気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

自然保護

小さな大和撫子  

  ●小さな大和撫子  
====================================

  今年も上半期を終えようとしています。

  日本は四季が存在するから美しいといわれますが、
  この半年間でも梅や椿の開花から始まり、桃や桜、チューリップなど
  様々な花が景色に色を添えてくれました。

  ところで、主役の花といえば何を思い浮かべますでしょうか。

  多くの方が花の女王と呼ばれるバラ、
  あるいは夏の花の王様といわれるヒマワリなど
  大きく存在感のある花を選ばれると思います。

  では、カスミソウと聞くとどんなことを連想しますか。

  大多数の方が「花束の脇役」「あまり目立たない小さな花」など
  少し地味な印象をお持ちだと思います。

  今回は、脇役になりがちなカスミソウについて紹介させて頂きます。

  確かに、上記のようにカスミソウ自体が主役になることはほとんどなく、
  花束の脇役となっています。

  しかし、花束にはなくてはならない存在で、
  主役の花を申し分なく引き立ててくれます。

  複数ある花を綺麗にまとめてくれ、カスミソウがあるのとないのとでは
  花束の印象も大きく変わります。

  さらに受け取った相手への思いもより伝わりやすいように感じられます。

  カスミソウ自身は「清らかな心」「親切」「無邪気」など
  素敵な花言葉を持ち合わせています。

  そんなカスミソウですが、1970年~80年代には花束の名脇役として
  ある種のブームを迎えていました。

  しかし、流行が去ると時代の風潮もあり、むしろ「古いデザイン」として
  生産量もピークの半分以下となってしまいました。

  それでも生産者の絶え間ない努力で改めてその魅力が見直され、
  2014年にはバラを抑え「今年の花」に選ばれたのです。

  華やかで大きな花から素朴でありのままの草花へと
  トレンドが移りつつあると評されました。

  因みに、カスミソウの日本一の産地は福島県奥会津の昭和村です。

  生産は約30年の歴史があり、北は仙台、南は沖縄まで
  31市場へ出荷しています。

  昭和村は標高700mで冬は日本でも有数の豪雪地区です。

  真冬には2m近くの雪が積もるのですが、
  カスミソウはそのような厳しい環境を耐え抜いた力強さが感じられる反面、
  その風貌は小さく可憐で控えめな印象を与えてくれる大和撫子のようです。

  (アルフィックス日報)

 カスミソウは現在咲き頃を迎えています。たまには普段あまり目を向けられていないカスミソウをメインとした花束を贈られてみてはいかがでしょうか。

アグロフォレストリー

 ●アグロフォレストリー
====================================

  昨今、地球環境の破壊が懸念される中で、より持続的な農業形態である
  『アグロフォレストリー』が注目されてきています。

  アグロフォレストリーとは、農業(アグリカルチャー=Aguriculture)』と
  『林業(フォレスリー=Forestry)』のふたつの言葉を合成した言葉です。

  荒廃した土地に樹木を植栽し、森の仕組みに倣った形で
  多様な樹木や果物などを栽培する方法で、農業と林業を混合した混農林業です。

  最近では明治が、「森の生態系を考えて作ったら美味しいカカオになりました」
  というキャッチコピーでアグロフォレストリーチョコレートを発売し、
  ホームページでも「森をつくる農業」として紹介しています。

  森林伐採後の荒廃した土地に自然の生態系に倣った
  多種の農林産物を共生させながら栽培する農法で、
  カカオ豆の栽培をつうじて森林再生へ貢献するというものです。

  実際に、ブラジルのアマゾンでは森林伐採などで荒廃した土地を活用し、
  カカオ、アサイー、マングローブ、マンゴーといった樹木や果物を栽培、
  収穫した果物を先進国に輸出し収入を得て、
  10~20年後には森が再生するという、まさに森を生かしながら
  経済と環境を維持するというモデルが成立してきています。

  一方で、アグロフォレスリーにも課題は残っています。

  多様な食物を育てるという特徴から、まず管理が大変なことです。

  次に、森を育てるので持続的な運営ができるようになるまで
  15~20年という時間がかかることです。

  主要作物以外のものもしっかりと育ち収益を得られるようになるまでには、
  やはり中長期的な時間を要します。

  安定した収入が入るようになり軌道にのるまでに時間がかかるということから、
  実際にアグロフォレストリーを行なおうとすると農民の負担も増え、
  正しい知識を身につける育成も必要になってきます。

  こうした、課題はあるものの総合的にはアグロフォレストリーは森を育て、
  落葉による栄養の循環が生まれ、
  また土壌流出を防ぎ環境に優しいという面のほか、
  複数の種類の農作物を同時に育てるので、
  作物の価格変化による影響を受けづらい
  (ある種類が安くなってしまっても、他の作物を売ることで補える)、
  樹木と農作物の相性の良い組み合わせがあり、
  収量増加や土地の効率的な活用ができるということからも、
  やはりメリットの方が大きく、今後の持続的な農業には
  必要不可欠といえるかもしれません。

  (アルフィックス日報)

世界遺産を支えるクリ材

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
(木づかい友の会通信)

日本の林業は、ニーズに応えることができるのか?

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
 
    (木づかい友の会通信)

温室効果ガスの排出削減目標と対策

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
ギャラリー
  • 2階寝室床貼り工事
  • 2階寝室床貼り工事
  • 2階寝室床貼り工事
  • マウイ一家の日本旅行④宇部に到着
  • マウイ一家の日本旅行④宇部に到着
  • 御影石貼り
  • 御影石貼り
  • 御影石貼り
  • 御影石貼り
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック