気楽な独り言

(有)山野工務店を経営。 国産材を使い、職人の手作りにこだわった家造りをしています。 新築住宅やリフォームなどの事例をご紹介します。 また時々好きな旅行の記事や日々の出来事なども投稿していきます。

FX、為替

凋落する世界

 ●凋落する世界
====================================

  2016年大発会(1/4)の為替は始値120円33銭、
  それが4/11には一時107円63銭まで円高し、
  2014年10月末の日銀追加緩和前の水準まで、
  わずか3ヶ月で逆戻りしてしまいました。

  最近では、為替105円や日経平均15000円?という数字が
  目に付くようになりましたが、マーケットは一体これからどうなるのでしょうか?

  振り返ると、相場の転換点では常に米国の意思が働いています。

  今回は、昨年末の米利上げを背景に、2014年7月(始値79.83pt)から
  約25%上昇(2015年12/1高値100.59pt)したドルの実質実効レートに
  一旦、修正局面が訪れており(4/15現在94.94ポイント)、
  今年2月から約10円程度のドル安調整に踏み切ったことが
  円高の実情となっています。

  2月と言えば、米大統領選の民主党有力候補、
  ヒラリー・クリントン前国務長官が名指しで
  日本・中国が為替操作をしていると批判し、
  25日には貿易相手国の為替操作を阻止する措置が盛り込まれた
  関税関連法案にオバマ大統領が署名、成立しました。

  更に、その週末26~27日には上海で
  G20財務省中央銀行総裁会議が開催され、
  市場の安定化に向けた対策が主な議題となりましたが、
  具体策はないものの、そこで通貨安競争を回避する
  何らかの合意がなされたことは確かです。

  周知の通り、米ドルは世界の基軸通貨であり、
  これまで長きに亘りドル高・ドル安を繰り返しながら
  日本、欧州ならびに中国、新興国の経済成長発展に寄与してきました。

  ところが、近年になって日欧中がほぼ同時に
  極端な通貨安政策に傾いたことで、ドルの一極集中高が顕著になり、
  耐え切れなくなったというのがドル安の背景です。

  例えば、米国の景気先行指標として代表的なISM製造業景況指数は、
  ドル高に転換した2014年8月の59を境目に下がり続け、
  今年1月には好不況の分岐とされる50を割り込む48.2を付けています。

  ドル高の負担により輸出や製造業の鈍化が続き、
  米国経済全体に波及することになれば、
  中長期的にドル下落が続く可能性も 否定できません。

  しかしながら、問題は今の世界で自国相場の上昇を受け入れる
  余裕のある国がいなくなってしまったことです。

  落ち着きを取り戻したかの様に見える金融市場ですが、
  4/14~15ワシントンでのG20が終わった後、
  マーケットには再びの円高に注意が必要です。

  (アルフィックス日報)

必ず間違っている

 ●必ず間違っている

  世界三大投資家のひとり、ジョージ・ソロス。
 
  ソロスを一躍有名にしたのは、1992年9月15日のポンド危機です。
 
  当時、イギリスはEC諸国の為替を一定の枠内に収める
  ERM(欧州為替相場メカニズム)に加盟していました。
 
  ERMによって欧州通貨と連動することになったポンドは
  実勢よりも高くなっているとソロスは分析し、
  イギリスはERMから脱退することになると予測します。
 
  9月13日、ポンド同様に過大評価されていた
  イタリアリラの切り下げが実施され、次はポンドと確信したソロスは、
  9月15日、BOE(イングランド銀行)を相手に100億ドル相当のポンドを売り、
  ポンドは急落、10億~20億ドルの利益を上げました。
 
  そして9月17日、ソロスの読み通りイギリスはERMを脱退、
  ポンドは変動相場制へと移行しました。

  20年が経った今、危機の主役はユーロとなっていますが、
  実はポンドの下げも強烈なのです。
 
  ユーロは08年7月23日に169.97円の最高値、
  ポンドはそのちょうど1年前の07年7月23日に
  251.20円の高値をつけましたが、
  現在はユーロが98円台、ポンドが118円台で推移しており、
  ユーロは約72円の下落、一方、ポンドは半値以下となり、
  約133円も暴落しています。
 
  しかし、ポンドには明るい話題があります。
 
  それは今年7月のロンドン五輪です。
 
  200カ国以上、15000人以上の参加が予定され、
  観客数も400万人と予想されています。
 
  公共事業の縮小や公務員削減、社会保障費の削減など、
  財政緊縮政策によって英国の景気は低迷していますが、
  五輪による経済効果が期待されます。

  クレジットカード大手のVISAは、五輪期間中の経済効果を
  953億円と試算しています。
 
  これはシドニー五輪やアテネ五輪で発生した経済効果の2倍に相当します。
 
  また、五輪終了後の15年までの経済効果は約6477億円と見込まれており、
  イギリス経済を活性化すると期待されています。

  前回のポンド危機は高すぎが原因でしたが、
  今は対円で見るとユーロよりもきつい下げになっています。
 
  昨年、約40年に及ぶヘッジファンドの一線から退くことを宣言したソロス、
  もしかすると五輪を控えてポンドのこの水準は安すぎる、
  と彼の目には映っているかもしれません。
 
  「相場は必ず間違っている」、これはソロスの相場哲学です。
 
  ユーロが下げ足りないのか、それともポンドが下げすぎなのか、
  少なくともどちらかは間違っています。

有事の円売り

 ●有事の円売り

  2012年がスタートし、半月が経過しました。
 
  昨年は世界の政治、経済において「信用崩壊の波」が押し寄せた年であり、
  その波は現在も収束しておりません。
 
  更に、今年は3月のロシアを皮切りに、フランス、米国、韓国…などで、
  大統領選挙が実施される予定であり、
  中国でも胡錦濤国家主席の後継が選出される予定です。
 
  これらの予定から、今年は昨年以上にマーケットが
  大きく変動しやすい一年となりそうです。

  年末年始、アナリストによる今年の為替予想が出されていましたが、
  「70円前半~80円前半」の予想が多数派でした。
 
  ドルもユーロも信頼が低下しているため、
  相変わらず消去法で円が買われていますが、
  もし今年、欧米の債務問題が解決に向かった場合、
  次は突出した日本の債務に世界の目が向けられるのは必至です。
 
  もちろん、米国は来年半ばまで低金利政策を継続、
  ユーロ圏の債務問題も早急に処理できるものではないことから、
  アナリストは極端な円安を予想していません。
 
  しかし、極端な円高も予想していないのです。

  実際、東日本大震災以降、日本の貿易収支は悪化傾向にあり、
  国内企業による海外投資の活発化を勘案すると、
  円売りが誘発される可能性は否定できません。
 
  何より、債務残高の対GDP比率が233%に達する現状では、
  アナリストもこれ以上の円高を予想し難いのが本音と言えそうです。
 
  過去33年のデータに基づくと、
  年始値から平均して上下9%程度変動しています。
 
  しかし、昨年はドル円が戦後最安値を更新した割には、
  年始値(81円21銭)に対し変動幅は(+5.29~-6.96%)と、
  例年以上に動きのない年でした。
 
  この保合は相場のエネルギーの蓄積を意味しますので、
  売り買いの均衡が崩れた時、大相場に発展することが予想されます。
 
  それは今年かもしれません。

  今年、主要各国で大統領選挙が行われることを考えると
  緊縮政策は取り難く、QE3などの金融緩和策の実施が想像できます。
 
  その結果、世界中に溢れたマネーが株高・商品高を引き起こし、
  特に通貨不安で価値が高まる「金」には、年内2000ドル、
  3年内で5000ドルの予想も出ています。
 
  更に、QE3の恩恵により米経済指標は好転し、
  米国の利上げ観測が台頭すれば、昨年に蓄積されたエネルギーが放出され、
  一気に円安転換となる可能性があります。
 
  実際、上記データによると、ドル円チャート(年足)が陽線、
  すなわちドル高・円安の年は率にして
  平均14%程度の高値が示現されています。
 
  つまり、今年が円安の年になれば、
  年内に90円を試す可能性は十分にある計算です。
 
  今年、「有事の金買い」は「有事の円売り」を誘発し、
  国内金価格の史上最高値、6495円の更新もあるかもしれません。

  (あるる)

円高=?

 ●円高=?

  円高は輸出企業の利益を減少させる、だから「円高=悪いこと」
  というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
 
  しかし、総務省の「世界の統計2010」によると、
  08年の日本の輸出依存度は16.1%、
  これに対し日本と似た形態の貿易立国、ドイツと韓国は
  それぞれ39.9%と45.4%となっており、
  日本の輸出依存度は半分以下となっています。
 
  また、日本の貿易依存度は輸出も輸入も
  ほとんど同じ数値であることを考えると、
  円高を悪いと決めつける論調には疑問が残ります。
  むしろ、円高による恩恵は少なくありません。

  円高によって、海外から衣料品や食品を個人輸入できる
  インターネット通販が活況となっています。
 
  特に日本に出店していない海外ブランド、高額なブランドが
  人気となっており、送料や関税などの諸経費を引いても、
  国内で買うより3~4割以上安く購入できるようです。
 
  楽天の円高還元セールのコーナーは、
  円高差益還元の対象商品が320万点にものぼり、
  バッグや腕時計などの輸入ブランドはもちろん、
  ワインや洋酒、キッチン雑貨にインテリアと幅広く扱っています。

  10月からバターが一斉に値上げされます。
 
  猛暑と原発事故の影響で生乳が不足し、
  生乳価格が上昇しているためです。
 
  製粉会社への輸入小麦の政府売り渡し価格も、
  10月から平均で2%引き上げられ、
  パンの値上げに繋がる可能性もあります。
  しかし、コーヒーは国際市況が高騰しているのに
  値上げを見送る動きが出ています。
  バターは国内原料なので為替は大きく関係しません。
 
  小麦は輸入品ですが国が管理しているため円高メリットを感じられません。
 
  コーヒーは国内・海外に商品先物市場があり、
  公正な売買が行われますので、円高による価格抑制効果があります。

  ただ「円高=悪い」の時代はあったと思います。
 
  しかしながら、それは経済成長期のことで、
  成長が止まった先進国の為替は、高い方がメリットは多くなると思います。
 
  以前と違い、日本で流通している衣料品、生活雑貨などのほとんどが
  メイド・イン・ジャパンではありません。
 
  食材も特に外食産業では外国産を多く用いて低価格を実現しています。
 
  このような構造ですので、円安すれば一気に物価は上昇してしまいます。
 
  現在は1ドル=77円という歴史的高値にあります。
 
  為替は国力や財政の信用度が変動要因となります。
 
  冷静に考えると、米国や欧州連合よりも日本は国力があるでしょうか。
 
  長期的な財政の信用度が米国や欧州連合よりもあるでしょうか。
 
  円高のうちにやっておかなければならないことは個人も国も多いと思います。
 
  (あるる)

高価な硬貨

 ●高価な硬貨

  皆様のお財布には現在、何種類の硬貨が入っていますか。
 
  絵柄も色も大きさも違う硬貨ですが、
  500円や100円、50円の周りのギザギザは
  何故付けられているのかご存知でしょうか。
 
  偽造防止や、他の硬貨と区別するために付けられていますが、
  そもそもの理由は金貨が流通していた時代まで遡ります。
 
  その昔、アメリカで金貨がお金として使用されていたころ、
  周囲を不自然にならない程度に削り、
  少しずつ金を貯めるという犯罪が流行しました。
 
  その犯罪抑止のために、少しでも削ったら分かるように、
  周りに溝を入れたことが始まりだそうです。

  さて、私達が一般に硬貨や貨幣と呼んでいるものは、
  法律上では「臨時補助貨幣」と呼ばれ、
  文字通り臨時の補助的な貨幣です。
 
  では、正式な恒常的に主となる貨幣は何でしょうか。
 
  それは「金貨」です。
 
  日本では貨幣としての金貨は、昭和6年に金輸出が再禁止、
  兌換停止となり、昭和7年の1月を最後に製造が停止されています。
 
  それと同時にそれまで金貨と交換可能だった5円券が
  昭和18年製造のものから、日本銀行券となり、
  紙面からは兌換の文字が消え、日本は管理通貨制度へと移行しました。

  ちなみに昭和7年、一番最後に造られた金貨は20円金貨で、
  金の含有量は15グラムです。
 
  現在の金価格はグラム4000円あたりで推移しております。
 
  単純に計算しましても、20円金貨1枚が現在は60000円になります。
 
  しかし、昭和7年に発行された20円金貨は
  約20日間しか造られていないことや、市場に流通していないことから、
  プレミアが付くため、500~1000万円位の値が付くそうです。

  プレミア付きで売られている硬貨を調べたところ、
  昭和30年の1円アルミ貨が1300円、
  昭和32年の5円黄銅貨が900円、
  昭和35年の50円ニッケル貨が2800円、
  昭和62年の50円白銅貨(未使用)が13000円などとなっていました。
 
  もしかしたら希少価値のある硬貨をお持ちかもしれません。
 
  使う前にちょっとご覧になってみられてはいかがでしょうか。
 
  (あるる)

ギャラリー
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
  • 長府木材市場 新春初競り
カテゴリー
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック