 
  このお祭りの注目ポイントは「豚のロディオ」や「ヒラメのつかみ捕り」など、
  全国でも珍しい一風変わったイベントでした。

  世界でも日本同様に一風変わった夏祭りが各地で開催されています。
 
  ご存知の方も多いとは思いますが、トマトをひたすらぶつけ合う
  スペインのトマト祭りは世界的に有名です。
 
  毎年8月下旬に行われ、スペイン各地のみならず世界中から観光客が訪れ、
  人口約1万人ほどの小さな町に4万人以上の人が参加するそうです。
 
  トマト祭りは1940年代半ばに始まったといわれ、1959年に
  「トマトは投げる前に軽くつぶしておく」などのルールも決められています。
 
  また、同じくスペインでは18歳以上であれば誰でも参加が出来る
  「牛追い祭り」というイベントも開催され、
  日本では即座に中止になってもおかしくないような、
  負傷者が出ることもあるほど危険なイベントであるそうです。
 
  また、アメリカのネバダ州では人里離れた荒野で、8月最終月曜日から
  一週間続く夏祭り「バーニングマン」というイベントが開催されます。
 
  砂漠のど真ん中に町を作り、集まってきた参加者との共同生活をしながら、
  一週間後何もなかったかのように元に戻すという
  ちょっと風変わりなお祭りが開催されます。
 
  会場内を外部の世界から孤立させ、電気、水道、電話、ガス、ガソリンなど
  生活に必要なものを全て排除して行われます。
 
  街の象徴として会場の中心に立ち続けていた人型の造形物に火を放ち、
  それを完全に焼却することから「バーニングマン」と呼ばれます。
 
  サバイバルが好きな方にはお勧めのお祭りです。
 
  最後にお隣の韓国。
 
  泥をテーマにした韓国を代表する夏祭り
  「ポリョンマッドフェスティバル」が開催されます。
 
  このお祭りは外国人観光客に人気があり、
  参加者のほとんどは外国人であるそうです。
 
  アジアの死海という異名を持つポリョンの泥は、
  海藻が塩の流れとともに土に混ざって出来たもので、
  とても柔らかく滑らかな手触りです。
 
  天然ミネラルが豊富で肌を美しくする効果もあり、
  いかにも美容大国らしい韓国ならではのお祭りです。
 
  厳しい暑さは続いておりますが、夏も後半に差し掛かるなか、ま
  だまだ日本含め世界各地では様々なお祭りが開催されておりますので、
  機会がありましたら是非とも一度足を運んでみたいですね。
 
  (アルフィックス日報)

常盤校区夏まつり

8月3日  常盤校区夏まつり
 
イメージ 1
 
常盤校区の夏まつりが
常盤ふれあいセンター横の
広場で行われ、行ってきました。
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
オープニングは、
和太鼓の演奏。
 
5時半から6時半まで
1時間ほどありました。
 
イメージ 6
 
7時から祭りが始まり、
最初のプログラムは、
ラムネの早飲み大会。
 
イメージ 7
 
5名づつ、10組
50人がラムネ飲みの
速さを競いました。
 
イメージ 8
 
今回は、
わくわく常盤の手伝いで
参加しました。
 
自分の仕事は、
1位の賞品の花火を
渡すことでした。
 
イメージ 9
 
7時半。
 
ようやく少し暗くなり、
花火が始まりました。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
市販の花火でしたが、
それなりに迫力がありました。
 
イメージ 12
 
盆踊りの前に、
校区在住の
自民党選挙対策委員長
河村健夫衆議院議員の
挨拶がありました。
 
「前回の衆議院選挙では、
大阪から維新をという声があったが、
維新は長州からしなければならない」という
参議院選挙で圧勝した自民党の
選挙対策委員長としての
言葉が印象的でした。
 
さすがに、政府与党の要人らしく
周りには、何人ものSPが
常時取り囲んでいました。
 
イメージ 3
 
8時から、ようやく盆踊りが
始まりました。
 
イメージ 4
 
夜店なども、
立ち並び
遅くまで、多くの人で
賑わっていました。
 
 
 
 

ひなまつり

次女の帰省中に
3人で行った、
ひなまつりの様子を
次女のブログから・・・・
 

HITA HIINAMATSURI

 
今回は色々なお雛様を見に行きました。
まずいった場所は日田。

 
見つけたのは幸通り。
そういえば別府にも幸通りってあるんですよ。
 
 
たくさんのお店がお雛様を飾ってました。
あ、でも肝心なお雛様の写真はあんまりないかも苦笑
撮影禁止のところが多かったです。
 
 
なんだか昔懐かしいレトロな街でした。
商人の町だったかな?
 
 
有名な、ぽん菓子。
 
 
そうそう、こんな貴重なお雛様がたくさんありました。
下の写真はお店の人が
写真どうぞーといってもらったので、
撮ってみました。
 
 
お店の方たちは
皆さんお雛様の説明をしてくださって
とても面白かったです。
 
 
たださすが商人の町。
皆さん商売上手で
お買い物上手な(?)我が家は
色々買っちゃいました。笑
そして写真は無いんですけど、
ここで食べたイチゴ大福は今までで一番おいしい
幸せな味でした。
 

KITSUKI HIINAMATSURI

 
もう一箇所は杵築でした。
こっちの方が広範囲で見ごたえがありました。
 
 
ゴージャスなお雛様がたくさん。
 
 
こんな感じでお雛様が
お庭中に飾られていたりと、
素敵な場所もありました。
 
 
そしてこんな感じで
お店の一角にお雛様が
飾られてるお店も
沢山ありました。
 
 
そうそう、江戸、明治、大正のお家なんかも見てきました。
 
↓は昔のおトイレ。た、畳?
 
 
お味噌屋さんでは
昔ながらのお店の作り方で
お味噌を作っていました。
 
 
食べ物もおいしい!
 
 
大分放送もきていました。
右下はおすぎさん。
 
 
昔の台所。
 
 
展示のためか?
今でも使えるらしいですよ。
 
 
古すぎで曲がっている壁も。
 
 
ここの紅梅が見事でした。
ちなみに代々お医者様のおうちです。
 
 
ちょっと高台にもいったりして。
 
 
杵築城にもいってみました。
中は完全に博物館化・・・。
昔ながらのお城を見つけるのは難しいですねー。
 
 
この坂を馬が駆け上がってたんですか?
という母の質問に一言、
多分駆け上がってはないですかね。
と、言われてました。笑
 
 
さっきのお味噌屋さん。
風情のあるいい町でした。
 
 
着物を見ると
日本っていい国やなーって思います。
 
 
写真は前後しちゃいましたけど、
杵築城からの景色。
 
 
杵築の町も日田の町もとても素敵でした。
両方の町に行って思ったのは、
私と同世代の人がおうちを受け継いでいたりして
家を守っている姿がすごいなぁ
ということかな。
昔から変わらない町。
これからも守っていってほしいですね。

「バリィさん」がグランプリ=全国865ゆるキャラの頂点

「バリィさん」がグランプリ=全国865ゆるキャラの頂点-埼玉

 
 
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0121125at22_t.jpg
 
ゆるキャラグランプリ2012
受賞のキャラたち。
手前左から、
ぐんまちゃん(群馬県)、
ちょるる(山口県)、
バリィさん(愛媛県今治市)。
右は前年グランプリの
くまモン(熊本県)、
左奧は特別賞
ぴあにしき(埼玉県飯能市)
=25日午後、埼玉県羽生市
全国各地から、ゆるキャラが集まるイベント
  「ゆるキャラさみっとin羽生」が埼玉県羽生市の
  羽生水郷公園で開催され、
  ゆるキャラグランプリ2012の表彰式が25日行われた。
 
  47都道府県と海外から応募があった総数865の
  ゆるキャラの頂点に立つグランプリは、
  愛媛県今治市の「いまばりゆるきゃらバリィさん」が受賞した。
 
  ゆるキャラグランプリは、インターネットの人気投票で選ばれる。
 
  今年は2カ月間で650万票が集まり、
  バリィさんは54万票を獲得した。
  2位は山口県の「ちょるる」(46万票)、
  3位には群馬県の「ぐんまちゃん」が続いた。
  
  (2012/11/25-17:13)

ギャラリー
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
  • 教会出席
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック