気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

鉄道、列車

ローカル選

  ●ローカル選
====================================

  今年の3月に北海道新幹線が開業しました。

  開業に伴い東京~新函館北斗間を約4時間で
  移動することが出来るようになりました。

  昨年は北陸新幹線長野~金沢間が開業し、
  鉄道の世界ではスピード化が進んでいます。

  そんな中、本日はスピード以外の魅力を持った
  日本のユニークな鉄道をご紹介したいと思います。

   まず始めに、JR九州が手掛けるD&S列車です。

  D&Sとは、旅のイメージを膨らませるようなブランド名として
  「D」は特別なデザイン、「S」は運行する地域に基づくストーリー、
  「デザインと物語のある列車」を意味しています。

  中でも有名なのが「ななつ星in九州」です。

  2013年の運行開始以来、
  未だに中々チケットが取れない日本初のクルーズトレインで、
  九州の7つの県を輝かせたいとの思いから命名されました。

  また、「指宿のたまて箱」というD&S列車もあり、
  2011年から鹿児島中央~指宿間を運行しています。

  薩摩半島に伝わる「竜宮伝説」をモチーフにした列車で、
  白と黒の大胆な外装に目を奪われますが、
  車内にも数々の仕掛けがあります。

  例えば、玉手箱にちなんで、ドアが開いたときに
  白い霧が吹き出すという演出などもあるのです。

  その他にも、日本一乗りたいローカル線と呼ばれる路線があります。

  それは、秋田県北部と青森県津軽地方を結ぶJR東日本の「五能線」です。

  人気の「リゾートしらかみ」は、観光列車の先駆けと言われ、
  誕生から20年経つにもかかわらず、
  観光シーズンには未だチケットが入手困難な程の人気です。

  その魅力は、なんといっても絶景です。

  海に山にと変化に富む地形が続き、
  絶景ポイントがこれでもかという程連続で現れます。

  季節によって様々な顔を見せるので、
  何度乗っても飽きることがありません。

  また、沿線には五所川原の立佞武多や不老ふ死温泉など、
  見どころも豊富です。

  更に、「サービス徐行」という沿線の中でも取り分け景色の良い場所で
  敢えてゆっくりと列車を走らせるという大人気のサービスもあり、
  これは今では他社でも行っているところがありますが、
  その元祖とも言えるのが五能線なのです。

  この他にも、まだまだユニークな鉄道は数多く存在します。

  今や鉄道は熱狂的な鉄道ファンだけにとどまらず、
  老若男女を問わずあらゆる層を取り込むと共に、
  海外からも顧客を集めています。

  皆様もこれからの連休を使って、
  日本のユニークな鉄道を満喫してみてはいかがでしょうか。

  (アルフィックス日報)

復活!三陸鉄道

  ●復活!三陸鉄道
  東日本大震災で起きた巨大津波によって
  三陸鉄道の一部区間が破壊されましたが、
  進む復興の象徴の一つとして三陸鉄道の復旧状況は
  たびたび報道でも取り上げられており、
  ついに4月5日に「南リアス線」が、
  4月6日に「北リアス線」の復旧が完了し、
  約3年の月日を経て全線が運行再開となりました。
 
  三陸鉄道の歴史は長く、鉄道設立の構想は
  明治時代にはすでに行われていたそうです。
 
  創設のきっかけとなったのが、
  明治29年に起きました明治三陸地震で、
  その際にも巨大な津波が三陸地域を襲いました。
 
  以前から三陸地方は傾斜が激しく、
  支援物資を運ぶにも自動車での輸送が困難だったことから
  鉄道の建設が進められるようになったと言われています。
 
  三陸鉄道は主に岩手県の久慈駅から宮古駅を結んだ「北リアス線」と
  釜石駅から盛(さかえ)駅を結んだ「南リアス線」があり、
  三陸海岸沿いに全長108km続く路線です。
 
  昨年には大人気を博したNHKの連続テレビ小説
  『あまちゃん』の舞台にもなり、より注目度が増した鉄道でもあります。
 
  ドラマの影響で一躍有名になったうに弁当が販売されていたり、
  お座敷列車が運行されていたりと様々な楽しみがありますが、
  中でも三陸鉄道の一番の魅力は車内からの景色です。
 
  美しいリアス式海岸を一望することができ、
  北リアス線の堀内駅と野田玉川駅の間にあります安家川橋梁では
  秋になりますと、鮭が遡上する姿を見ることができます。
 
  その自然溢れる景色を目一杯堪能して頂けるようにと
  ポイントのところでは列車のスピードを落としたり、
  一時停止をして写真撮影の時間を組み込んだ運行をするなど、
  鉄道会社側の温かい配慮が行き届いています。
 
  もちろん車内からの景色だけでなく、
  各駅に人気の観光スポットもたくさんあります。
 
  例えば、北リアス線の堀内駅はNHK連続テレビ小説
  『あまちゃん』のロケ地になった駅で、
  ホームから太平洋を望むことができます。
 
  南リアス線の恋し浜駅の“駅名板”は海のイラストが描かれていて、
  青々としたデザインが三陸の海の爽やかさを物語っており、
  全国的にも珍しい駅名板ですので、
  一度は見る価値があるのではないでしょうか。
 
  また、北リアス線の発着駅である久慈駅がある久慈市は
  国内最大の琥珀の産地であるため、
  駅近くには琥珀博物館があり、発掘体験も行うことができます。
 
  三陸の美しい海を望みながら美味しい海の幸を
  堪能されてみてはいかがでしょうか。
  (アルフィックス日報)

トロッコ列車の旅…南阿蘇鉄道

3月28日  トロッコ列車の旅…南阿蘇鉄道
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
南阿蘇鉄道のトロッコ列車に
妻、孫2人と一緒に
乗ってきました。
 
イメージ 3
 
出発は、立野駅から。
 
イメージ 16
 
電車大好きな
りっくんは、この日を
楽しみにしていました。
 
 
イメージ 4
 
渓谷や、
 
イメージ 5
 
阿蘇の山々を眺めながら、
快適な旅が続きます。
 
イメージ 6
 
阿蘇下田城
ふれあい温泉駅。
 
イメージ 7
 
駅の中に温泉があります。
 
イメージ 8
 
南阿蘇水の生まれる里
白水高原駅。
 
日本で一番長い名前の駅です。
 
イメージ 9
 
中松駅では、
上り列車を待つ間に
休憩時間がありました。
 
イメージ 10
 
のんびりとした
時間が過ぎていきます。
 
イメージ 11
 
車掌さんの帽子を借りて
記念写真。
 
イメージ 12
 
休憩時間が終わると
終点高森駅に…
 
イメージ 13
 
片道約18kmを、
1時間近くかけて
ようやく到着です。
 
イメージ 14
 
駅の前でもう一枚。
 
イメージ 15
 
復路は、普通列車に乗って、
立野駅まで30分で帰りました。
 
天候もよく、
列車はいっぱいでしたが、
車掌さんのガイド付で、
十分満足した時間を過ごしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「門司港レトロ観光トロッコ列車」に乗って・・・

9月16日  「門司港レトロ観光トロッコ列車」に乗って・・・
 
イメージ 1
 
汽車ぽっぽ、大好きな
我が家の孫、りっくんのために
三男夫婦と妻の6人で
「門司港レトロ観光トロッコ列車」に乗りに
門司まで行ってきました。
 
和布刈りで車を停め、
門司海峡めかり駅から出発。
 
イメージ 2
 
九州鉄道記念館駅までの
10分間の旅を楽しみました。
 
イメージ 8
 
列車は満席。
大好きな列車に乗って
孫は大興奮。
 
イメージ 9
 
途中のトンネルでは、
天井が突然光り出し
 
イメージ 10
 
水族館に・・・
 
イメージ 11
 
あっという間に、
門司港レトロが
見えてきました。
 
イメージ 12
 
門司港レトロでは、
九州鉄道記念館に
行ってみました。
 
イメージ 13
 
車両展示場では、
SLやブルートレインを始め
いろんな列車が並んでいます。
 
イメージ 14
 
本館では、
九州の鉄道大パノラマで
模型の新幹線を運転したり、
 
イメージ 15
 
キッズルームで
列車のおもちゃで遊んだりと、
孫たちは楽しんでいました。
 
イメージ 3
 
そして、一番楽しみだった
ミニ鉄道公園に・・・
 
レール幅450ミリの鉄道で、
単線と複線の線路に信号機が置かれ、
「つばめ」や「かもめ」などの5つの列車が走ります。
 
信号などを備えた本格的な設備で
本物の列車と同じような
運転体験ができるミニ鉄道です。
 
イメージ 4
 
この日、選んだのは、
813系近郊型電車。
 
イメージ 5
 
りっくんは、
お姉ちゃんの運転する電車で
公園1周の旅を
楽しみました。
 
イメージ 6
 
公園の中に
実際の列車の運転席が
展示してあり、ここでも
嬉しそうに操作していました。
 
イメージ 7
 
最後に、記念写真を撮り、
楽しかった門司での
半日の旅を終えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mの両側

 ●Mの両側

  「でこまる」「しごなな」「しろくに」…、これらはあるものの愛称です。
 
  一体何の愛称でしょう。
 
  240年前、1771年4月13日にイギリスで生まれた
  リチャード・トレビシック氏が発明しました。
 
  日本では1872年、新橋~横浜間(29km)を53分で結んだのが始まりで、
  その後の日本の発展にも多大な影響を与えることとなりました。
 
  愛称のひとつ「でごいち」は余りにも有名です。
 
  もうお分かりでしょうか。
 
  正解はSL(Steam Locomotive)=蒸気機関車です。

  現在は主要幹線においてディーゼル車や電車が一般的であり、
  動いているSLを目にする機会は日常、まずありません。
 
  ただ、一部の線路で運行していたり、
  公園などで展示されたりしているところは意外とあります。
 
  実物を目の前にされた方は皆さん感じられると思うのですが、
  石炭を燃やして水を沸騰させ、その蒸気でピストンを動かして
  走るということは分かっていても、あれだけ大きな黒い鉄の塊が
  蒸気で動くと思うとびっくりしてしまいます。

  さて、冒頭で述べた4つの愛称に関してちょっとした豆知識をご紹介します。
 
  1928年以降日本のSLの形はアルファベットと数字で表され、
  4つの愛称はそれぞれ「D50」「C57」「C62」そして「D51」を表しています。
 
  この先頭にあるアルファベットはピストンから動力が伝わる
  動輪の車軸本数に対応しており、
  車軸が2本ならB、3本ならC、4本ならD…と続きます。
 
  旅客用では高速性能を重視して直径の大きな動輪を使うため、
  車軸の数は少なくなります。
 
  対して貨物用や山間地用では牽引力を重視して直径の小さな動輪を使うため、
  車軸の数が多くなるというのが一般的です。

  近代国産SLの先駆けで土壇場で頼りになると評判だった「でこまる」、
  高速安定性が高く数々の優等列車を牽引した「しろくに」、
  細身で流れるようなラインから「貴婦人」の異名を持つ「しごなな」、
  全国に1000両超、ベストセラーのまさに千両役者「でごいち」。
  皆様の近くにあるのは一体どんな形でしょう。
 
  天気の良いこの季節にゆっくりSLを眺めるというのも、おつですね。
 
  (あるる)
 
  ちなみに、常盤公園に展示されているのは、
  D51、「でこいち」です。

ギャラリー
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
  • PCR検査
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック