気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

経済学

功績を掴むために

  ●功績を掴むために

  ナウル共和国という国をご存知でしょうか。
 
  太平洋の南西に浮かぶ小さな島です。
 
  この国は今、史上最大の破綻国と言われています。
 
  しかし、1980年代には世界で最も高い国民所得を得ていた国であり、
  世界一豊な国と言われていました。
  その国が15年間栄えた理由はリン鉱石の発掘。
 
  そして、破綻した理由はリン鉱石の枯渇にありました。
 
  全年齢層が国から年金を支給されていたため、
  国民は働き方を知らず、今や失業率90%。
 
  インフラ整備もできない国になってしまいました。
 
  この国は有限である資源に頼りすぎることがいかに怖いのかを
  世界中に教えてくれているのではないでしょうか。

  鉱物資源の中でも重要視されている金の可採年数は
  20年以内とまで言われています。
 
  その他多くの重要な資源もあと50年が経てば
  採れなくなるものがほとんどです。
 
  こんな中、資源を補填する方法の一つとして考えだされたのが、
  宇宙で鉱物資源を採掘するということです。
 
  地球に落下してきた隕石を見てみると、
  白金、ロジウム、イリジウムさらに金などの
  貴重な金属が豊富に含まれていることが分かっています。
 
  プラネタリー・リソーシズ(小惑星鉱業を目的とする
  アメリカ合衆国の企業)によると、
  白金を多く含んだ直径500メートルほどの小惑星でも
  地球にある白金族金属の全備蓄分を上回る分量を
  含有している可能性があるようです。

  そして、小惑星から資源を手に入れることはもはや
  SF世界のものではないと言われております。
 
  実際にアメリカ合衆国では小惑星の研究に
  1億5000万ドルの予算が割り当てられました。
 
  その内容は無人宇宙船で小惑星をキャッチし方向を変え、
  月周回軌道に送り込み、小惑星についてのサンプルを入手する
  などが考えられています。
 
  また、小惑星で資源が採れるとなると
  宇宙での資源の加工も容易になります。
 
  そうなると宇宙開発をスムーズに進めることにも繋がります。
 
  小惑星は地球にとって宇宙のオアシスのような存在であり、
  人類がこれから生きていくために
  不可欠な存在になり得るのかもしれません。

  以前からこのように小惑星から資源を採る
  という計画は考えられていました。
  しかし、コストの面で採算が取れないあまりに
  その計画が進むことがありませんでした。
 
  しかし、今は採算を度外視にして小惑星の調査に乗り出しています。
 
  小惑星の調査が活発に行われるようになってきているということは、
  地球の資源が枯渇するという懸念が少しずつ強くなってきている
  ということではないでしょうか。
 
  有限である地球の資源を救うために、
  今はまだ調査という段階ですが、無限に広がる宇宙に
  未来を掴み取りに行く時代が近づいてきているのかもしれません。
 
  (アルフィックス日報)

本当に安全?

 ●本当に安全?

  17日、06年1月に導入された個人向け国債
  (5年満期の固定金利型)が、初の償還を迎えました。
 
  17日だけで約1兆円のお金が個人投資家に戻り、
  順次償還日を迎えるわけですが、
  その規模は今年だけで約4兆円にも上るそうです。
 
  また、今年は10年周期で訪れる
  「ゆうちょ銀行」の定額貯金の集中満期もあります。
 
  こちらは約9兆円ですので、
  この二つだけで13兆円超のお金が個人の元に戻ります。
 
  この償還、満期の動きは来年も続き、
  来年末までに総額30兆円が戻ってくると試算されています。
  ただ、国債や定額貯金で運用されていた個人マネーは、
  もともと保守的で安全志向が強いことから、
  リスク資産へのシフトは全体の1割程度と予想されています。

  日本人は安全志向の運用が専らで、
  預貯金が金融資産全体の55%を超える
  約800兆円となっています。
 
  国別の個人金融資産の内訳(第一生命経済研究所調べ)
  によりますと、米国人は満遍なく金融資産を分散させ、
  英国人は英国が近代保険産業の発祥国でもあることから、
  約50%が保険となっています。
 
  国民性が金融資産のポートフォリオに表れていますが、
  預貯金の割合を見ると、米国で約15%、
  欧州では約30%となっており、日本の55%は突出した数字です。

  先月、2011年度予算編成の基本方針が閣議決定されましたが、
  新規国債発行額を44兆円以下に抑える、
  歳出を71兆円以下に抑えるなどの内容でした。
 
  新たな借金を減らし、支出を抑えるということですが、
  この内容では「借金1000兆円」へ向かっている
  日本の財政を改善できません。
 
  昨年はソブリンリスクが全世界を席巻しましたが、
  日本の債務残高が世界一である事実を考えますと、
  日本の国債は本当に安全なのでしょうか。
 
  債券のメリットは、償還まで持てば元本割れがない点です。
 
  但し、発行元が破綻しない限りが原則です。

  当然のことながら、日本が破綻するとは考えたくはありません。
 
  しかし、毎年50兆円規模の借金を繰り返せば、
  4年程度で国と地方を合わせた債務残高は
  個人金融資産を越える計算です。
 
  個人が国債を直接買っていなくても、
  金融機関の運用は国債に集中しており、
  個人金融資産で間接的に国債を
  買い支えている状態となっています。
  国の借金額が個人金融資産を超えた時に国債の暴落が起こり、
  国債を直接買っていないのに
  個人の預貯金に影響が出てしまうかもしれません。
 
  預貯金、国債が本当に安全志向の運用先なのか、
  この機会にポートフォリオの再点検をお勧め致します。
 
  (あるる)
ギャラリー
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
  • 大分県由布市 塚原温泉 山荘四季庵
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック